アクセンチュアの受賞実績

日本におけるアクセンチュアの受賞実績を紹介します。

Droga5、Ad Age誌が発表するAgency A-ListのAgency of the Year 2021に選出

アクセンチュア インタラクティブ傘下の世界的なクリエイティブエージェンシーDroga5(ドロガ ファイブ)が、Ad Age誌が優れたクリエイティビティで業界を新たな方向に導くような著しい活躍をしたエージェンシーを評価するAgency A-ListにおいてAgency of the Year 2021に選出されました。

Droga5は2021年5月に東京オフィスを開設し、ビジネスの全領域にクリエイティブを掛け合わせることで統一されたブランド体験を創出する支援体制を強化しました。

Droga5 Tokyoについて詳しくはこちら

Salesforce Partner Award 2021

セールスフォース・ドットコムが、国内 500 社以上のパートナー企業の中から優れた成果を挙げた企業に授与するSalesforce Partner Award 2021において、アクセンチュアは4年連続でBest Partner of the yearを受賞しました。

Best Partner of the year(セールスフォース・ドットコムからのコメント)
今年で4年連続の受賞となるアクセンチュア様は、2020年度において、Financial Services CloudSalesforce Field ServiceなどのインダストリーソリューションおよびMulesoftTableauなどの新製品への投資、資格者数の拡大などを積極的に実施することで、金融・メディア業界での大手のお客様における案件を多数クローズされ、FY21でも最も売り上げに貢献いただきました。詳しくはこちら

Best Partner of the year: アクセンチュア株式会社

「共働き子育てしやすい企業ランキング」3位

日経DUALが独自の指標で集計する「共働き子育てしやすい企業ランキング」でアクセンチュアは3位にランクインしました。

2015年に開始した組織風土および働き方の改革「Project PRIDE」や2006年から取り組んでいるインクルージョン&ダイバーシティの活動を継続的に推進してきたことが評価され、今回の受賞につながりました。

アクセンチュアではワーキング・ペアレンツをサポートする制度、プログラムを整備し、ライフステージによって働き方を選択できるような環境作りを推進しています。

福利厚生・制度・手当の詳細はこちら

インタラクティブ、Ad Age誌のAgency Reportで世界最大のデジタル・エージェンシー・ネットワークに6年連続で選出

アクセンチュア インタラクティブが、Ad Age誌が発行する最新のAgency Reportで世界最大のデジタル・エージェンシーであると6年連続で評価されました。「Agency Report 2021」のランキングは、2020年の全世界および米国におけるエージェンシーやエージェンシー・ネットワーク400社以上の売上高を基に作成しています。アクセンチュア インタラクティブの2020年度(2020年8月31日期末)の世界全体での売上高は、前年比3.5%増の106億ドル以上で、デジタル・エージェンシー・ネットワークの中で世界最大となりました。

アクセンチュア インタラクティブのグループ最高経営責任者であるブライアン・ウィップル(Brian Whipple)は、次のように述べています。「パンデミックによって先行きが不透明だったこの1年間、アクセンチュア インタラクティブは、生活者の新しい生活様式・ニーズに対応した体験を創造することで、お客様の持続的な成長を支援してきました。今回の受賞によって、クリエイティビティとテクノロジーの融合による、顧客体験の根本的な再構築が求められていることが証明されました。2020年は、ブランドが製品やサービスを見直し、顧客との関わり方を一から再構築した年でしたが、このような傾向は今後も続いていくでしょう」

アクセンチュア インタラクティブのランキング結果は以下の通りです。 
「世界のデジタル・エージェンシー・ネットワーク トップ15」第1位
「世界の総合エージェンシー・ネットワーク トップ25」第1位
「世界のエージェンシー企業 トップ25」第4位

詳しくはこちら(英語)
プレスリリースはこちら

「女性が活躍する会社BEST100」総合ランキング1位

2021年版「女性が活躍する会社BEST100」においてアクセンチュアが総合1位に選出されました。部門別ランキング「管理職登用度」でも2位にランクインし、どちらも2020年の結果からランクアップとなりました。

