Skills to Succeed

アクセンチュアは、学生から社会の変化に適応しようとしている熟練労働者まで、世界中の働く人々に対する包括的な支援活動を展開しています。

生涯を通じてキャリアを支援

「Skills to Succeed(スキルによる発展)」プログラムは、自分の力で人生を切り開く後押しをするものです。

「2020年度までに300万を超える人々に対して、就職や起業に必要なスキル習得のための支援を提供する」という目標を前倒しで達成しました。これからも市場のニーズに合わせて、より多くの人々に生涯を通じたキャリアサポートを提供し続けるために、アクセンチュアは「Skills to Succeed」の改善と進化に取り組み続けます。

さらに詳しく


受益者の声(英語のページへ)

アクセンチュアがSkillls to Succeedプログラムに取り組む理由

人材は、一国の経済力の源です。その国の持つ労働力の質と量とが、グローバル化する経済の中でのその国の企業の競争力を決め、ひいてはその国全体の経済力を規定します。その意味で人材課題は、経済課題としての側面を持っています。一方で、そのような人材課題が全て経済合理性の中で解決されるか、というと、そうはなりません。人材課題の中には、経済合理性以外の原理によるアプローチが必要となる領域があります。Skills to Succeedというテーマの下、アクセンチュアが企業市民としての社会貢献活動で取り組んでいるのは、そのような人材課題の解決です。

『教育を通して人々のスキルの育成を図り、経済活動への参加と貢献を可能にする』。それがSkills to Succeedです。アクセンチュアはこのようなSkills to Succeedの活動を、重要な経営課題の1つとして位置づけています。

日本の人材は、少子高齢化と労働力人口の減少という構造的な変化に直面しています。今後の持続的な成長のためには、働く意欲のある人には経済活動への参加機会を最大限に提供し、スキルの向上を通して、より高いレベルでの能力発揮を図っていく地道な取り組みが求められます。労働力の質と量、両面でのパワーアップは、日本経済にとっても喫緊の課題です。

このような視点に立ち、アクセンチュアは日本国内でもSkills to Succeedの活動を積極的に展開しています。日本経済を持続的に発展させる上で解決すべき、主要な人材課題は何か、という視点から、日本においては8つのテーマで推進しています。

人々のスキルの向上を図るSkills to Succeedは、必ずしもすぐに結果が出るような活動ではありません。社会的インパクトを着実に創出していけるよう、長期的な視点で継続的に取り組んでいきたいと考えています。

VIDEO

社員一人ひとりの力で社会を変える チェンジメーカーとしての行動

VIDEO

TTBiz 次世代グローバル人材の育成

VIDEO

イノベーション創出型 STEM人材の育成

未来で必要とされるスキル

「Skills to Succeed(スキルによる発展)」は、今働いている人々が将来も働くために必要な学習と準備を促すためのプログラムです。すでに高度なテクノロジーによるルーティン業務の自動化が進みつつある今、人々が未来のキャリアを自らの力で切り開くために必要十分なサポートを企業が提供できるように、アクセンチュアでは新たなスキリング・ソリューションを開発しています。

グラミン日本 立ち上げ支援

グラミン日本が2018年に事業を開始するにあたり、国内の現状に即した事業計画の立案から、利用者のスキル習得や就労支援に向けた仕組みづくりに至るまで、事業運営に関して全面的に支援しました。さらに詳しく

女性のためのリスキルプログラム

今後加速度的にデジタル化する社会で期待される新しい働き方にすばやく対応できるよう、スキルの再習得やマインドセットの確立を進めています。

障がい者の社会参加と自立支援 equalto

障がいのある人の個性を活かしながら、誰もがいきいきと働くことができ、経済的にも自立可能な社会を実現するためにequaltoというブランドを立ち上げました。クリエイティブの力と、就労継続支援事業所での細やかな手仕事が混ざりあうことによって、新しいものづくりの形を生み出しています。さらに詳しく

パラスポーツメッセンジャー育成プログラム

パラアスリート向けに、自己発信能力の向上を目的としたスピーチトレーニングプログラムを行っています。パラアスリートが自身の経験や想いを講演会で積極的に発信することで、障がいがある方へのエンパワーメント、共生社会の実現への動機づけを促進し、インクルーシブな社会の実現を目指しています。さらに詳しく

全て見る

初めての仕事とインターンシップ

アクセンチュアでは、社内外におけるトレーニング、インターンシップ、実習などの機会を通じて、仕事を求めている人が人材を必要としている職務やチームで活躍できるよう、必要なスキルの習得とトレーニングをサポートしています。

就活アウトロー採用

就活アウトロー採用

新しい感性を持ち、自らの価値観や個性を発揮して活躍できる企業で就職したいと考える若者と、既存の価値観とは異なる意見を持ちアクションを起こせる人材を求めている企業の双方にとってプラスになる採用の形を目指し「就活アウトロー採用」を立ち上げました。さらに詳しく

アイセック Japan Women's Initiatives

グローバルに活躍する女性の育成を目指し、海外インターンシップを行う女子大学生のサポートを行っています。アクセンチュア社員がメンターとなり、渡航前のプランニングから帰国後の振り返り、これからのキャリアビジョンや目標の設定を支援します。

全て見る

次世代教育

デジタルエコノミーで成功し続けるために、アクセンチュアは未来のリーダーとなる次世代の育成にも力を注いでいます。

早い段階でテクノロジーへの関心を促す

早くからプログラミング等の技術にふれ、論理的な思考を身に付けること、周囲の人との協業や、身の回りから課題を抽出して解決に向けて何度も調整を繰り返す力を習得することにより、イノベーションを創出できるSTEM人材の育成に取り組んでいます。さらに詳しく

次世代のスキルを構築する

ジュニア・アチーブメントとアクセンチュアは、未来の経済を担うために必要な知識やスキルに関する情報を若者に向けて発信しています。さらに詳しく

全て見る

コーポレート・シチズンシップについて

ニュースレター
ニュースレターを読む ニュースレターを読む