金融サービス





拝啓、秋晴の候、貴社におかれましてはますますご清栄のことと、お慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

マイナス金利が世界的に続いている中、本邦金融機関様におきましてもビジネス変革、業務変革、IT変革に着手されていると認識しております。弊社では、企業の課題を解決する事を「コンサルティング」、顧客の課題を解決する事を「デザイン」と言っています。このデザインに着目した取組を、ここ数年着手してまいりました。その成果もあり、「_FORM_」という新たな方法論をアクセンチュアグローバルとして確立し、展開しております。

デザインシンキング、アジャイルといった言葉は多くの場面で使われるようになりましたが、本当の意味でその実践がなされている機会は多くないと思います。これを実運用するためには、ガバナンス、組織形態、人材、あらゆるものが変わらないといけません。そういった変化がない中、これらの運用はありません。今の企業形態はロジカルシンキング、ウォーターフォールに適した組織形態だからです。また、やみくもに“アジャイル”を適用するのではなく、“アジャイル”を適用するべき対象をきちんと選ぶ必要があります。弊社ではこれを2スピードモデルと呼んでいます。

これからの時代、企業が新たな価値を出していくためには、企業運営そのものが変革されるべきだと思います。これまでは活躍できなかった人材が活躍できる“場”が生まれるかもしれません。逆もしかりです。デザインシンキング、アジャイルを駆使できる企業に、どう生まれ変われるかがチャレンジの根幹だと認識しております。

弊社でもその企業変革のご支援に尽力して参ります。引き続きご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

敬具

2019年10月吉日

アクセンチュア株式会社
金融サービス本部
統括本部長 中野 将志

LATEST THINKING

CAREERS

未来のキャリアへの扉はこちら。 世の中にインパクトを与える仕事を探しませんか?

お問い合わせ

金融に関するお問い合わせは以下リンクのフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