日本においてユニコーン企業を生むために必要なことは?

4月5日、アクセンチュアにて新しいMeet Upイベント ”Accenture Connect”を開催。 初回となる今回は、「日本においてユニコーン企業を生むために必要なことは?」というテーマにて議論しました。
以下はグラフィックファシリテーター山田夏子さんの作品と、ごく一部のハイライトをまとめた概要です。 Accenture Connectとは、スタートアップ/大企業/アカデミアの現・次世代リーダーが集まり、様々な異なる視点から、これからのビジネスの種や新しいコンセプトを議論するConnect/ネットワーキングの場です。

日本政府は「未来投資戦略2018」にて2023年までにユニコーン企業(創業10年以内・評価額10億ドル以上)を20社まで増やすことを目標にしています。

しかしながら、これまでに日本のユニコーン企業であったのはメルカリ1社のみ。2019年4月現在、ユニコーンとされる企業は、AIを使った制御技術に特化したプリファード・ネットワークス1社のみといわれています。海外ではユニコーンと目される企業は約310社あり、アメリカと中国のユニコーン企業数が圧倒的に多くなっています。ユニコーン予備軍と期待されるスタートアップは増加しているものの、現時点では日本はアメリカや中国、欧州に比べて、ユニコーンが育っていない状況となっています。*1

では、日本でユニコーンを生む為に必要な事は?

Graphic recording

パネリストとしてメルカリジャパンCEO 田面木宏尚様、Global Brain General Partner 立岡恵介様、SmartNews執行役員 西口一希様、大和証券専務取締役 丸尾浩一様、C Channel代表取締役 森川亮様、マッシュプラス代表取締役社長高橋理人様にお越しいただき、忌憚ない活発な議論を行いました。

アクセンチュアからはソフトウェア&プラットフォーム業界を担当する古嶋雅史マネジング・ディレクターが参加、小野寺智史シニア・プリンシパルがコーディネーターとして進行をつとめさせていただきました。

Graphic recording

日本でのユニコーン企業誕生にむけてこれから有望なビジネスドメイン/ビジネスモデルは?

  • 既存の業界・領域という切り口ではなく、あくまでメガトレンドで決まる
  • toCは、シェアリングや、個々人のエンパワーメントがキーワード。そのトレンドを捉えつつも、ある種いかがわしさを感じる程の独自性・新規性のあるものに大きな可能性
  • toBは、既存の大企業にも導入されるもの。スタートアップ・ベンチャーコミュニティだけで使われている状況に留まることなく、しっかりと大企業の文脈を理解し、活用されるものに大きな可能性がある。大企業においてもSaaSの活用が進んでくるなど環境は整ってきている。一社取れれば5万人が使う、他社が使えばうちも、というマーケットがそこにはある
  • 狙うマーケットを定義せずに、やってみて当たったから、あとはABテストで、という発想では早々に限界
Graphic recording

どのような事業成長推移と資金調達を行うべきか?

  • 例えば5000万円調達したら、ベンチャーコミュニティの中でヒーローになってしまう。コミュニティ内で相互にFaceBook上でおめでとうと言い合って、それでもう満足してしまう。場合によっては何兆という市場規模が狙える、日本経済を変える、という視座を持ってない
  • 特にアーリーのベンチャーの人たちっていうのは、悪い意味でもいい意味でもVCに影響受け過ぎ
  • 夢はバイアウトですみたいな人が出てきているので、むしろなんか大きくなるよりも、こぢんまりとして売ったほうが幸せだよねって人が多い。そこで得た資金でエンジェル投資家が増えて、底上げになるというのはあるが
  • でも、やはりVCも含めユニコーンを作りに行った方が、マーケットの為にも人の為にもなるよね。裾野を広げる力が圧倒的
Graphic recording

どのような組織人材を作り上げていくべきか?

  • 組織作りにおいてもGAFAの方法論に倣えばうまくいくと思っている人が多い。あのステージにある企業をスタートアップが模倣してうまくいくわけない。ベンチャー界隈はそういうトラップが多い
Graphic recording
  • 会社の0→1、1→10、10→1,000の各ステージにおいて、必要となる人材は確実に変化していく。ベンチャーコミュニティのメンバーでは500人規模が限界。その後は、今大企業にいるようなオペレーションや人材マネジメントなどができたり、決まったことをしっかり実行できる人材が必要 。
Graphic recording
Graphic recording
  • ベンチャーから強く求められているのに、大企業から人がなかなか出てこない。学生のうちから大企業に勤めることこそが良い人生を送ることができるという刷り込みが強い。さらには同調圧力が強い国民性の中で、SNSがそれを加速しているとすら感じる
  • もっと、起業家で成功した人がその素晴らしさを発信すればいいのに。ごく一部の人が発信して、叩かれている(笑)
  • ようやく、学生のトップ層が、起業したりスタートアップに入ることが珍しいことではない状況にはなりつつある

グラフィック・ファシリテーション ご協力: しごと総研 山田夏子様

出典1:Source: CB Insights, Accenture Analysis

小野寺 智史

通信・メディア・ハイテク本部
シニア・プリンシパル

関連コンテンツはこちら


Subscription Center
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで