アクセンチュアの受賞実績

日本におけるアクセンチュアの受賞実績を紹介します。

TOHOKU DX大賞 支援部門にて優秀賞を受賞

アクセンチュア・イノベーションセンター福島が推進する「データ駆動型スマートシティ」の実現へ向けた震災復興の取り組みが評価され、 東北経済産業局「TOHOKU DX 大賞」にて支援部門 優秀賞を受賞しました。 「TOHOKU DX 大賞」は、東北経済産業局が今年度創設した賞で、デジタル技術を駆使して DX に挑戦する企業や、DX に資する人材育成等の支援を積極的に展開する企業又は団体の取り組みのうち特に優れたものを表彰し、東北地域における DX を推進することを目的としたものです。

アクセンチュアは、2011年の震災以降、自治体、地元企業や大学などと一体になり、市民中心の「データ駆動型スマートシティ」実現に向けた取り組みを推進してきました。 市民自らが参加し、自身や地域のためにデータを提供するオプトイン型の「データ駆動型スマートシティ」モデルへの市民理解も進んでおり、地方分散における新たな地域経営モデルとして注目されています。今後も会津地域で作った実証モデルを地域活性化に貢献した上で、会津から全国へ展開を推進していきます。

アクセンチュア・イノベーションセンター福島について詳しくはこちら
スマートシティ関連サービスについて詳しくはこちら
「TOHOKU DX 大賞」について詳しくはこちら

TOHOKU DX大賞 支援部門にて優秀賞を受賞

インタラクティブがAgency of the Year 2021にて合計4部門で金賞を受賞

アジア太平洋地域において広告・コミュニケーション業界を牽引し優れた業務実績を残した企業を表彰する「2021年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー
」(Campaign Asia-Pacific誌主催)にて、アクセンチュア インタラクティブが日本・韓国部門の「ジャパン・デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」、「コンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー」、「Eコマース・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」、「エージェンシー・マーケター・パートナーシップ・オブ・ザ・イヤー」の金賞、 「ベスト・カルチャー」の銀賞を受賞したほか、ピープル部門でも4つの賞を受賞しました。

アクセンチュア インタラクティブは顧客体験を起点とした全社変革(Business of Experience)による企業価値の向上を支援しており、成果につながる取り組みの実績を評価されての受賞となりました。

<エージェンシー部門>
「ジャパン・デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」金賞(※3年連続4回目の受賞)
「コンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー」金賞(※3年連続受賞)
「Eコマース・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」(※2021年に新設)金賞
「エージェンシー・マーケター・パートナーシップ・オブ・ザ・イヤー」金賞
「ベスト・カルチャー」銀賞

<ピープル部門>
「ニュー・ビジネス・デベロップメント・チーム・オブ・ザ・イヤー」:インタラクティブ本部 マーケティングアドバイザリー チーム
「チャネル・エンゲージメントプランナー・オブ・ザ・イヤー」:インタラクティブ本部 シニア・マネジャー 真野壮司
「ストラテジック・ブランド・プランナー・オブ・ザ・イヤー」:Fjord Tokyo デザイン・ディレクター 柳太漢
「ヤング・ビジネス・リーダー・オブ・ザ・イヤー」:インタラクティブ本部 シニア・マネジャー 数野遼
「アカウント・パーソン・オブ・ザ・イヤー」ショートリスト入り:インタラクティブ本部 マネジャー 石井達郎

2022年版「働きがい認定企業」に選出

Great Place To Work 2022

「PRIDE指標2021」において6年連続「ゴールド」を受賞

アクセンチュアは、任意団体 work with Prideにより策定された「PRIDE指標2021」において、最高評価の「ゴールド」を2016年から6年連続で受賞しました。

PRIDE指標は、性的マイノリティに対する企業等の取り組みを評価する指標で、評価項目は「行動宣言」「当事者コミュニティ」「啓発活動」「人事制度・プログラム」「社会貢献・渉外活動」の5つです。そのすべての基準を満たした企業に「ゴールド」が授与されています。

アクセンチュアは、性的指向や性自認などの性的価値観を含むマイノリティな個性に対する障壁を取り除き、すべての社員にインクルーシブな環境を保障するための取り組みを推進しています。 詳しくはこちら

