Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


アクセンチュア、ガートナー社のレポートで国内のSAP導入分野におけるリーダー企業に認定


日本市場におけるリーダー

ガートナー社が2017年2月に発行したレポート「Magic Quadrant for SAP Application Services, Japan(日本におけるSAP導入サービスに関するマジック・クアドラント)」において、同分野のリーダー企業であると認定されました。同調査は今回、初めて日本市場を対象に実施され、アクセンチュアは「実行能力」と「ビジョンの完全性」の両カテゴリで総合力の高さが評価されました。アクセンチュアは既に海外市場を対象とした同社の調査*もグローバルリーダーとしての認定を受けており、日本市場でも同様の高評価を獲得しました。


© Copyright Gartner, Inc. Source: “Magic Quadrant for SAP Application Services, Japan” by Tsuyoshi Ebina | Twiggy Lo. February 21, 2017.
本図表は、ガートナー・リサーチの発行物の一部であり、発行物全体のコンテクストにおいてご覧いただく必要があり ます。ガートナーの発行物は、リクエストによりアクセンチュアからご提供することが可能です。 ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものでは ありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではあり ません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものでは ありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保 証を行うものではありません。

*Magic Quadrant for SAP Application Services, North America, 31 January 2017, Frances Karamouzis et al.
Magic Quadrant for SAP Application Services, EMEA, 31 January 2017, Gilbert van der Heiden et al.

評価方法

ガートナー社は同レポートで、複数のSAPアプリケーションを対象にした幅広いSAPアプリケーションサービスを提供する大手事業者14社を評価しました。同レポートは、対象となった事業者の「実行能力」に関し、優れたパフォーマンスを実現するための効果的かつ体系的な方法論や手法の有無に加え、SAP関連ビジネスの規模、さらに、各社の顧客に対して実施したヒアリング結果などを踏まえて、各事業者のサービス品質や優位性を評価しています。また、「ビジョンの完全性」については、現在および将来の市場の方向性やイノベーション、顧客ニーズ、競争力に関し、どれだけ論理的に説得力のある情報を提供しているか、などが調査されています。

ガートナー社は同レポートで次のように指摘しています。「日本企業におけるデジタル化は徐々に成熟してきており、デジタル化に取り組んでいるこれらの企業は今後、競合他社や顧客、規制当局、ステークホルダーおよび他の企業が情報を交換し、相互に関わり合うデジタル・エコシステムの一部になっていくでしょう。既存の業務プロセスのデジタル化などに代表されるデジタルへの移行において企業が成功を収めるためには、結果につながる主要なデジタル技術が欠かせません。」(アクセンチュア翻訳)

レポートの詳細は「Magic Quadrant for SAP Application Services, Japan」を御覧ください。


顧客価値

アクセンチュアがガートナー社による国内SAP市場を対象とした初のマジック・クアドラントでリーダー企業に認定されたことは、グローバルとの連携の下、SAP S/4HANAをはじめとする最先端の取り組みをうまく活用したソリューションが評価されたことに加え、当社が長期間にわたって日本で築き上げてきたお客様との関係や実績、またSAPとの比類のないパートナーシップを推進してきた強みが評価されたものとアクセンチュアは受け止めています。


受賞歴

このほか、アクセンチュアはSAPジャパン株式会社がSAPソリューションの導入実績などで優れた実績を残したパートナー企業に授与するアワード「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2017」で、以下の2つの賞を受賞しました。このうち、「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」については、今回で第20回目を迎えた同アワード史上初となる3連連続の受賞を達成しています。


「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2017」の受賞アワード
<サービス・パートナー部門>「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」
(3年連続の受賞は史上初)
<特別賞>「S/4HANAアワード」

SAPジャパン株式会社 パートナー本部 本部長の宇都宮 隆二氏は次のように述べています。「3年連続となるアクセンチュアのザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード含めた当社アワード受賞実績でも明らかなように、日本企業や業界全体が抱える課題、および当社製品やサービスを熟知した上で、最適なソリューションをお客様に提案、実装する点において、アクセンチュアには卓越した能力とコミットメントを発揮していただいており、SAPとして大変心強く思っています。今回、ガートナー社の『Magic Quadrant for SAP Application Services, Japan』でアクセンチュアが国内で当社ソリューションの導入におけるリーダー企業に認定されたことは、アクセンチュアが日本のお客様に長年にわたって価値を提供し続けてきたことがあらためて証明されたものです。SAPは今後もアクセンチュアとの緊密な協業関係を堅持し、日本のお客様の事業の成長に貢献できるソリューションを提供し続けてまいります。」



左からアクセンチュア株式会社テクノロジーコンサルティング本部グローバルアライアンス イノベーション&アライアンス シニア・マネジャー 市川親司、SAPジャパン株式会社代表取締役会長 内田士郎様、アクセンチュア株式会社代表取締役副社長 関戸亮司、アクセンチュア株式会社テクノロジーコンサルティング本部SAPビジネスインテグレーショングループ統括マネジング・ディレクター 増野雄一郎



左からSAPジャパン株式会社代表取締役会長 内田士郎様、アクセンチュア株式会社テクノロジーコンサルティング本部グローバルアライアンス イノベーション&アライアンス シニア・マネジャー 市川親司、アクセンチュア株式会社テクノロジーコンサルティング本部統括本部長 土居高廣、アクセンチュア株式会社テクノロジーコンサルティング本部SAPビジネスインテグレーショングループ統括マネジング・ディレクター 増野雄一郎、SAPジャパン株式会社代表取締役社長 福田譲様