FULL VALUE.
FULL STOP.

イノベーションを拡張し、未来に向けたシステム
の価値を最大限に引き出すには

Arrow down

概要

  • 今日の企業の経営層は新たなテクノロジーへの投資をしているものの、かならずしも潜在的価値を十分に引き出せているわけではありません。
  • アクセンチュアは、未来に向けたシステムを構築している先行企業と、投資を行っているにも関わらずイノベーションを拡張させ、価値を十分に引き出せていない出遅れ企業の両者を調査することで、エンタープライズ・テクノロジーの戦略的活用に重要な要素を明らかにしました。
  • 両者の格差は大きく、先行企業は出遅れ企業の2倍を超える収益の伸びを達成しています。
  • 先行企業のマインドセットと手法を取り入れ、境界線がなく、適応力に長け、人間と調和する未来に向けたシステムを構築することができれば、イノベーションの成果におけるギャップを埋めることができます。

テクノロジーは普及しているが、
価値の創出に結びついているケースは少ない。

イノベーションの成果におけるギャップの拡大

今日の企業の経営層は、ビジネスを成長させなければならないというプレッシャーに絶えずさらされながら、新たな機能やアプリケーションを生み出すためのテクノロジーを導入しています。しかし、彼らの多くが、イノベーションを企業全体に拡張することができずにいます。

こうして、いわゆる「イノベーションの成果におけるギャップ」――テクノロジーへの投資の潜在的価値と実際に得られる価値との乖離――が生み出される結果となっています。

価値を得ることが難しい理由の1つは、従来のIT資産にあります。ソフトウェア・アプリケーション、ハードウェア、通信、設備、データセンターにまたがるIT資産は、アナリティクス、センサー、モバイル・コンピューティング、人工知能アプリケーション、インターネット・オブ・シングス(IoT)、さらには膨大な数のデバイスといったテクノロジーからなる今日の環境を想定して構築されたものではなく、これからの時代に適応できる設計になっていません。

しかし、デジタル・ネイティブな企業がイノベーションの成果におけるギャップを埋めているように、レガシー企業もテクノロジー導入による潜在的価値を享受できる可能性はあります。

未来に向けたシステム――イノベーションを繰り返し拡張し、成長に必要な戦略的アジリティを手にすることが可能なエンタープライズ・システム――を実現する戦略こそが、あらゆる企業にとって成長の決め手となることが明らかになりました。

Tech is everywhere

未来に向けたシステム:新たな価値を実現する

トップ10%の先行企業は、出遅れ企業と比較して2倍を超える収益の伸びを達成している。

テクノロジーへの投資から十分な価値を享受する

先行企業が取り入れているエンタープライズ・システムの戦略的活用を明らかにする。

システムを機能させる

アクセンチュアでは過去最大規模となるエンタープライズ・システムに関する調査を実施し、8,300社を超える企業のITシステム戦略に関するデータを収集しました。その際、以下の事柄について調査しました。

  • 主要なテクノロジーの導入状況
  • 導入したテクノロジーの活用度
  • 組織文化への浸透度

これらの要素について企業をスコアリングし、上位10%を先行企業、下位25%を出遅れ企業と分類しました。2015年から2023年(予測値)の業績評価指標を追跡することで、テクノロジー導入と達成した(もしくは予測される)価値との相関を明らかにしました。

両者の差は歴然としており、先行企業の収益の伸びは出遅れ企業の2倍以上になっています。

また、可能性の損失は雪だるま式に膨らんでいます。

2018年、出遅れ企業は年間収益の15%を棒に振る結果となりました。このままでは、2023年には年間収益の実に46%を失うことになりかねません。

Laggards annual revenue graph 2 Laggards annual revenue graph 3 Laggards annual revenue graph 4

この図を見る限り、先行企業と出遅れ企業の収益成長率のギャップは今後さらに広がると予想されます。図では、先行企業と出遅れ企業の予想成長率(自己申告)を、それぞれ紫と青の線で表しています。ドル値は、ある企業の2015年の収益を100億ドルと仮定した場合の機会費用を表しています。

価値を手にする

先行企業は計画的に新たなテクノロジーを導入しており、自社のシステムについて明確なビジョンを持っています。

上位10%の企業のマインドセットと手法を真似ることで、すべての企業がテクノロジーへの投資から期待どおりの価値を引き出すことができるのです。

先行企業は単に新たなテクノロジーを導入しているのではなく、実現すべきシステムのブループリントを描いた上で、最適なプロセスでテクノロジーを導入しています。その結果、先行企業では、提供する製品・サービスの全体を通したイノベーションの実現を可能にしています。

