Skip to main content Skip to footer

アクセンチュア独自の働き方改革「Project PRIDE」

コア・バリューに深く根ざす「人を活かす職場づくり」

アクセンチュアの課題意識

Project PRIDEが目指す姿

体制

実践

日本における数々の施策例

(1)方向性の提示と継続的な効果測定

【方向性提示】

  • 社長や役員からのメッセージで、経営上最優先課題であることを周知
  • 社員が誤解しがちなポイントについて役員から徹底メッセージ
  • Project PRIDEの概要や”目指す姿”をビデオ等を用いて全社に共有
  • 経営トップがリーダーとなり、専門コンサルタントが参画
  • 働き方改革を強力に推進するプロジェクト体制の強化

【効果測定】

  • 徹底的な数値化を行い、各種モニター指標を設定、PDCAのサイクルを構築
  • 残業時間や有休取得率など約10項目をモニタリング、PRIDE Dashboard
  • 浸透状況調査「PRIDE Survey」を、全社員へ半年ごとに実施
  • 目指す姿と課題を照らし合わせ、「PRIDE Survey」の設問を定期的に見直し
  • 「PRIDE Survey」の結果をもとに改善アクションを策定・実行
  • 「PRIDE Update」を定期的に配信、各部門のアクションや進捗を共有

(2)リーダーのコミットメント

  • 本部長全員が、各現場のヒアリングや定量調査に基づき、プランを発表(「定型サービスのシェアードサービス化」「年間のトレーニング100時間/人」「組織を越えたコミュニケーションの場創り」など)
  • 毎月経営会議で「個人別労働時間の実績・予測レポート」に基づき議論。
  • 各本部長がプロジェクトや個人に対してアクション。さらに、各職場単位でのPRIDEの運営体制を強化
  • 各本部のチェンジ・エージェントが、各本部の現状とアクション・プランを自組織の本部長と共有
  • 各プロジェクトのPRIDE推進担当者が、課題に対してPDCAを回して改善
  • 改善が急がれる現場には、本部長やチェンジ・エージェントが直接訪問し、実態をヒアリング。(ヒアリングに際し、ガイドラインを用意)現場リーダーと解決策を協議
  • クライアントへの提案からプロジェクトの開始・終了まで、段階に応じて押さえておきたいポイント(タスク管理、顧客折衝、人のケア等)を集約・展開
  • リーダークラスに対しPRIDEの課題や働き方の好事例、リーダーへの期待等を定期的に共有

(3)仕組み化、テクノロジー活用

【仕組み化:ルールの徹底/コラボレーション】

  • ハラスメント抑止に向けたルールの周知徹底・厳格化、研修の拡充、社外窓口設置
  • 残業の適用ルールを厳格化、18時以降の会議原則禁止
  • 短日・短時間制度の導入、在宅勤務制度の全社展開
  • 生産性の高い社員により報いるための給与制度の改定
  • 働きやすい環境作りに向けた管理職研修の義務化
  • コラボレーション促進を目的としたオフィス設計
  • PRIDEを実践している優れた社員およびプロジェクトの表彰制度
  • 本部長選りすぐりの案件を集めたBest Projectサイトを設置

【テクノロジー活用:業務効率化/価値向上】

  • PRIDE Tool Box:生産性向上に繋がるツールやコツを提供
  • 管理業務効率化のチャットボット、プロジェクト概要登録の自動化RPAの開発
  • 生産性向上に長けた社員から学ぶ「時間の達人ショートVTRシリーズ」
  • グローバル60万人超の社員の知見と事例が集積されたデータベースの活用促進
  • PRIDEポータルサイト強化:目指す姿や好事例などPRIDEに関する情報を掲載
  • 全社員と遠隔でもコラボレーション可能なツールの徹底活用

(4)文化・風土の定着化

  • 大切な人へ“感謝”を伝えるキャンペーン。メッセージを本人へ伝達、動画も制作
  • 30 Days Challenge:コミュニケーション強化月間で啓蒙メッセージを全社配信
  • 定時退社奨励や有給休暇取得推進活動の実施
  • PRIDE川柳キャンペーン:社員の気づきを投稿・表彰。優秀作品をカップに印刷
  • 生産性向上や価値を高める働き方等の具体事例をシリーズ記事「挑戦者たち」、「The INNOVATORS」 、「PRIDEリレー」で展開
  • 社員の声を元に「ビジネスマナー基本の10か条」、「リモートワークの心得10か条」などを作成し、展開
  • PRIDEで目指す姿や生産性向上の具体事例や有用なツール等をまとめたPlay book」を展開
  • 経営トップを中心に、PRIDEの課題を社員と双方向で考え、語るWebcast「PRIDE TV」を放映
  • 社員の“本音”をダイレクトに伝える新聞スタイルの社内報Voice Picks」を全社へ定期配信
  • 社内外で積極的にコラボレーションしながら価値を創出するロールモデルとしてPRIDE5を結成、全社に事例とともに展開
  • リモートワークが続く中の孤独や閉塞感の解消、コラボ促進のため日頃の“感謝”を伝えるe-cardの利用促進や「オンラインコミュニケーション事例集」を展開

Project PRIDEの効果・実績

残業減少

1人あたり
1日平均1時間に
※管理職未満

離職率低下

実施前の約半分に

女性比率向上

22.1% → 36.5%*へ
新卒の女性採用比率:53.9%*
女性管理職比率:17.8%*
*2021年9月時点

全社員調査「PRIDE サーベイ」結果より

87

「プロフェッショナルに相応しいビジネスマナーを実践」

66

「職場は、関心を寄せあい、誰もが安心して話せる雰囲気」

67

「限られた時間で成果を出す意識が浸透」

61

「仕事とプライベートの時間をバランスさせて、公私とも充実」

59

「働き方を見直している」

社員からのコメント一例

生産性向上の具体事例

変化

レビューの極意は、本質に絞って突っ込む。 ~自身と部下の“成長”と“時間”を両立するために~。続きを読む

育成

上司は和尚?!ビジネススキルよりも大事なことがある。 ~“人間力強化”に力をいれる、なにわのプロジェクトリーダー~。続きを読む

プロフェッショナリズム

プロフェッショナリズムを創り出すのは、仕事だけじゃないー。 将棋を通して得た、“先読みする力”と“決断力”。続きを読む

若手/成長①

Tech Star ~社内表彰制度で選ばれた1%の若手精鋭が語る~【前編】。続きを読む

若手/成長②

Tech Star ~社内表彰制度で選ばれた1%の若手精鋭が語る~【後編】。続きを読む

受賞実績

GREAT PLACE TO WORK® INSTITUTE JAPAN

2022年版「働きがいのある会社」ランキングで9位に

アクセンチュア株式会社は、日本における「働きがいのある会社」ランキングに6年連続でベストカンパニー入りしました。今年は、過去最高の9位を獲得しました!
GREAT PLACE TO WORK® INSTITUTE JAPAN

2022年版「働きがい認定企業」に選出

アクセンチュア株式会社は、Great Place to Work®Institute Japanが発表した、2022年版「働きがい認定企業」に選出されました。

Project PRIDE 書籍案内

ニュースレターで最新情報を入手(英語)