職種紹介

Salesforce  Careers

Salesforceと強固なパートナーシップを有し業界のリーダー企業と評されるアクセンチュアでは、豊富なスキルアップの機会を活用することが可能です。多様な業界におけるプロジェクトの幅広いフェーズに携わり、市場価値の高いSalesforceエキスパートを目指しましょう。

Salesforceの仕事を探す

Work You’ll Do

幅広いフェーズ・職種を経験
アクセンチュアでは、戦略・企画フェーズからシステムの保守・運用まで一気通貫でお客様のビジネス課題の解決を支援するため、Salesforceエキスパートの役割はシステム導入にとどまりません。「経営・事業戦略」の策定を起点に「業務プロセス・組織変革」「IT戦略・企画」「システムインテグレーション」「保守・アウトソーシング」まで、ご自身の強みと関心に応じて幅広いフェーズを経験することが可能です。
また、Salesforceを使った業務・システムの要件定義・設計・開発を担当するエンジニア・コンサルタントだけでなく、プロジェクト全体の管理を行うプロジェクト・マネジャー、 Salesforce以外の領域も含むシステム全体の基盤を作るテクニカル・アーキテクトといった職種を経験することも可能です。

様々な業界のプロジェクトに携わる
アクセンチュアでは、「通信・メディア・ハイテク」「金融」「公共サービス・医療健康」「製造・流通」「素材・エネルギー」など多様な業界のお客様にサービスを提供しています。さまざまな業種の全社的なセールス・マーケティング・サービス改革に直に携われるだけでなく、各業界の業務知識を身に着けることができます。

大規模プロジェクトを経験
アクセンチュアでは、 SalesforceだけでなくOracle、SAPやその他パッケージ・カスタム開発のエキスパートも在籍しています。時には他領域のエキスパートと連携しながら、システム全体を考え、どこにどのようにSalesforceを導入していくのが最適なのか幅広い視点で提案・システム構築を経験することが可能です。

Salesforceとの強固なアライアンス
アクセンチュアはSalesforceのNo.1グローバルアライアンスパートナーであり、アクセンチュアのSalesforce専門チームには、国内最多の認定コンサルタントが所属しています。また、毎年東京で開催されるSalesforce World Tour Tokyoには、唯一のダイアモンドスポンサーとして出展しています。

リーダー企業として数多くの受賞実績
アクセンチュアはセールスフォース・ドットコム「PARTNER AWARD 2019」にて、以下の2つの賞を受賞しました。受賞は2年連続となり、これまでに8のアワードを獲得しています。

「Best Partner of the year」
2018年度、Salesforce を活用して、お客様のビジネスを成功に導き、またセールスフォース・ドットコムにとっても最も大きな貢献をした No.1のパートナーであると評価されました。
「TrailHead of the Year (Partner)」
2018年度、Salesforce の最新スキルを習得するラーニングシステム「Trailhead」で最も多くのバッジを獲得したパートナー企業であると評価されました。

「Salesforce導入のリーダー企業」
業界でもアクセンチュアの実力は高く評価されており、フォレスタ-・リサーチが実施した『The Forrester Wave™:Salesforce Implementation Partners In Asia Pacific, Q2 2019』調査においては、アクセンチュアがWaveの「戦略」カテゴリーで23点中21点と最高得点を獲得し、Salesforce導入のリーダー企業として選定されました(レポートの詳細)。

さらに詳しく

Salesforce jobs

日本 東京

Salesforceコンサルタント/エンジニア

Software Engineering

公開 1か月以上前

Connect. Learn. Lead.

Salesforce認定資格者数No.1
アクセンチュアに所属するSalesforce認定資格保持者は5,700名以上、日本国内でも300名以上となり、グローバル・日本国内ともに業界最多の人数となります。アクセンチュアは社員のスキル向上のための投資を惜しみません。Salesforceの様々な領域・上級資格の資格取得を推奨しており、 Salesforce経験者・未経験者問わず、研修及び資格試験を受けることができます。

アクセンチュア流Salesforce エンジニア・コンサルタント育成プロセス
アクセンチュアでは、大きく分けると3ステップでSalesforceエンジニア・コンサルタントを育成しています。日本の茶道や武道で用いられる「守破離(しゅはり)*」の概念で説明すると、次の3段階での育成プロセスとなります。

「守」まずは、しっかりとSalesforceの基礎を構築し、認定アドミニストレーター等の基礎資格取得を目指します。そのために、プロジェクトアサイン前の事前学習期間がしっかり確保され、講義資料やビデオなどの豊富な学習アセットが提供されます。社員有志による勉強会も活発に行われており、周囲にいつでも気軽に質問できる体制が構築されているのも特色です。

「破」続いて、自分の「強み」に合ったプロジェクトを見つけます。アクセンチュアではひとりひとりの社員に担当プロジェクトとは別のキャリアカウンセラーが割り当てられます。プロジェクト担当の上司だけでなく、キャリアカウンセラーとキャリア上の目標や選択肢について相談したうえで、効率的に知識を身に着ける方法や、もっともストレッチできる参画プロジェクト・役割についてアドバイスを受けることが可能です。

「離」自分の強みを活かしてSalesforceエキスパートへと成長します。アクセンチュアでは、苦手の克服よりも強みにフォーカスした成長が重視されており、伸ばしたいスキルに応じて、周囲の専門家のサポートを得ることが可能です。

Salesforce未経験でも、もともと保持していたスキルを活かしながら、現在Salesforceのエキスパートとして活躍する社員も多くいます。

*守破離:もともとは茶道や武道の修業における段階を示したものとなります。”守”は型を忠実に守り確実に身につける段階、”破”はスキルを発展させる段階、”離”は、独自の新しいものを生み出し確立させる段階を指します。

Meet our people

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る