通信業界におけるデータ駆動型変革

法規制による低価格化や5G/IoTなどの通信技術の進歩によって通信業界は大きく変化しています。アクセンチュアのAIグループでは、データサイエンスやアナリティクスを活用することで、変化する環境におけるビジネス課題の解決を支援します。

通信業界をとりまく環境変化

通信業界は、通信において確保された顧客数を梃子に、決済・コマース・金融・エンタメなどを含めた経済圏による顧客の囲い込みを進めており、あらゆる活動がデータとして保持されているため、他業界に比べてデータ活用によるビジネスの高度化が進んでいる業界といえます。逆に、進んでいる業界ゆえに、十分なデータ活用を行うことができないと、他社に差をつけられてしまう厳しい業界とも言えます。

近年、環境の変化や事業発展・展開に合わせてさらにデータ利活用余地が広がっています。他社サービスとの差別化を図るためには、各領域においてデータを最大限に活用することが肝になります。

  • 新ブランド/新プランの登場による競争激化の中でのマーケティング高度化
  • 5G基地局建設優先順位策定のための顧客ニーズ把握
  • ヘルスケア・モビリティなどの新事業展開におけるデータ収集加速、活用余地の拡大
  • 法人事業(BtoB)や代理店、加盟店事業(BtoBtoC)における営業効率化

通信業界におけるデータ・AI戦略

多様化するビジネスの状況把握や、変化する顧客に対する理解、各種取り組みの効率化・高度化においてデータ活用・アナリティクス活用の重要性が一層増しています。

消費者向けビジネス(B2C)

現在、通信業において確保された顧客数を梃子に、 決済・コマース・金融・エンタメなどに事業拡大が行われており、さらなる顧客理解が進められています。IDに紐づく顧客データの横断的な整備を行い、アナリティクスによるマーケティング高度化につなげていくことで、顧客のエンゲージメントを高めていくことが可能です。さらに、データマネタイズも含めた将来像も見据えて、必要なデータ、分析基盤、ソリューションの選定をしていくことが重要です。

法人向けビジネス(B2B)

通信端末の法人提供を中心にSaaSなどの販売でビジネス拡大している状況でしたが、COVID-19の影響を受け、他業界と同様に通信業界における法人営業も直接対人営業以外を含めたチャネル接点の持ち方の検討が必要となっています。多様な商材の中からの最適な選択から、営業方法の効率化に至るまで、データの活用余地は広く存在すると言えます。

ネットワーク・インフラ整備

ネットワーク・インフラのログは超大量データとなるため、これらを最大限に活用するためには相応の設備投資が必要となります。しかし、近年では既存インフラの運用コスト削減、5G基地局の建設優先順位策定など、データを用いて解決すべき重要テーマが明らかであるため、データに基づく意思決定を加速させる仕組み構築が急務となっています。

データの全社活用を加速させる仕組み

DDX for Communicationで実現できること

変革を実現する組織設計と人財再教育

先端テクノロジーやアナリティクス技術の活用を全社的に加速させていくためには、中心となる分析組織の立ち上げが必要です。一方で、事業ごとに活用データやドメイン知識が異なるため、各領域での人材育成も必要です。アクセンチュアでは、組織設計・業務設計を中心としたオぺレーティングモデルの変革を行いつつ、人材教育を行うことによる内製化・定着化を支援します。

経営アジェンダに沿った効率的なデータ収集

アクセンチュアでは、グローバルにおける豊富な通信業界における分析経験から、各重点テーマにおいて、どのようなデータを収集することが重要なのかの知見を蓄積しています。また、初版データモデルの構築から、アジャイルな拡張に至るまでのロードマップを策定することで、戦略的なデータ収集・活用のサイクル構築を支援します。

データ活用を加速させるシステム検討・提供

通信業界の特徴として、多様な事業展開ゆえの、IDに紐づく圧倒的なデータ量があげられます。これは、莫大なデータからビジネス成果を生みやすいという状態だとも捉えられますが、一方で事業の多様さからデータ活用や意思決定がサイロ化してしまいがちともいうことができます。アクセンチュアでは個別の分析支援にとどまらず、組織横断での意思決定におけるデータ活用を支援します。

全て見る

支援内容と支援事例

支援内容

膨大なデータを最大限活用できるような仕組みを提供することで、企業としての重要課題の解決を支援いたします。

①経営アジェンダに沿った分析

  • 事業KPI・事業課題に合わせた優先順位設定
  • 全社課題と個別部署課題への対応
  • 品質を担保するアナリティクス方法論

②目的に合わせたデータ整備

  • Customer Genomeの構築
  • CAR(業界別データモデル)の活用
  • 分析と連動した可視化のサイクル構築

③高度分析を実現する基盤提供

  • クラウド活用時のコスト最適化
  • 最新技術を導入するサポート体制
  • ML Ops / Dev Opsの実現

AI POWERED シリーズの提供

  • AI HUBを介した柔軟なソリューション提供
  • 分析PoCとシームレスに連動する仕組みの提供

支援事例

  • 大手通信業A社:アナリティクス系JV設立、マーケティング高度化、営業改革、人材育成
  • 大手通信業B社:アナリティクス組織立上げ、マーケティング高度化、人材育成
  • 大手通信業C社:経営直轄分析組織立上げ、法人営業高度化
データの全社活用を加速させる仕組み

リーダー紹介