セールス領域におけるデータ駆動型変革

アクセンチュアのAIグループが提供するデータサイエンスやアナリティクスを活用した企業変革サービスシリーズ。本サービスは、社内に散らばるデータを集約、分析業務を効率化・高付加価値化し、新たなオペレーティングモデルを導入。セールス活動を支えるアナリティクス体制の構築を実現します。

DDXの共通アプローチ

データサイエンスやアナリティクスを活用した企業変革、すなわちDDX(データドリブントランスフォーメーション)サービスシリーズに共通するアプローチは、企業や組織の戦略アジェンダからスタートしてビジネス成果に到達するよう変革を進めること。データサイエンスにより科学的で精度の高いインサイトを得ながら推進することで、企業変革に必要なアクションを継続的に取ることができます。

DDXサービスは、データ活用の考え方、様々な分析アルゴリズム、インサイトからアクションへの転換、成果のモニタリング、改革を継続するための人材育成、組織デザインなどを提供し、マーケティング、セールス、アフターサービス等様々な領域で変革を実現します。

他のDDXサービスについて
マーケティング領域におけるデータ駆動型変革
データ戦略に基づいて業務課題を解決し、マーケティング施策の高度化を支援します。

アフターサービス領域におけるデータ駆動型変革
ビジネスモデルのアズ・ア・サービス化を見据えた支援で、収益向上・コスト削減・顧客満足度向上を実現します。

デジタル化に伴うセールス活動の課題

セールス活動や顧客タッチポイントのデジタル化が進み、分析可能な顧客・業務データがこれまで以上に蓄積されています。しかし、それらが組織内に分散・重複していると、非効率なだけでなくデータの真の価値は活かされないままです。

セールス関連データの非効率な運用例:

  • セールス拠点独自の集計・レポートフォーマット
  • 活用目的が明確でない本社からの定期配信レポート
  • 切り口を変えただけの単発・スポット集計・解析

DDX for セールスで
実現できること

効率化と高付加価値業務への変革

本サービス(DDX for セールス)は、データ分析業務を徹底的に効率化(BPR、標準化・工業化/外部化)することで大幅なコスト削減を実現します。さらに、これまで業務工数や技術などの理由で実現できなかったような新たな分析モデルを開発し、低付加価値な集計・分析業務を、より高付加価値なアナリティクス業務に変革するサポートをします。

  • コスト削減実績:業務工数▲70%
  • 売上向上実績:セールス担当一人当たり売上高+130%

「アナリティクスのCoE」を確立

セールス活動全体を支えるアナリティクス体制を実現するには、既存の集計・分析業務の効率化や新規分析モデルの導入に留まらず、それらを組み合わせたオペレーティングモデル(アナリティクスのセンター・オブ・エクセレンス:CoE)を確立することが必要です。

「アナリティクスのCoE」の役割

アナリティクスのCoEは、ビジネス課題とデータ&アナリティクスの双方に深い理解がある「事業寄り添い型」「提案型」であることを目指します。

①「事業寄り添い型」「提案型」のCDO

  • 分析要望を受けるだけではなく、ビジネス課題や意思決定にとって有益な分析・インサイトを提供
  • "営業本部長を支えるCDO(Chief Data Officer)"

②セールス活動を支えるデータサイエンス

  • セールス業務を支える高度分析アルゴリズムを構築(カスタマークラスター、mROI、パフォーマンス分析など)
  • PoCを実施しながらアルゴリズムを開発

③定型業務の徹底した"工業化"

定型集計・分析を徹底的に効率化・標準化したうえでオペレーターが高効率に業務を実施、もしくは、売上・活動状況を一望できるBIダッシュボード化

④データプラットフォームの構築・管理

  • 更なる分析の高度化に向けて活用が期待できる外部データを検討
  • 自社データベースに取り込み、要件・ロジックを構築

全て見る

人材戦略・育成

DDX for セールスは、上記オペレーティングモデルの実現に向けて、データドリブンコンサルタント、データサイエンティスト、アナリティクスオペレーター、データエンジニア、データアーキテクト/スチュアートを最適に組み合わせて包括的に支援します。加えて、お客様企業内のアナリティクスケイパビリティを向上する「伴走型人材育成」も可能です。アクセンチュアは、アナリティクスの高度化を全体組織設計と人材戦略の両面でお手伝いします。

リーダー紹介

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで