Skip to main content Skip to footer

公共機関は、デジタルジャイアントを追随する必要はない

デジタル技術と人間の創意工夫を組み合わせることで、市民の公共サービスに対する基本的な期待である「シンプルさ」「人間らしさ」「セキュリティ」を備えたサービスを提供できるようになります。

調査結果

人々は公共サービスを、いつ、どのように利用しているのでしょうか。

まずは、現在の公共サービスの利用状況を理解しましょう。さらに詳しく

シンプルさ:簡便であること

公共サービスを利用する際に、人々が最も不満に感じていることは、「手続きが分かりづらく、時間がかかる」ということです。さらに詳しく

人間らしさ:デジタルと人間の相互作用のバランスを取ること

デジタル化が進んでも、人間による対応を求める人々もいます。さらに詳しく

セキュリティ:強固な対策を施し信頼を高める

市民だけでなく公共機関の職員も、公共機関のセキュリティ対策に懸念を抱いています。さらに詳しく

フォーカスすべき5つの領域

市民が期待する公共サービス体験を提供するために、公共機関は何をすべきなのでしょうか。さらに詳しく

サービス提供範囲が広範であることは、公共サービスの最も際立った特徴のひとつです。全市民に対し、これほど多様な支援を提供しているサービス機関は公共機関以外にはありません。 

著者について

Managing Director – Strategy & Consulting, Public Service

Eyal currently serves as the Accenture Global Public Sector Conversation AI Lead, focusing on chatbots, virtual agents and customer experience.


Kevin Ellenwood

Managing Director – Accenture Song


Jenny Brodie

Senior Manager – Health & Public Service, Research


関連するケイパビリティ

公共サービス コンサルティング

中央省庁、地方自治体、教育機関や医療機関のお客さまのデジタル化を支援し、イノベーションを引き起こします。

アクセンチュア ソング

エクスペリエンスを起点としたビジネス変革を支援します。