プライベートエクイティ企業には、M&Aディールのサイクルにおいて、未だ獲得していない価値があります。

これまで、M&Aディールにおけるテクノロジーは主に、コスト項目やリスク源とみなされてきました。しかし、テクノロジーをポートフォリオ取引における価値創造の手段として利用することで、競争優位を得ることができます。

ディール獲得の競争が高い評価レベルで激化する中、デジタルや基盤テクノロジーを価値創造の手段として捉え、適切な方法で活用すれば、企業はより大きな成功を収めることができます。



プライベートエクイティにおけるテクノロジー成熟度の真実

テクノロジーによる価値創造という側面において、プライベートエクイティファームは期待と実行のギャップに直面しています。PEのリーダーは、自社の技術力が成熟していると考える傾向がありますが、実際には道半ばであることが多いのです。

調査対象となったPE幹部の58%くが、自社のテクノロジーを最先端と評価しました。しかし、実際はそうではありません。当初の目標を達成し、期限内に予算内で完了したプロジェクトは全体のわずか1/3にとどまります。

認識される成熟度とプロジェクト実績のギャップ

認識される成熟度とプロジェクト実績のギャップ

出典: Accenture Strategy survey of PE leaders, 2021

このギャップには、以下のように様々な理由があります。

  • 既存の手引書では、テクノロジー戦略や課題への言及はない
  • テクノロジーの問題は、デューデリジェンスの段階で、別のトピックに関して実施されるデューデリジェンスの補足として実施される場合が多い
  • プレディールのテクノロジーデューデリジェンスに携わった外部アドバイザーが、ポストディールの変革プロジェクトに責任を負うことは滅多にない

レポート全文(日本語)では、プライベートエクイティファームの抱える課題の具体的な要因について、より詳細に紐解いています。

プレディール・ポストディールの双方において、テクノロジーを効果的に活用する5つの方法

PE幹部がチームの価値創造向上に成功するためには、プレディール段階で適切な価値をもたらすテクノロジー手法を特定し、評価することが重要です。 ディール全体を通じてその手法にフォーカスすることで、複雑性の軽減から拡張性の検討に至るまで、ビジネスの効率化とトップラインの成長を促進することができます。

案件サイクルを通じてテクノロジーに焦点を当てることで、ビジネスの効率化と収益増加を促す

案件サイクルを通じてテクノロジーに焦点を当てることで、ビジネスの効率化と収益増加を促す

M&Aにおけるテクノロジープログラムのための実証済みガイドラインには、以下があります。

  • 価値ファースト:シナジーと企業価値に基づく変革の実行
  • エグゼキューションを加速:アジャイルアプローチを用い、迅速なリリースと速やかな調整による、優先順位付け
  • クラウドベース:標準的なクラウドベースのプラットフォームを活用し、導入を加速
  • 標準に適合:グローバルプロセスを導入し、複雑性回避
  • 必要とされる能力: 重要な能力を有する人々がプログラムに集中できること


クラウドプラットフォームと、360°の価値を提供するパートナーの活用で、改革をより簡易に

今日のツールは、テクノロジーから最大限の価値を得ることを、かつてないほど容易にしています。 まず、 デジタルは今や “すでに用意されています。” Salesforce社 や Workday社 などのクラウド上のコアテクノロジープラットフォームにより、企業は高額な先行投資や大規模なチェンジマネジメントの取り組みを行うことなく、最先端のデジタルを迅速に導入することが可能です。 2つ目に、アクセンチュアのような企業がプライベートエクイティ企業のエンド・ツー・エンドのパートナーとして、デューデリジェンスから実行までを支援することにより、価値創造までの時間を短縮することができます。

たとえば、SUSE Software Solutionsが投資会社であるEQT Partnersに売却されたときは、ビジネスの新たな船出に最適なタイミングでした。SUSEは、これまでの仕事の手法を脱却し、現状に挑戦することで、強力なブランドをベースに、成長を目的とした独立した新会社を立ち上げることができました。



プライベートエクイティファームの価値創造の手段としてのテクノロジーについて、最大の価値を得る機会を逃す主な理由や、成功に寄与すると考えられる要因などに関する詳細は、当社の下記レポート(日本語)をご確認ください。

著者について

上野 正雄

ビジネス コンサルティング本部 ストラテジーグループ マネジング・ディレクター


Moritz Hagenmüller

Senior Managing Director – Accenture Strategy, Austria, Switzerland & Germany


J. Neely

Senior Managing Director – Accenture Strategy, Mergers and Acquisitions Global Lead


Felix Hessel

Managing Director – Accenture Strategy, Mergers & Acquisitions


Dominik Krimpmann

Managing Director – Accenture Technology Strategy & Advisory, Mergers & Acquisitions Lead

関連コンテンツはこちら

プライベートエクイティのESG戦略
業種別・企業規模別のDXの状況と課題調査

ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)