Work with pride 2021

「セブンマイルプログラム」が2021年度グッドデザイン賞を受賞

株式会社セブン&アイ・ホールディングスとアクセンチュア インタラクティブのデザインスタジオFjord Tokyoがサービスを共同開発したロイヤリティプログラム「セブンマイルプログラム」が、2021年度グッドデザイン賞を受賞しました。いつものお買い物に楽しみやワクワク感といった付加価値を与える体験を提供することを目指して設計された本プログラムは、多彩な店舗を横断しマイルを「ためる」・「つかう」体験にフォーカスしたシンプルなデザインに、世代・性別を問わずそれぞれの嗜好・ニーズに合わせたマイルの使い方ができる充実した特典をラインナップ。店舗を横断で利用するユーザーが増加し、年間の購買金額向上につながるというデザインの力でビジネス貢献を実現した点も評価されての受賞となりました。

Fjord Tokyoについて詳しくはこちら
2021年度グッドデザイン賞について詳しくはこちら(外部サイト)
株式会社セブン&アイ・ホールディングスのプレスリリースはこちら(外部サイト)
セブン&アイ・ホールディングス x Fjord Tokyo座談会記事はこちら(外部サイト)

Seven mile program

みんなの銀行のモバイルアプリケーションが2021年度グッドデザイン賞を受賞

株式会社みんなの銀行とアクセンチュア インタラクティブのデザインスタジオFjord Tokyoが共同開発したみんなの銀行のモバイルアプリケーションが、2021年度グッドデザイン賞を受賞しました。みんなの銀行は、デジタルネイティブ世代をターゲットユーザーに設定しアプリケーション完結型のユニークで新しい銀行体験を実現。お金の管理や支払いを極力までシンプルにしたこと、分かりやすさを重視したミニマルでモダンなプロダクトUI設計等が評価されての受賞となりました。

Fjord Tokyoについて詳しくはこちら
2021年度グッドデザイン賞について詳しくはこちら(外部サイト)
株式会社みんなの銀行のプレスリリースはこちら(外部サイト)
みんなの銀行 x Fjord Tokyo対談記事はこちら(外部サイト)

株式会社みんなの銀行とアクセンチュア インタラクティブのデザインスタジオFjord Tokyoが共同開発したみんなの銀行のモバイルアプリケーションが、2021年度グッドデザイン賞を受賞しました。みんなの銀行は、デジタルネイティブ世代をターゲットユーザーに設定しアプリケーション完結型のユニークで新しい銀行体験を実現。お金の管理や支払いを極力までシンプルにしたこと、分かりやすさを重視したミニマルでモダンなプロダクトUI設計等が評価されての受賞となりました。

ALB Japan Law Awards 2021

Asian Legal Businessが主催する「ALB Japan Law Awards 2021」にて、アクセンチュアの法務本部が最も優れた企業内法務チームを表彰するJapan In-House Team of the Yearおよび最もイノベーティブな企業内法務チームを表彰するInnovative In-House Team of the Yearを受賞しました。
また、取締役執行役員 法務本部 本部長 弁護士・ニューヨーク州弁護士 竹田 絵美が、最も優れた企業内弁護士を表彰するIn-House Lawyer of the Yearを個人として受賞し、3部門にて最高賞を同時受賞致しました。

法務本部を統括する取締役執行役員 法務本部 本部長 弁護士・ニューヨーク州弁護士 竹田 絵美は下記のように述べています。
「今回3つの賞を受賞できたことを大変嬉しく思います。私たち法務本部は、アクセンチュアが掲げる高い水準の倫理規定を守り、法務領域におけるインハウスの専門家かつ戦略的ビジネスパートナーとして、日々、各部門やプロジェクトと密に連携をして仕事をしております。今後も高い水準の倫理規定を守りながら、幅広い業界のお客様とのイノベーション共創を法務面でサポートしていきます。」

<企業内チームカテゴリー>
Japan In-House Team of the Year:アクセンチュア株式会社 法務本部
Innovative In-House Team of the Year:アクセンチュア株式会社 法務本部

<個人カテゴリー>
In-House Lawyer of the Year:アクセンチュア株式会社 取締役執行役員 法務本部 本部長 弁護士・ニューヨーク州弁護士 竹田 絵美

詳しくはこちら

ALB Japan Law Awards 2021 winner

Oracle Certification Award 2021

日本オラクル株式会社がオラクル認定資格取得者を数多く育成した企業を表彰するOracle Certification Award 2021において、アクセンチュアはOracle Cloud Applications (SaaS) 認定資格部門で1位、Oracle Cloud Platform (PaaS/OCI) 認定資格部門で4位を受賞しました。 詳しくはこちら

Oracle Certification Award 2021 - Oracle Cloud Applications (SaaS)

