Fumie T.

インダストリーコンサルタント [証券領域] シニア・マネジャー

東京オフィス


"外資系投資銀行に新卒入社後、主にデリバティブのミドル・バックオフィス業務に従事。その他監督官庁への取引報告や、各種規制導入を担当したのち、2019年にアクセンチュア入社。"

What I do

金融業界にこれまでとは違う立場から関わりたい
外資系投資銀行のオペレーションズにて、幅広く経験を積める機会にも恵まれ充実した日々を過ごしていましたが、今後のキャリアを考え、同じ金融でもこれまでとは違う立場からの携わり方を一度経験してみたいと考えるようになりました。決して自身が得意とは言えないITソリューションを強く打ち出している環境に身を置けることと、入社前にお会いしてお話を伺った社員の方の考えや取り組みに共感し、アクセンチュアへの転職を決意しました。入社してまだ日は浅いのですが、実務経験に基づく知識や経験、グローバルチームとのコミュニケーション等は、これまでコンサルタント経験がない私にとって、お客様や社内においても関係性を築く良いきっかけになっています。

現在は証券会社の規制対応のプロジェクトに従事しながら、お客様の課題や期待値を理解し、そのプロジェクト内はもちろんのこと、その他の領域でもアクセンチュアとしてお役に立てることを考え、ご提案しています。海外の動向やソリューション等の情報も重要になるため、グローバルチームとの連携も欠かせません。日本の金融業界もデジタルトランスフォーメーションの取り組みが活発になってきており、大きな変革期にあります。個社の収益拡大・コスト削減につながる業務のデジタル化や新たなビジネスモデルの構築はもちろんのこと、今後は業界としての変革の取り組みにも携われる機会を作っていきたいと考えています。

Consulting Careers TOP

What I do

A day in my life

無理なくバランスの取れたワークスタイル
現在はお客様のオフィスに常駐しているため、基本的にはそちらに毎朝出社しています。プロジェクトのメンバーや、お客様の社員の方と日々コミュニケーションをとりながら、プロジェクトが円滑に進むよう取り組んでいます。日中は、同じお客様の別領域におけるご提案や、別案件に携わることもありますので、必要に応じて場所を移動し、お客様との面談や作業を行っています。夕方はインドやロンドンのチームとの会議に参加し、海外の動向や事例などの情報収集をする日もあります。プロジェクトの進捗状況によって日々の帰宅時間に差はありますが、基本的には無理なくバランスの取れたワーキングアワーとなっています。入社したばかりなので、自分に適したワークスタイルはまだ模索中ですが、自身の時間の使い方には常に気をつけています。

"長年携わった金融業界の変革に取り組みたいと考えたとき、アクセンチュアならこれまでとは異なった視点で業界を見ることができると感じました。"

My advice

その人に合ったキャリアをサポートする体制
アクセスできる知識や情報量が多く、それが常に更新されていくところにアクセンチュアの強みを感じます。専門知識や経験を持つ人が惜しみなくその知見を共有し合える環境とインフラが整っており、会社全体でお客様にとって最新かつ最善のソリューションを提供していく姿勢がモチベーションにつながっています。

また、入社して感心したことの一つに、一人一人の成長に対するサポート体制の厚さがあります。新卒入社ならまだしも、それなりの経験を持つ中途入社でも、自ら望んで行動に移せば、自身に合ったキャリア構築と成長をサポートしてくれる方々が周りにおり、日々の業務に関しても気軽に何でも聞ける環境を作ってくれています。初めての転職で、異業種かつ社員数の多い大組織に適応できるか不安に思うこともありましたが、このサポート体制のおかげで日々邁進しております。

Fumie T.

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る