活躍中の社員紹介

Hiroshi F.

システムコンサルタント[公共サービス・医療健康業界] シニア・マネジャー

東京オフィス


"日系SIerでシステム開発を3年経験し、2007年、アクセンチュアに転職。教育学部出身で、企業市民活動ボランティアの一環として小学生向けのロボットプログラミング講座など、「イノベーション創出型 STEM人材の育成」(活動紹介動画はこちら)も精力的に行なう。"

What I do

プロジェクトの中でお客様と接する期間がもっとも長い仕事
システムコンサルタント職のシニア・マネジャーとして、中央省庁や自治体、独立行政法人、学校といったお客様に、Digitalと呼ばれる新しい技術を使った業務改革や電子化、データ分析などのプロジェクトを行なっています。
公共サービス・医療健康本部では、システムコンサルタントの他にマネジメントコンサルタント(MC)、テクノロジーコンサルタント(TC)というポジションがありますが、MCは企業変革の戦略を練る人、TCはITベースのデザインをするモノづくりの人。私が務めるシステムコンサルタントは、それを踏まえてプロジェクト全体を見ながら、業務を変えていったりデザインしたりする立場と言えます。あくまでも私の考えですが、プロジェクトをデリバリーしていく期間が長くお客様と接する機会も多いので、ITコンサルティング案件ではプロジェクトの中心にいるべき存在であり、MC・TCの素養も含めて幅広い知見を求められる立場だと思って取り組んでいます。
入社時はチーム・メンバという立場でしたが、マネジャー、シニア・マネジャーへと昇進するに従い、組織運営や人材育成に割く時間が増え、資料作りやシステム作りに手を動かすことは減ってきています。ただし、新しい技術がどんどん世に出てくる時代なので、何ができるのか、どういう特色があるのかといったことを確かめるために簡単にシステムやツールを作ってみるといったことは今でも行っています。

学校の仕組みを変える仕事も担当
お客様やプロジェクトによってさまざまな特色がありますが、ある学校法人のプロジェクトでは、学校運用の方針検討や目標達成度合いを迅速に把握できるようにするため、学生、保護者、図書館に入ってくる人などのデータをクラウドベースのツールを使って収集・分析しています。学業という観点でも、成績の伸び方に寄与している活動は何なのか、あるいは大学卒業後の進路と相関が強い属性は何なのかを分析したり、学校経営という観点ではマーケティングに活用したりするなど、多方面での活用を行っています。加えて、学校の職員がデータ分析を行うためのやり方を伝達したりもしています。大きく言うと、学校の仕組みを変える仕事ですね。(本プロジェクトに関するプレスリリースはこちらでご覧いただけます)

将来の目標
今後も、教育分野のデジタルトランスフォーメーションを進めていきたいです。個人的に特に注力したいと考えている初等教育は、改革の余地はあるものの、予算が付きにくい等、ビジネスという観点だと難しいところがありますが、そこへのチャレンジはライフワークとして取り組んでいきたいと思っています。

職種について詳しく見る→ テクノロジーコンサルティング本部 採用案内

A day in my life

コミットメントの高いメンバーと助け合う
アクセンチュアを選んだのは、働いている人が一番面白そうだったからです。彼らとなら色々なことを変えていけると感じました。入社してみて、実際にコミットメントの高いメンバーが多く、「ここまでやれば良いのでは?」と思ってしまうようなことでも、「もう少しお客様の立場で考えたらそうじゃないよね」と指摘を受けることがこれまでたくさんありました。新しい仕事をするときは、「こういうことを知っている人はいませんか?」と質問を投げると、全く知らない人が連絡をくれることもあったりと、仲間が自分の事のように助けてくれる、その様なところもアクセンチュアの魅力だと思います。

社外の勉強会やボランティアに積極的に参加しています
社外の活動に積極的に参加するようにしています。初めて会う人や全く違うコミュニティの人からは刺激を受けますし勉強にもなります。特に、IT領域では色々なところで勉強会等が開催されており、会社の規模関係なく面白い人やすごいと思える人達と出会って、社内とは違ったことを話せたりします。
アクセンチュアの企業市民活動の一環で、小学校の子どもたちにプログラミングを教えたり、先生向けにプログラミングの授業ついて教えたりという活動もしています。元々教育学部出身ということもあり、人材育成には関心があって、人に何かを伝える、アウトプットしていくということは自分自身のためにもなると思って続けています。

" 小学校の生徒や先生にプログラミングを教えるボランティア活動は自分自身のためにもなると思って続けています。"

My advice

働きやすい環境に感謝しつつ、成長意識を忘れずに
アクセンチュアは、自分の思いやライフイベントにあわせたワークスタイルの変更は行いやすい会社です。例えば育休・産休は取得しやすくオープンな会社です。それをサポートしてくれるメンバーもたくさんいて、そういう意味でも働きやすいかなと思います。私自身も朝は子どもを保育園に送ってから10時頃出社するワークスタイルですが、仲間とサポートし合うことができ感謝しています。
一方で、スキル・キャリアを伸ばすためには相応の意識が必要です。時間で諦めるとか、ここまででいいとか、自分のハードルを無意識に下げてしまうことがあると思いますが、自分の市場価値や、お客様から頂いている対価というものがそれに見合うのかどうかを定期的に振り返らないと、「まあ、いいか」と流れて行きがちになるように感じます。そういうときでもうまくサポートしてくれる仲間や制度が、アクセンチュアにはあると思います。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る