アクセンチュアは2006年から経営・人事・現場が一体となって女性の採用強化や継続意欲の維持・向上、女性リーダーの継続的な輩出、男女に共通するワーキングペアレンツ支援制度など、さまざまな取り組みを続けてきました。また、2015年からは組織風土および働き方の改革「Project PRIDE」を推進し、全社員が自信と誇りを持てる組織づくりを目指してきました。このような活動の積み重ねが評価され、今回の受賞につながりました。

今後も社員一人ひとりが持つ能力を最大限に発揮できる職場環境づくりを推進し、真の平等の実現に向けてお客様やステークホルダー、社会を巻き込んで取り組みを加速させていきます。

プレスリリースはこちら

SAP Award of Excellence 2021

アクセンチュアはSAPジャパン株式会社がSAPソリューションの導入実績などで優れた実績を残したパートナー企業に授与するアワード「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2021」で、以下の3つの賞を受賞しました。
詳しくはこちら

<プロジェクト・アワード>
最優秀賞「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」
「任天堂株式会社様プロジェクト」
授賞理由:SAP S/4HANAを最大活用する業務改革を遅滞なく推進したこと、SAP® Billing and Revenue Innovation Management(※)による実績連動の版権料計算、SAP® Business Planning and Consolidation(SAP BPC)によるグローバルデータ分析等、独創的で変化の速いビジネスを支える基盤を実現したことを高く評価。 ※旧SAP® Hybris® Billing

<サービス・パートナー部門>
「ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード」
授賞理由:サービス・パートナーとして、2020年の新規SAPライセンス売上げ、プロジェクトの実行において最高位の実績を上げられたこと、また、戦略インダストリーにおいて卓越したソリューション提供に貢献されたことを高く評価。

<チャネル・パートナー部門>
「ザ・トップ・マネージドクラウド・パートナー・アワード」
授賞理由:SAPソリューションを活用したクラウドサービスでお客様の新規事業支援を長年継続し、並びに、地方中堅規模のお客様へSAP S/4HANAの共同運用モデルを提供開始していることを高く評価。

2021年「働きがいのある会社」ランキングで14位に

「PRIDE指標2020」において5年連続「ゴールド」を受賞

アクセンチュアは、任意団体 work with Prideにより策定された「PRIDE指標2020」において、最高評価の「ゴールド」を2016年から5年連続で受賞しました。

PRIDE指標は、性的マイノリティに対する企業等の取り組みを評価する指標で、評価項目は「行動宣言」「当事者コミュニティ」「啓発活動」「人事制度・プログラム」「社会貢献・渉外活動」の5つです。そのすべての基準を満たした企業に「ゴールド」が授与されています。

アクセンチュアは、性的指向や性自認などの性的価値観を含むマイノリティな個性に対する障壁を取り除き、すべての社員にインクルーシブな環境を保障するための取り組みを推進しています。 詳しくはこちら

インタラクティブがAgency of the Year 2020にて金賞5つ&銀賞1つ受賞

アジア太平洋地域において広告・コミュニケーション業界を牽引し優れた業務実績を残した企業を表彰する「2020年エージェンシー・オブ・ザ・イヤー賞」(Campaign Asia-Pacific主催)にて、アクセンチュア インタラクティブが日本・韓国部門の「ジャパン・デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」及び「コンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー」にて金賞を受賞したほか、ピープル部門でも金賞を3つ、「ベスト・カルチャー」で銀賞を受賞しました。

アクセンチュア インタラクティブは顧客体験を起点としたイノベーション創出やビジネス変革(Business of Experience)に取り組んでおり、こうした取り組みの実績が今回の受賞結果に反映されています。

<エージェンシー部門>
「ジャパン・デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」金賞: アクセンチュア インタラクティブ
「コンサルタンシー・オブ・ザ・イヤー」金賞: アクセンチュア インタラクティブ
「ベスト・カルチャー」銀賞: アクセンチュア インタラクティブ