Microsoft Japan Partner of the Year 2021

マイクロソフト ジャパンが日本のパートナー企業を対象に、この 1 年で特に優れた実績を築き上げ、お客様からの厚い信頼を獲得したパートナーに授与するMicrosoft Japan Partner of the Year 2021において、アクセンチュアとアバナードはDynamics 365 Supply Chain Management & Finance アワードを受賞しました。Microsoft Dynamics 365 Supply Chain Management and Finance を基盤にした革新的で独自性のあるソリューションが評価されました。詳しくはこちら

マイクロソフト ジャパン パートナー オブ ザ イヤー 2021

Fjord Tokyoがデザインを共同開発、みんなの銀行が「Red Dot Design Award 2021」受賞

株式会社みんなの銀行が、国際的に権威のあるデザイン賞「Red Dot Design Award 2021」で日本の企業・団体としては初となる「Brand of the Year」(最優秀賞)を受賞しました。コミュニケーションデザイン部門(アプリケーション)の「Best of the Best」(年間最高賞)ならびにコミュニケーションデザイン部門(ブランドデザイン&アイデンティティ)の「Red Dot」も受賞し、3部門での同時受賞となります。

本プロジェクトでデザインを共同開発したアクセンチュア インタラクティブのデザインスタジオFjord Tokyo共同統括 グループ・デザイン・ディレクタ-であるエドアルド・クランツは次のように述べています。
「利用者の体験を起点に、サービスそして銀行自体をブランディングするという画期的な取り組みが認められ、世界三大デザイン賞の一つと言われるRed Dot Design Awardの受賞につながったことを大変うれしく思います。Fjord Tokyoは、『日本の生活をより良くする』という情熱を持ち、世界中から集まったデザイナー集団です。これからもお客様企業と共に、日本の生活者にとって有意義で持続的な体験を創出していきます。」

Fjord Tokyoについて詳しくはこちら
Red Dot Design Award 2021について詳しくはこちら(外部サイト)
株式会社みんなの銀行のプレスリリースはこちら(外部サイト)

株式会社みんなの銀行

MuleSoft Partner of the Year Awards

優れた成果や実績を挙げたパートナー企業に授与されるMuleSoft Partner of the Year Awardsにおいて、アクセンチュアはJAPAC Growth Partner of the Year 2021の2年連続受賞のみならず、日本地域における MuleSoft ビジネスへの際立った貢献が評価され本年度から新設されたJAPAN Partner of the Year Awardの受賞 との2冠を達成致しました。

MuleSoft Channels and Alliances-JAPAC Regional Vice President Jim Fisher様より下記コメントを頂戴しております。

Jim Fisher氏からのコメント】
The JAPAN Partner of the Year award recognizes the partner who made the greatest market impact in Salesforce’s FY21 based on ACV and practice development in Japan.

The JAPAC Growth Partner of the Year award recognizes the partner that achieved the highest growth in their MuleSoft business in terms of training, certifications, new customer opportunities and project implementation. Indeed it is the second year in a row that Accenture has won this award which is a magnificent achievement.

On behalf of MuleSoft’s leadership team and the partner team - congratulations and thank you for all your engagement with us over the last twelve months.

Jim Fisher, RVP - Channels and Alliances – APAC“

Japan Partner of the Year Accenture

Droga5、Ad Age誌が発表するAgency A-ListのAgency of the Year 2021に選出

アクセンチュア インタラクティブ傘下の世界的なクリエイティブエージェンシーDroga5(ドロガ ファイブ)が、Ad Age誌が優れたクリエイティビティで業界を新たな方向に導くような著しい活躍をしたエージェンシーを評価するAgency A-ListにおいてAgency of the Year 2021に選出されました。

Droga5は2021年5月に東京オフィスを開設し、ビジネスの全領域にクリエイティブを掛け合わせることで統一されたブランド体験を創出する支援体制を強化しました。

Droga5 Tokyoについて詳しくはこちら

Salesforce Partner Award 2021

セールスフォース・ドットコムが、国内 500 社以上のパートナー企業の中から優れた成果を挙げた企業に授与するSalesforce Partner Award 2021において、アクセンチュアは4年連続でBest Partner of the yearを受賞しました。

Best Partner of the year(セールスフォース・ドットコムからのコメント)
今年で4年連続の受賞となるアクセンチュア様は、2020年度において、Financial Services CloudSalesforce Field ServiceなどのインダストリーソリューションおよびMulesoftTableauなどの新製品への投資、資格者数の拡大などを積極的に実施することで、金融・メディア業界での大手のお客様における案件を多数クローズされ、FY21でも最も売り上げに貢献いただきました。詳しくはこちら