これに対して、出遅れ企業は先行企業に追随してテクノロジーを導入する「ファスト・フォロワー」のアプローチを重視しており、システム構築の全体戦略を立てることなく、テクノロジーを個々のポイント・ソリューションとして導入しています。そのため、抜本的な変革を効果的に拡張することができないのです。

先行企業が目指す、境界線がなく、適応力に長け、人間と調和する未来に向けたシステムとは:

境界線がないシステム

境界線がないシステムは、アイデアやパートナーシップを活性化させます。

長きにわたって、IT資産――データベース、アプリケーション、インフラストラクチャ――のコンポーネントは、独立したエンティティとして扱われてきました。しかし最近では、その境界が曖昧になりつつあります。

境界線がない組織では、クラウドが使われ、データ、セキュリティ、ガバナンスに対するアプローチが統一されているため、革新的なパートナーシップを構築することが可能です。

75
%
Pie chart 75%

75%が、システムによって、データ、インフラストラクチャ、アプリケーションの間の境界線、人間と機械の境界線、さらには競合組織間の境界線までもが取り払われつつあると回答。

適応力に長けたシステム

適応力に長けたシステムは、自ら学習、改善、拡張することで、事業成長の妨げとなる障害を取り除き、人間による迅速な意思決定を可能にします。適応力に長けたシステムを有する企業は、最新のデータやインテリジェント・テクノロジーを備えているため、変化に対して柔軟に対応できます。

Decoupling Entire IT Stack Decoupling Entire IT Stack Decoupling Entire IT Stack graph

先行企業の80%は、IT資産全体を分離(デカップリング)することが適応力に長けたシステムの実現に向けて重要であると考えているのに対し、出遅れ企業は40%未満に留まっている。

適応力に長けた組織であることを示す主な要素としては、自動化とAIの全社での活用、AIを活用するためのクラウドでの継続的なデータ・サプライチェーン、モジュラー型による柔軟性、分離(デカップリング)されていて絶えず進化するアーキテクチャなどが挙げられます。

人間と調和するシステム

人間と調和するシステムは、人間と同じように話し、聞き、見て、理解することで、人間と機械のシームレスなやり取りを可能にします。

91
%
Pie chart 91%

先行企業の91%が、IT部門とビジネス部門が一体となって顧客中心のソリューションの構築に取り組んでいるのに対し、出遅れ企業は41%に留まっている。

自然言語処理、コンピュータ・ビジョン、音声認識、機械学習といったテクノロジーによって、システムはより人間とのやり取りがしやすく、より効率的なものへと変わってきています。

ポイント・ソリューションではなく、自社が構築すべきシステムの全体像を描くことができる企業は、売上と利益の両方で他社をしのぐ成長を達成する可能性があります。

重要なマインドセット

イノベーションの成果におけるギャップを埋め、競争で優位に立つリーダー企業が取り入れている5つの重要な行動とは。

イノベーションの成果におけるギャップを埋め、競争で優位に立つリーダー企業が取り入れている5つの重要な行動とは。

  1. 組織の俊敏性と柔軟性を高めるテクノロジーを導入する

    先行企業は柔軟性を高め、スピーディなシステムを構築するために、データ、インフラストラクチャ、アプリケーションを分離(デカップリング)しています。

    先行企業はシームレスな顧客決済といった市場の需要に対応できる、柔軟で拡張性があり、統一されたアーキテクチャを選択しています。これに対して、出遅れ企業は柔軟性に欠けるITアーキテクチャからの脱却に苦慮しており、イノベーションへの投資を最大限活用することができずにいます。

    先行企業の97%が、マイクロサービス・アーキテクチャ、コンテナ、Kubernetesなど、分離(デカップリング)を可能にする重要なテクノロジーを導入しています。

  2. クラウド・コンピューティングを土台に据える

    クラウド・コンピューティングは、AIやアナリティクスといった他のテクノロジーの効果的な活用を可能にすることから、未来に向けたシステムに欠かせない要素です。そのため、先行企業はクラウドをイノベーションの促進要素ととらえています。

    Sophisticated cloud adoption - laggards Sophisticated cloud adoption - leaders Sophisticated cloud adoption bar graph

    先行企業の95%が高度なクラウド・サービスを導入しているのに対し、出遅れ企業はクラウドをコスト効率のよい「データセンター」と見る傾向が強く、導入率は30%程度に留まっている。

  3. 責任あるデータ管理によって資産を生み出す

    先行企業はデータ品質を確保することで、脅威を予測するセキュリティ対策を策定し、倫理規範に則ったデータ管理とAI活用の枠組みを構築しています。これによって、データ品質が常に向上するようになり、データの利活用が促進される好循環が生み出されます。

    先行企業の90%が自社のデータ品質を管理しているのに対し、出遅れ企業はわずか40%に留まっています。また、自社のデータを継続的に改善しているとの回答は、先行企業が90%なのに対し、出遅れ企業は54%に留まっています。