<ピープル部門>
「チャネル・エンゲージメント・プランナー・オブ・ザ・イヤー」金賞: アクセンチュア インタラクティブ マネジャー 梶川智子
「ニュー・ビジネス・デベロップメント・チーム・オブ・ザ・イヤー」金賞: エクスペリエンス アーキテクト チーム
「ヤング・ビジネス・リーダー・オブ・ザ・イヤー」金賞: アクセンチュア インタラクティブ シニア・マネジャー 小町洋子

The HERoes Women Role Model Lists 2020に2名選出!

女性の活躍を応援し、ジェンダー多様性のための変革を推進する世界のリーダーたちを紹介する「The HERoes Women Role Model Lists 2020」(Yahoo Financeイギリス)に、アクセンチュア ジャパンから2名が選ばれました。

女性がより働きやすい環境を推進するリーダーの「Advocates」部門では、社長の江川昌史が、職場でのジェンダーの多様性に大きく貢献する女性リーダーの「Women Future Leaders」部門では、テクノロジー コンサルティング本部の市本真澄がそれぞれ選ばれました。

アクセンチュア ジャパンではすべての社員にとって働きやすい環境を目指し、ジェンダー、障がいのある方、LGBTQ、クロスカルチャーの領域で活動を行っています。

これからも4つのイニシアチブ全体で、真のEqualityを実現すべく取り組みを加速させていきます。

The HERoes Women Role Model Lists 2020

リフィニティブの「ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス」で世界第3位に選出

アクセンチュアは、多様性と受容性に富んだ職場環境を持つ上場企業100社を認定するリフィニティブの2020年「ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス」(以下D&I指数)において、世界第3位に選出されました。D&I指数は同社のESG(環境・社会・ガバナンス)データをもとに算出され、アクセンチュアがトップ100に選出されたのは今回で5年連続となります。

アクセンチュアでは、インクルージョンとダイバーシティへの揺るぎないコミットメントがイノベーションを生み出し、誰もが平等にキャリアを築く機会がある文化を提供しています。アクセンチュアでは年齢、障がいの有無、民族、性別、性的指向や性自認、宗教などの違いにより差別されることがあってはならないと考えており、特にジェンダー、LGBTQ、障がいのある方、クロスカルチャーのダイバーシティに関する課題に重点的に取り組んでいます。

プレスリリースはこちら

Refinitiv Top 100 Company 2020 Diversity and Inclusion Index

Oracle Certification Award 2020

日本オラクル株式会社がオラクル認定資格取得者を数多く育成した企業を表彰するOracle Certification Award 2020において、アクセンチュアはOracle Cloud Applications (SaaS) 認定資格部門の第1位を受賞しました。
詳しくはこちら。

第33回日経ニューオフィス賞

日本経済新聞社とニューオフィス推進協会が快適で機能的なオフィスを表彰する「第33回日経ニューオフィス賞」にて、アクセンチュア・イノベーションセンター福島が以下2つの賞を受賞しました。 アクセンチュアとしては、3年連続でのニューオフィス推進賞受賞となります。

  • ニューオフィス推進賞
  • 東北ニューオフィス推進賞<東北経済産業局長賞>

詳しくはこちら

アクセンチュア・イノベーションセンター福島は、2019年4月に、福島県会津若松市内のICTオフィスビル「スマートシティAiCT(アイクト)」に移転し、先端テクノロジーを国内外に発信する拠点として拡張しました。

会津地域での先行実証を行い、その成果を全国に展開することで、地方が抱える課題を解決する地方創生モデルの構築を進めています。

Microsoft Japan Partner of the Year 2020

マイクロソフト ジャパンが日本のパートナー企業を対象に、この 1 年で特に優れた実績を築き上げ、お客様からの厚い信頼を獲得したパートナーに授与するMicrosoft Japan Partner of the Year 2020において、アクセンチュアとアバナードはDynamics Finance & Operations アワードを受賞しました。Dynamics 365 for Finance and Operations を採用した、優れたソリューションやサービスの構築、開発、提供が評価されました。詳しくはこちら