Best Partner of the year: アクセンチュア株式会社

「共働き子育てしやすい企業ランキング」3位

日経DUALが独自の指標で集計する2021年版「共働き子育てしやすい企業ランキング」でアクセンチュアは3位にランクインしました。

2015年に開始した組織風土および働き方の改革「Project PRIDE」や2006年から取り組んでいるインクルージョン&ダイバーシティの活動を継続的に推進してきたことが評価され、今回の受賞につながりました。

アクセンチュアではワーキング・ペアレンツをサポートする制度、プログラムを整備し、ライフステージによって働き方を選択できるような環境作りを推進しています。

福利厚生・制度・手当の詳細はこちら

インタラクティブ、Ad Age誌のAgency Reportで世界最大のデジタル・エージェンシー・ネットワークに6年連続で選出

アクセンチュア インタラクティブが、Ad Age誌が発行する最新のAgency Reportで世界最大のデジタル・エージェンシーであると6年連続で評価されました。「Agency Report 2021」のランキングは、2020年の全世界および米国におけるエージェンシーやエージェンシー・ネットワーク400社以上の売上高を基に作成しています。アクセンチュア インタラクティブの2020年度(2020年8月31日期末)の世界全体での売上高は、前年比3.5%増の106億ドル以上で、デジタル・エージェンシー・ネットワークの中で世界最大となりました。

アクセンチュア インタラクティブのグループ最高経営責任者であるブライアン・ウィップル(Brian Whipple)は、次のように述べています。「パンデミックによって先行きが不透明だったこの1年間、アクセンチュア インタラクティブは、生活者の新しい生活様式・ニーズに対応した体験を創造することで、お客様の持続的な成長を支援してきました。今回の受賞によって、クリエイティビティとテクノロジーの融合による、顧客体験の根本的な再構築が求められていることが証明されました。2020年は、ブランドが製品やサービスを見直し、顧客との関わり方を一から再構築した年でしたが、このような傾向は今後も続いていくでしょう」

アクセンチュア インタラクティブのランキング結果は以下の通りです。 
「世界のデジタル・エージェンシー・ネットワーク トップ15」第1位
「世界の総合エージェンシー・ネットワーク トップ25」第1位
「世界のエージェンシー企業 トップ25」第4位

詳しくはこちら(英語)
プレスリリースはこちら

「女性が活躍する会社BEST100」総合ランキング1位

2021年版「女性が活躍する会社BEST100」においてアクセンチュアが総合1位に選出されました。部門別ランキング「管理職登用度」でも2位にランクインし、どちらも2020年の結果からランクアップとなりました。

アクセンチュアは2006年から経営・人事・現場が一体となって女性の採用強化や継続意欲の維持・向上、女性リーダーの継続的な輩出、男女に共通するワーキングペアレンツ支援制度など、さまざまな取り組みを続けてきました。また、2015年からは組織風土および働き方の改革「Project PRIDE」を推進し、全社員が自信と誇りを持てる組織づくりを目指してきました。このような活動の積み重ねが評価され、今回の受賞につながりました。

今後も社員一人ひとりが持つ能力を最大限に発揮できる職場環境づくりを推進し、真の平等の実現に向けてお客様やステークホルダー、社会を巻き込んで取り組みを加速させていきます。

プレスリリースはこちら

SAP Award of Excellence 2021

アクセンチュアはSAPジャパン株式会社がSAPソリューションの導入実績などで優れた実績を残したパートナー企業に授与するアワード「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2021」で、以下の3つの賞を受賞しました。
詳しくはこちら

<プロジェクト・アワード>
最優秀賞「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」
「任天堂株式会社様プロジェクト」
授賞理由:SAP S/4HANAを最大活用する業務改革を遅滞なく推進したこと、SAP® Billing and Revenue Innovation Management(※)による実績連動の版権料計算、SAP® Business Planning and Consolidation(SAP BPC)によるグローバルデータ分析等、独創的で変化の速いビジネスを支える基盤を実現したことを高く評価。 ※旧SAP® Hybris® Billing

<サービス・パートナー部門>
「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」
授賞理由:サービス・パートナーとして、2020年の新規SAPライセンス売上げ、プロジェクトの実行において最高位の実績を上げられたこと、また、戦略インダストリーにおいて卓越したソリューション提供に貢献されたことを高く評価。

<チャネル・パートナー部門>
「ザ・トップ・マネージドクラウド・パートナー・アワード」
授賞理由:SAPソリューションを活用したクラウドサービスでお客様の新規事業支援を長年継続し、並びに、地方中堅規模のお客様へSAP S/4HANAの共同運用モデルを提供開始していることを高く評価。

2021年「働きがいのある会社」ランキングで14位に

Best Workplaces ™ Great Place To Work® JAPAN 2021
ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで