Skip to main content Skip to footer

マーケティング領域におけるデータ駆動型変革

DDXの共通アプローチ

顧客理解の重要性の高まり

日本でDDXが進まない背景

D:データ

データが統合されていない
一部門のみで実施するアナリティクスは偏った活用になりがち。全社的に適切にデータを活用するためにはデータ統合が不可欠。

E:エンタープライズ

分析が意思決定プロセスに反映されていない
分析機能を持たせるだけで満足せずに、分析結果を戦略を決定する上でどの機能のどの意思決定に利用できるか・すべきかまで考える必要がある。

L:リーダーシップ

リーダーシップの欠如
各部署でバラバラに分析を実施するのは非効率なだけでなくデータを誤って活用するおそれがある。各部門間の協力が不可欠なため、リーダーの高いコミットメントと強い推進力が必要。

T:ターゲット

戦略上インパクトの小さい領域のみで活用している
アナリティクスのフローや活用プロセスが明確になってきたら、戦略上インパクトの大きい領域へ挑戦することが大きな飛躍へ繋がる。

A:アナリスト

アナリティクス活用人材の不足
データを活用するには、右脳と左脳、分析と意思を融合させ、意思決定や実行に繋げていくことが重要。そのためにはアナリティクス活用人材(データサイエンティスト、アーキテクト、ビジネスプランナー等)の育成が必要。

DDX for マーケティングで実現できること

DDXの推進アプローチ

リーダー紹介

保科 学世

執行役員 ビジネス コンサルティング本部 データ & AIグループ日本統括 AIセンター長 アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京共同統括 博士(理学)

秦 純子

Accenture Song 兼 インクルージョン&ダイバーシティ ジェンダーダイバーシティ日本統括 マネジング・ディレクター

佐々木 尊浩

ビジネス コンサルティング本部 AIグループ マネジング・ディレクター

Taro Asano

データドリブン・コンサルタント、マネジング・ディレクター

山崎 孔輔

ビジネス コンサルティング本部 AIグループ シニア・マネージャー 博士(生命科学)
ニュースレターで最新情報を入手(英語)