SAP Award of Excellence 2020


アクセンチュアはSAPジャパン株式会社がSAPソリューションの導入実績などで優れた実績を残したパートナー企業に授与するアワード「SAP AWARD OF EXCELLENCE 2020」で、以下の2つの賞を受賞しました。
詳しくはこちら

<プロジェクト・アワード>
「株式会社アークス様:システム統合基盤構築プロジェクト」
授賞理由:SAP導入事例が少ない日本の食品スーパーマーケット業界において、M&Aで業容を拡大してきた8社連合の会社に対して、トランスフォーメーションのプラットフォーム(システム統合基盤)を導入するという難易度の高いプロジェクトをビッグバンアプローチで稼働に導いたことを高く評価。

<ザ・ベスト・サービス・パートナー・アワード>
授賞理由:サービス・パートナーとして、2019年の新規SAPライセンス売上げ、プロジェクトの実行において最高位の実績を上げたこと、また、戦略インダストリーにおいて卓越したソリューション提供に貢献したことを高く評価。

MuleSoft Partner of the Year Awards


優れた成果や実績を挙げたパートナー企業に授与されるMuleSoft Partner of the Year Awardsにおいて、アクセンチュアはAPAC 地域における MuleSoft ビジネスへの貢献が評価され、JAPAC Growth & Emerging Partner of the Year 2020を受賞しました。

MuleSoft Channels and Alliances-JAPAC Regional Vice President Jim Fisher様より下記コメントを頂戴しております。

Accenture has won the MuleSoft award for Growth Partner of the Year award for FY20 (Feb 1 2019 to Jan 31 2020).

This is a highly prized award in the MuleSoft Partner community and is a reflection of the enormous growth in the Accenture business both in business jointly won by Accenture and MuleSoft as well as the growth of the MuleSoft practice within Accenture.

Accenture has traditionally been one of MuleSoft's largest partners in the region and this award has them in a great position to challenge for the largest Partner across Asia Pacific and Japan.

The Accenture / MuleSoft business grew very rapidly during FY20 across Australia and New Zealand and Asia. The growth in Japan was the fastest of any partner anywhere in the world and Accenture is now clearly MuleSoft's biggest Partner in the Japanese market.

MuleSoft is proud to have Accenture as one of our major partners and we are both jointly looking forward to a fantastic year in FY21.

Jim Fisher - RVP - MuleSoft Channels and Alliances - JAPAC

MuleSoft

Salesforce Partner Award 2020

セールスフォース・ドットコムが、国内 500 社以上のパートナー企業の中から優れた成果を挙げた企業に授与するSalesforce Partner Award 2020において、アクセンチュアは2つの賞を受賞しました。詳しくはこちら

Best Partner of the year

長年Salesforceビジネスを積極的に取り組み、その中でもエンジニア育成においてはSalesforce認定資格の延べ資格数は約1,500個、認定資格者数も400以上と日本No.1となり、また、Salesforce エコシステム全体への貢献活動にも積極的に参画し、日本市場におけるSalesforceビジネスの拡大に貢献したことが評価されました。 なお、Best Partner of the Yearの受賞は今年で3年連続となります。

Trailhead of the Year (Personal)

受賞者:アクセンチュア株式会社 松本 良将
セールスフォース・ドットコムが提供する学習システムTrailHeadにおいて、2019年2月1日から2020年1月31日の1年間でもっとも多くの731個のバッジを取得したことが評価されました。

Salesforce Partner Summit 2020 Online

インタラクティブ、AdAge誌のAgency Reportで世界最大のデジタル・エージェンシー・ネットワークに5年連続で選出

アクセンチュア インタラクティブが、Ad Age誌が発行する最新のAgency Reportで世界最大のデジタル・エージェンシーであると5年連続で評価されました。「Agency Report 2020」のランキングは、広告エージェンシーやマーケティング・サービス・エージェンシーを対象に、2019年度の全世界および米国での売上高に基づいています。アクセンチュア インタラクティブのグローバル最高経営責任者(CEO)を務めるブライアン・ウィップル(Brian Whipple)は選出に際して次のように述べています。「今、私たちがこれまでの働き方や生き方を根本から見直す必要に迫られていることは間違いありません。将来を正確に知ることは不可能ですが、私はこれまで以上に、目的を持ったイノベーションを中心に据えたビジネスの重要性に注目しています。私たちをパートナーとして信頼してくださっているお客様に感謝いたします。この1年で成し遂げた仕事を誇りに思うと同時に、お客様と世界のためにこれからさらに貢献してまいります。」詳しくはこちら

Ad Age Agency Report 2020, 15 largest digital networks

Entire contents copyright by Crain Communications Inc. All rights reserved.

Teradata Partner Award 2020のPartner of the Yearを受賞

データ・アナリティクス・ソフトウェアのリーディング・プロバイダーである日本テラデータ株式会社が特に優れた実績を挙げたパートナー企業を表彰する「Teradata Partner Award 2020」において、最上位の賞であるPartner of the Yearを受賞しました。同社と共同で提案したデータ・アナリティクス基盤ソフトウェアを活用する公共サービス分野のデジタルトランスフォーメーションの推進が、最も重要なビジネス成果を達成したとして評価され受賞に至りました。詳しくはこちら

teradata

日経WOMAN「女性が活躍する会社Best100」総合2位

2020年版「女性が活躍する会社BEST100」でアクセンチュアが総合2位にランクインしました。

アクセンチュアは2006年からJapan Women’s Initiativesという女性の活躍を推進する活動を始め、女性の採用強化、継続意欲の維持・向上だけではなく、女性リーダーを継続的に輩出していくことを目指してきました。

グローバルと連携した研修制度や様々な人事施策、ワーキングペアレンツを支える制度、女性管理職数の継続的な増加などが総合的に評価され、今回の受賞につながりました。

アクセンチュアは全ての社員にとって平等な環境を目指し、これからもその活動を加速させていきます。

Accenture getting to equal

AWS Partner Network Award 2019

優れた成果や実績を挙げたパートナー企業に授与される、AWS Partner Network Award 2019にて、 アクセンチュアは「APN Social Impact Partner of the Year」「APN Competency Partner of the Year -Migration-」の2つを受賞しました。 世の中の課題をテクノロジーで変えるコンサルティングサービスや技術製品を提供し、社会的インパクトを残したこと、また移行(Migration)の複雑なプロジェクト、検出、計画、移行、および運用のすべての段階を通じて、ビジネスの AWS への移行をサポートした優れた功績がそれぞれ評価されて受賞に至りました。 詳しくはこちら

(左から)アクセンチュア株式会社 テクノロジーコンサルティング本部 シニア・マネジャー 兼 AABG Japan Go-to-Market Lead 関 良太、 アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナーアライアンス統括本部 執行役員 統括本部長 渡邉 宗行様

UiPath Partner Awards 2019

アクセンチュアは、UiPath社のビジョンである「A Robot for Every Person(ロボット・フォー・エブリパーソン:一人一台ロボットを扱う環境)」に取り組み、UiPath社と共に、世の中へメッセージを発信し、協業を加速したパートナーに授与される「A Robot for Every Person Award」を受賞しました。 2019年よりA Robot for Every Personの実現のために、ホワイトカラーの現場におけるロボットの活用についての試行を開始したことが評価されました。

(左から) UiPath株式会社 代表取締役 Chief Executive Officer 長谷川 康一様、アクセンチュア株式会社 常務執行役員 テクノロジーコンサルティング本部 統括本部長 土居 高廣.

過去の受賞実績

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで