オープンバンキング
~顧客データをマネタイズする新しい金融サービスの在り方

「Banking is necessary, banks are not.」とビル・ゲイツが話してから四半世紀、銀行がAPIで提供する金融機能を利用して、非金融事業者が金融サービスを展開するオープンバンキングの動きが国内外で一層加速している。欧州はPSD2に基づく各国法整備の下、取り組みが先行。本邦においても改正銀行法により銀行各行はAPI提供を事実上課され、Fintech等による金融サービス展開の容易化を企図した「金融サービス仲介業」の創設が検討されるなど、国策としてオープンバンキングの推進が図られている。
銀行がオープンバンキングを自らの価値向上につなげるには、単なる従来機能のAPI提供に留まらない新たな金融機能の提供モデル(Banking as a Service、以下BaaS)を実現する必要がある。

木時 直

金融サービス本部
銀行グループ
マネジング・ディレクター


宮川 類

金融サービス本部 
銀行グループ
シニア・マネジャー

関連コンテンツはこちら

FSアーキテクト
金融ウェビナー
金融サービスブログ

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで