Technology for Living Systems (TfLS)とは

Living systems-進化し続けるシステム

「Living Systems(リビングシステム)」はアクセンチュアの造語で、ビジネスの変化に合わせながらITシステムを継続して活用していくことを意味します。基幹システムを一度開発したらそれで終わりではなく、そこを出発点として、絶え間ない改善と機能アップデートによって進化させ続け、新たなビジネスの要求に即応できるスピードとパフォーマンスを発揮しながら、デジタルビジネスを力強く支える、進化する”生きた仕組み”を実現します。

Technology for Living Systemsの役割

Living Systemsは変化に強いシステムアーキテクチャ。変化をモニタリングし、クイックに改善できる仕組みが必要であり、TfLSはその担い手となります。具体的には、RPAやワークフロー、AIチャットボットに加えてアクセンチュア独自のSynOpsやAiOpsを活用してインテリジェントオートメーション(業務そのものやIT運用プロセスの超自動化と付加価値の創造)を実現しつつLiving Systemsの足回りを構築します。

SynOpsとは:世界中のアクセンチュアで提供されている、100を超えるAI/アナリティクスのアプリ・システムを含むBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)ソリューション。BPOにおける最先端のインテリジェントオートメーションを実現します。

AiOpsとは:継続的な生産性向上を進める上で、これまで人が処理してきていた保守運用業務の各工程(データインプット、判断、処理)を自動化し、可視化する為のソリューション。

チーム紹介

TfLSは、以下の8つのチームから構成されています。プロジェクトのフェーズごとに複数チームが連携し、それぞれの強みを発揮しながらインテリジェントオートメーションを実現します。

オートメーションチーム (Automation)

オートメーション(RPA等)と周辺自動化ソリューション(プロセスマイニング、AI等)を組み合わせたインテリジェントオートメーションを実現するための計画策定、BPR、ソリューション導入、ガバナンス策定、及び内製化支援などを主導します。メンバーによるチーム紹介記事

データ分析チーム(Data Platform)

企業のDX戦略を実現するためのデジタルツイン・エンタープライズアーキテクチャを支えるデータ基盤構築、データ活用のライフサイクル(収集、蓄積、活用、運用)に関わる業務を一気通貫で担います。メンバーによるチーム紹介記事

デジタル化チーム(Digitalization)

デジタル化後の世界観を実現するためのソリューション選定・範囲策定・導入支援(ワークフロー、AI-OCR、バーチャルエージェント、デジタルアダプションといった領域)を主導します。

プロジェクト管理チーム(Delivery)

システム、ツール導入におけるプロジェクト管理(PM)、および導入後の課題発生時の解決、テクノロジー領域におけるお客様専属のアドバイザーを担います。メンバーによるチーム紹介記事

業務分析チーム (BA)

業務とテクノロジー双方の知識を活用し、ソリューション・導入ツールの検討やコスト試算、実行部隊・テクノロジー部隊とのブリッジ、案件管理やオファリング作成・発信などを担います。メンバーによるチーム紹介記事

テクノロジーソリューション策定チーム(Tech SA)

BPOサービスの提案フェーズにおいて、セールス担当、BPO SA(ソリューションアーキテクト)、業務移行、業務改革アーキテクトと共同でお客様の業務をBPO受託するためのテクノロジーソリューションを策定します。メンバーによるチーム紹介記事

オペレーション効率化チーム (AI-Ops)

IT保守運用やSI、セキュリティ管理、企業のビジネスオペレーションに対し、AIと融合した解決策をお客様と策定した上で、効果創出にむけた実装を行います。

開発実行チーム (Developers)

TfLSで求められる技術要素「RPA」「AIチャットボット」「AI‐OCR」「カスタムワークフロー」「ダッシュボードUI」の要件定義、設計、構築、テスト、開発、保守、運用の実行を担います。幅広くスキルを磨きながらフルスタックエンジニアを目指していきます。

全て見る

TfLSの特長

様々なキャリアパス

プロセス自動化、デジタル化、データ可視化など各方面のスキルを伸ばすとともに、ご自身の志向に合わせて、開発リード、スクラムマスター、テクニカルアーキテクト、Living Systemsの仕組みを一通り作れるフルスタックエンジニア、データ分析・基盤のスペシャリスト、SynOpsマスターなどのキャリアを選択できます。

豊富なトレーニング機会

プロセス自動化、AiOps、データ、テクノロジーアーキテクチャ、ソリューションアーキテクチャ、業務・ビジネス分析といったテーマで初級者から上級者向けのトレーニングプログラムを用意しています。

マルチロケーション

TfLSは、北海道、東京、関西、福岡の各拠点に加え、日本全国各地に居住のメンバーから構成されています。オフィスへの通勤圏外のメンバーもロケーション フレキシビリティ制度を利用することで在宅勤務を基本とした参画が可能で、日本全国どこにいても全国の案件に携わることができます。

グローバルに働く

アクセンチュアの多くのお客様は、グローバル企業です。ゆえにLiving Systems案件は世界各国を巻き込む大規模プロジェクトとなります。海外のお客様や、アクセンチュアの各国メンバーと協働しながらプロジェクトを推進する機会が多くあり、世界を舞台に活躍したい方には理想的な環境が整っています。 グローバルチームとのSynOpsやメソドロジーの最新情報共有も頻繁に行われています。

組織横断のコラボレーション

Living Systemsという大きな概念を実現させるためには、テクノロジーの部門(テクノロジー コンサルティング本部)を超えた全社的な連携が必要となります。案件に応じて、ビジネス コンサルティング本部やオペレーションズ コンサルティング本部とチームを組み、より大きな価値をお客様に提供します。

全て見る

Meet our people

キャリアブログ

Technology for Living Systems(TfLS)所属の社員によるブログ記事をご紹介します。

Technology for Living Systems × 福岡での働き方 Vol.1

福岡を拠点に、様々な業種のお客様企業に対するコンサルティングに携わる社員の記事です。 さらに詳しく

グローバルに活躍する社員Vol.5:世界56万人の仲間と共に!新組織で築くグローバルキャリア

TfLSの立ち上げメンバーとしてグローバル連携を推進し、サービス企画・提案活動・BPO立ち上げといった複数の役割を担う社員の記事です。 さらに詳しく

Technology for Living Systems × 関西での働き方Vol.1

大阪を拠点に、BPO関連のプロジェクトで業務効率化のためのツール導入(RPAやマクロ)に携わる社員のこれまでのキャリアをご紹介します。さらに詳しく

全て見る

【キャリアの再構築をお考えの方へ】リスキル求人実施中

TfLSでは、ライフイベントなどを理由に一度キャリアを中断したものの、最新テクノロジーを身に着けてキャリアを再構築したい方を対象とした採用を実施中です。詳細の応募要件はリスキル求人の募集要項をご覧ください。

TfLSのワーキングペアレンツの働き方

Technology for Living Systems(TfLS)所属のワーキングペアレンツによるブログ記事をご紹介します。

全て見る

Stay connected

募集ポジションを探す

スキルや興味に合ったポジションを探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

社員執筆のキャリアブログ

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

まずはキャリア登録

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る