損害保険システムのパッケージ活用

~”作り上げていく”から”作られたものを活用する”への変革

損害保険会社は、世の中で起きる災害やリスクに対しての補償を商品として販売をし、いざというときに保険金を支払うことで多くの事業企業および契約者の支えとなっている。

その反面、システムは年々重厚化しており、特に基幹業務システムは、メインフレームを中心としたレガシーシステムから抜け出しにくい性質である。

一方、テクノロジーは言うまでもなく、大きく急速に変化を続けており、今後も現在にはないものが登場してくるであろう。

いかにして、作り上げていく世界から、作られたものを活用する世界へ変革していけるのかを、損害保険の基幹業務に目を向けて論じたい。

佐藤 衛

テクノロジー・コンサルティング本部
ITソリューション
シニア・マネジャー

関連コンテンツはこちら

FSアーキテクト
金融ウェビナー
金融サービスブログ

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで