マーケティング領域におけるデータ駆動型変革

アクセンチュアのAIグループが提供するデータサイエンスやアナリティクスを活用した企業変革サービスシリーズ。本サービスは、データ戦略に基づいて業務課題を解決し、マーケティング施策の高度化を支援します。

DDXの共通アプローチ

データサイエンスやアナリティクスを活用した企業変革、すなわちDDX(データドリブントランスフォーメーション)サービスシリーズに共通するアプローチは、企業や組織の戦略アジェンダからスタートしてビジネス成果に到達するよう変革を進めること。データサイエンスにより科学的で精度の高いインサイトを得ながら推進することで、企業変革に必要なアクションを継続的に取ることができます。

DDXサービスは、データ活用の考え方、様々な分析アルゴリズム、インサイトからアクションへの転換、成果のモニタリング、改革を継続するための人材育成、組織デザインなどを提供し、マーケティング、セールス、アフターサービス等様々な領域で変革を実現します。

他のDDXサービスについて​
セールス領域におけるデータ駆動型変革
データ分析業務を効率化・高付加価値化し、セールス活動を支えるアナリティクス体制を構築します。​

アフターサービス領域におけるデータ駆動型変革
ビジネスモデルのアズ・ア・サービス化を見据えた支援で、収益向上・コスト削減・顧客満足度向上を実現します。​

顧客理解の重要性の高まり

社会の急速なデジタル化に伴って、消費行動のあらゆる場面でデジタルデバイスの利用が常態化しています。消費者行動およびニーズは多様化し、企業各社の製品・サービスもこれに合わせて高度に変容してきました。「クルマ→モビリティ」、「エネルギー→ライフサービス」、「商品流通→買物体験」などは、消費者ニーズをより広く包括し囲い込もうとする典型例です。このようにカテゴリーや業界の垣根を超えたサービス競争が加速し市場が複雑化する中で、消費行動や顧客ニーズを適切に捉える重要性が高まっています。

一方、デジタルタッチポイントが増えたことは同時に、様々な生活・消費シーンをデータで捉えて分析を行い、これまで以上に顧客インサイトを得る環境が整いつつあることも意味します。

日本でDDXが進まない背景

日本企業の多くは未だ、新たに得られるデータを活かしきれずにデジタル変革による十分な成果を得られていません。この背景には、「DELTA」のいずれかの領域に課題を抱えているケースが多くあります。

D:データ

データが統合されていない
一部門のみで実施するアナリティクスは偏った活用になりがち。全社的に適切にデータを活用するためにはデータ統合が不可欠。

E:エンタープライズ

分析が意思決定プロセスに反映されていない
分析機能を持たせるだけで満足せずに、分析結果を戦略を決定する上でどの機能のどの意思決定に利用できるか・すべきかまで考える必要がある。

L:リーダーシップ

リーダーシップの欠如
各部署でバラバラに分析を実施するのは非効率なだけでなくデータを誤って活用するおそれがある。各部門間の協力が不可欠なため、リーダーの高いコミットメントと強い推進力が必要。

T:ターゲット

戦略上インパクトの小さい領域のみで活用している
アナリティクスのフローや活用プロセスが明確になってきたら、戦略上インパクトの大きい領域へ挑戦することが大きな飛躍へ繋がる。

A:アナリスト

アナリティクス活用人材の不足
データを活用するには、右脳と左脳、分析と意思を融合させ、意思決定や実行に繋げていくことが重要。そのためにはアナリティクス活用人材(データサイエンティスト、アーキテクト、ビジネスプランナー等)の育成が必要。

全て見る

DDX for マーケティングで
実現できること

業界知見 × データの伴走型支援

本サービス(DDX for マーケティング)は、企業がマーケティング領域で直面する業務課題をデータサイエンスやアナリティクスにより解決し、企業変革を実現します。小売や消費財、ヘルスケアなど、各業界における豊富な経験・知見をもとに、データエコシステムの構築や、分析アルゴリズムの導入、アナリティクス活用人材の育成、プラットフォームの構築、データ駆動型のサービスデザインを提供し、伴走型で支援します。

トランスフォーメーション全体像

戦略アジェンダからスタートしてビジネス成果に到達するよう変革を実現していきます。まずアナリティクスで解決したい業務課題について、経営層と現場(ブランド、マーケティング、営業、商品開発)が共通認識を持つことが必要です。業務課題の検証分析(PoC)を経て、本格的なアナリティクス活用に向けた組織の立ち上げや、分析環境の構築、人材育成などの中長期変革アジェンダを段階的に検討していくことが可能になります。

支援事例

小売や消費財、通信など、様々な業界のお客様企業のマーケティング改革の成果に貢献しています。

  • 大手小売A社:販売計画・商品戦略・販促計画の本部業務改革
  • 大手小売B社:データ統合モデリングによる販促高度化
  • メーカーC社:データエコシステム構築によるマーケティング・営業改革
  • 通信業D社:機械学習自動化エンジンによる全社マーケティング高度化

リーダー紹介

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで