概要

新型コロナにより、これまでデジタル化を進められていなかった現状が顕わになり、民間企業は生き残りをかけた厳しい戦いを強いられ、行政機関も未曾有の事態への対応に現場は逼迫しています。様々な対応を迅速に展開していかなければならない現状において、私たちもその危機に対し同じ船に乗って一丸となって進めていこうとしています。その解の1つがデジタルトランスフォーメーション(Digital Transformation:DX)の加速である点は疑いようがありません。

(中略)

本書の最大の狙いは、国内外の行政機関や数多くの民間企業との変革への支援を通じ、先進事例に関わってきたアクセンチュアからの視点で、日本の社会保障が置かれている現状と未来についての論点を示すことです。今回は、雇用、医療、年金、介護など幅広い社会保障の分野のなかで、特に、生涯にわたる生計の基盤となる「雇用(労働)と年金」領域をフィーチャーします。

(「はじめに」より一部抜粋)

購入する

社会保障DX戦略表紙

目次

CHAPTER
百人百様の人生100年時代、日本社会の現状

CHAPTER
これからの社会保障が目指すべき姿

CHAPTER
社会保障行政が抱えるDX推進の障壁

CHAPTER
社会保障DXが実現するもの~「私」に寄り添うデジタル・エコシステム

CHAPTER
社会保障DX成功の鍵~トライアル&エラーで素早く成果に辿り着け

著者

立石 英司(たていし えいじ)
公共サービス・医療健康本部 マネジング・ディレクター

1971年長崎県生まれ。九州大学経済学部経済工学科卒。1996年アクセンチュアへ新卒で入社後、永く官公庁向けコンサルティングに携わり、業務改革、業務システム刷新、大規模システム構築等を手がける。現在は社会保障領域チーム統括として、主に、国税庁や厚生労働省(主に年金、労働、生活保護分野)向けコンサルティングの責任者として従事。

滝沢 啓
ビジネス コンサルティング本部 テクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループ シニア・マネジャー
2012年アクセンチュアへ入社以来、官公庁向けコンサルティングに携わり、主に税、年金、社会保障の領域を中心に、中央省庁や自治体などの公共機関における業務改革、業務システム刷新、ビッグデータ・アナリティクスを活用した実証実験や公共機関職員向けデータ活用研修などを手がける。

梅村 透
ビジネス コンサルティング本部 ストラテジーグループ マネジング・ディレクター

2007年にアクセンチュアに入社。中央官公庁・地方自治体・学校法人をはじめとする公共機関の成長戦略・再編戦略・財務戦略立案やデジタルトランスフォーメーションなどを手掛け、近年は、国立大学統合・再編など、日本初となる取組みに係るプロジェクト責任者も歴任。現在、社会保障領域チームにおける労働領域を統括。

大寺 伸
公共サービス・医療健康本部 マネジング・ディレクター

2002年アクセンチュアへ入社後、永く官公庁向けコンサルティングに携わり、業務改革、業務システム刷新、大規模システム構築等を手がける。現在は主に、社会保障領域チームにおける年金領域を統括し、厚生労働省(主に年金、労働分野)向けコンサルティングや社会課題解決を担うNPO向けプロボノ活動の責任者として従事。

関口 廣光
ビジネス コンサルティング本部 コンサルティンググループ シニア・マネジャー

2007年アクセンチュアに入社。人事系コンサルティングを専門とする業界横断の組織で、エネルギー系や製造業、通信業、金融など様々な業界のコンサルティングに携わる。近年は、中央省庁を中心に業務改革プロジェクト責任者も歴任。

ニュースレター
社会保障DX戦略 社会保障DX戦略