    業績やブランドの評判、規制順守に悪影響が及ぶリスクを避けるには、AIを信頼・信用に足るソリューションとして管理する必要があります。

    先行企業の94%が、責任ある倫理的な方法で系統立ててAIを管理しているのに対し、出遅れ企業では49%に留まっています。

  4. 組織全体でテクノロジーへの投資を管理する

    先行企業は、組織全体のテクノロジーへの投資を明確に管理しています。

    Systematically track ROI graph - leaders Systematically track ROI graph - laggards Systematically track ROI graph

    先行企業の94%が組織における自動化の投資利益率を包括的に管理しているのに対し、出遅れ企業では47%に留まっている。

    先行企業はIT部門と他の部門との障壁を取り除くことで、ビジネス連携を促進しています。これは、イノベーションを拡張する上で重要な足掛かりとなります。さらには、イノベーション・センターを設け、イノベーション拡張のためのパイプラインを構築しています。たとえば、機械学習駆動型の販売・顧客管理に関わる技術を、従業員の離職の予測・阻止にうまく活用できないかといったことなどを検討しています。

  5. 革新的な手法で人材育成を推進する

    過去のテクノロジーにとらわれている従業員は、拡張性と柔軟性を兼ね備えた人間中心のシステムの構築を妨げる最大の障壁の1つとなっています。

    今回の調査の回答者は、なんらかのリスキリングを行わなければ、IT部門の従業員のスキルの52%、非IT以部門の従業員のスキルの半数近く(47%)が3年以内に陳腐化するであろうと考えています。

    先行企業の87%が、学習のパーソナライズやスキル・ニーズの予測、従業員のスキル要件に合ったトレーニング・モジュールのマッチングに、AIと高度なアナリティクスを活用しています。これに対し、こうしたテクノロジーを活用している出遅れ企業の割合は35%に留まっています。

    また先行企業は、自社の人材がためらうことなく新しいことに挑戦し、型破りなアイデアを躊躇なく発言できるような環境を整えています。――これらは学習と成長の重要な要素です。

大規模なイノベーションを妨げる4つの障壁

世界の多くの企業が、アーキテクチャの柔軟性の低さが、大規模なイノベーションを妨げていると回答しています。 以下に、国ごとの結果をまとめています。




テクノロジーの導入: 先端テクノロジーをスピーディかつ大規模に導入する。

アーキテクチャの柔軟性:ビジネス環境の変化にすばやく対応し、柔軟で拡張性があり、統一されたアーキテクチャを構築する。

システムの信頼性:セキュリティとデータに対するアプローチを絶えず改善することで、システムの信頼性を確保する。

組織間での取引コスト:組織およびテクノロジーの両面で相互作用を妨げる要因を減らす。


イノベーション
を実現する

最新のテクノロジーに資金を投じていても、問題が発生した際に解消に向けて尽力しているだけでは、競争の激しい今日のビジネス環境でトップに立つことはできません。

最新のテクノロジーに資金を投じていても、問題が発生した際に解消に向けて尽力しているだけでは、競争の激しい今日のビジネス環境でトップに立つことはできません。

イノベーションを繰り返し拡張し、他社の2倍の速さで成長するには、テクノロジーをポイント・ソリューションとして導入することから脱却する必要があります。寄せ集めのテクノロジーに頼るのではなく、今すぐ上位10%の企業の考え方と手法を取り入れることで、未来に向けたシステムを進化させていかなければなりません。テクノロジーの普及は急速に進んでおり、イノベーションがますます加速しています。急がなければ、遅れを取り戻すのはますます困難になっていきます。

未来に向けたシステムの実現に向けて行動を起こしましょう

他社よりもはるかに有利なスタートを切った先行企業たちは、今後も成長のスピードを緩めることはないでしょう。イノベーションを繰り返し拡張し、成長を加速させるには、ポイント・ソリューションとしてのテクノロジーの導入から脱却し、未来に向けたシステムに目を向けることが重要なのです。

本調査について

アクセンチュアは、世界20カ国、20の業界の8,356社(IT部門とビジネス部門の方が半数ずつ回答)の経営層を対象に調査を実施しました。データセットから、8年間における主要な成長指標と業績評価指標を導き出しています。調査対象の約80%が年間収益10億ドル以上の企業です。

要旨

企業のエンタープライズ・テクノロジーへの投資・導入に対するマインドセットは、収益の成長に直接かつ持続的な影響を及ぼします。上位10%の企業は未来に向けたシステムの実現に向けてどのような戦略を立て、テクノロジーへの投資から十分な価値を得ているのでしょうか――先行企業が取り入れているマインドセットについて、詳しく解説しています。

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで