あらゆる業界でデジタル変革が進み、社会のいたるところにAIなど先進デジタルテクノロジーが組み込まれている昨今、Digital Is Everywhereを提唱しているアクセンチュアはお客様企業のAI活用の促進をご支援しています。

なかでも保険業界はAI・アナリティクスの活用に非常に積極的な業界であり、先進企業の多くで多種多様なAIを活用した事業の高度化が行われてきました。しかし、保険会社が真にメリットを享受するには、取り組みを部分的なものに留めず、全社規模へと拡大し、あらゆる事業・商品サービス・チャネル・ビジネスプロセスにスケールさせなければなりません。

AIドリブン保険経営のためのポイント

アクセンチュアのAIドリブン・トランスフォーメーションは、第四次産業革命の時代に適合すべく、事業を革新する次世代ビジネスモデルを具現化するものです。具体的には次の4つポイントがAIドリブン・トランスフォーメーションの目的です。

  1. フロント・ミドル・バック業務における生産性向上
  2. 引受をはじめとした収益・リスク・資本の最適化
  3. お客さま体験・従業員体験・アドバイザー/代理店等パートナー体験価値の最大化による収益向上
  4. 保険会社が蓄積してきたAI関連アセットによる新たな収益源への応用・展開

これら4つの目的を達成する上で、保険会社には5つのケイパビリティが求められます。

  1. AI is Everywhreを前提とした大胆な将来ビジネス構想:自社がいかにAIを活用したビジネスへとシフトしていくかをCxOレベルで将来を見据え議論し、意思決定する必要があります。
  2. 一気呵成の投資:すでに保険業界におけるAIPoCは十分に実施されている状況であるといえます。取り組みをスケールさせ、効果を刈り取るには投資への決断が重要です。
  3. データ獲得のエコシステム:AIにとってデータは必須の要素です。AI技術だけでなく、データを獲得するための事業領域の拡大も含めてエコシステムによるデータ獲得の整備が不可欠です。
  4. 保険×AI人材の獲得・育成:データサイエンティストの争奪戦は激化しています。加えて、保険ビジネスおよび業界知識に精通した人材の確保が重要であることから、保険会社自身がデータに詳しい人材を育成しなくてはなりません。
  5. スケーラブルなシステム基盤:爆発的に増加するデータを蓄積するには、スケーラブルで柔軟性に富むクラウドインフラが適しています。また、さまざまなAIを組み合わせて活用する「ハブ機能」を提供するシステムの利用が有効です。
AIドリブン保険経営を目指す企業に求められる5つのケイパビリティ

技術導入、事業改革、人材育成を包括的にご支援

アクセンチュアは、保険会社が目指す4つの目的と5つのケイパビリティを包括的かつエンド・ツー・エンドでサポートする仕組みをご提供しています。AIドリブン・トランスフォーメーションは、まさにAIを軸とした保険会社の全社横断型DXの実現の具体的アプローチであるといえるでしょう。

AIドリブン・トランスフォーメーションは、具体的には以下の領域を網羅的にカバーする仕組みを提供します。

  • 海外の保険会社による先進的なAIトレンドの知見などに基づく保険会社におけるデータ活用あり方等を再定義するコンサルティング
  • コアとなるAI関連技術導入・AI構築
  • お客様企業におけるデジタル推進組織やデータ活用人材の育成(組織づくり・人づくり)
  • 多種多様なAIを組み合わせる基盤「AI Hub
  • クラウドインフラ、基幹システムのモダナイゼーション等

以上のようなテーマの解決に幅広く貢献し、データドリブン保険経営の実装にアクセンチュアは寄与しています。

昨今、AIが社会に広く浸透するにつれて優れたAIソリューションが増えている一方で、求められる品質や水準を満たしていないAIソリューションも増加傾向にあります。アクセンチュアは、そうしたAIソリューションの目利き役としてお客様のAIドリブン・トランスフォーメーションを伴走するとともに、お客様社内のデータ活用人材の育成をご支援してまいります。

チーム紹介

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで