調査レポート

概略

概略

  • 2019年は、5Gが注目を浴びた年であり、ここから10年間、5Gにより社会が変容することは間違いないでしょう。
  • しかし、今後数年間で、5Gに期待を寄せているグローバル企業が直面する課題は何なのか。そして、その直面する課題をどのように克服していくべきなのでしょうか。
  • アクセンチュアの最新の研究は、まさにそれを発見するために始まりました。 期待から実装まで、我々が解明したものをお話します。


各企業のもつ次世代のコネクティビティへの期待とは何なのか?

「2019年は、5Gのデバイス展開と都市への試験で注目を集めた年でした。そして今後10年間にわたって、5Gによって変容する消費者、ビジネス、経済、社会をみていきます。

では、今後数年間、5Gに期待されるグローバルビジネスは何でしょうか。また、それにより直面する課題をどのように克服していくのでしょうか。 アクセンチュアはその疑問を2019年の5G最新調査で明らかにしました。期待から実装計画まで、私たちが発見したものがあります。」

5Gへの大きな期待

大多数の意思決定者がが同意しているのは、5Gはゲームチェンジャーという役割だけのみならず、以前のワイヤレステクノロジー進化時よりも、大きな変化を生み出すことになるだろうということだ。79%の企業は、 5Gは彼らの組織に大きな影響を与え、うち57%が「革命的」であると信じている。また興味深いのは、4Gと同様の影響を生み出すと考えているのは4分の1(24%)未満であるという点だ。

また、5Gに対する期待は高いだけでなく、多様性にも富んでおり、回答者の大半がこれらのメリットを4年以内に享受できると信じています。

アーリーアダプターへの影響

日々5Gに対する期待は高まっていていますが、導入はまだ始まったばかりです。半数以上の企業が、5Gの機能テストに着手していますが、 34%はいまだ行っていない状況です。この数値は今後数年間で急速に変化する可能性があります。

回答にも、

初期段階で、5Gに触れる機会が多いほど、より5Gビジネスの可能性を強く感じる傾向があります。

チャレンジと懸念点

大きな期待とともに、理解の欠如、内部スキルとのギャップ、初期費用など、5Gアプリケーションとテクノロジーの採用なには懸念点も数多くあります。これらは、2019年から2020年にかけて、問題の大きさは縮小しましたが、いまだに問題になっているのは、5Gがセキュリティにもたらす脅威です。

統計上68%の企業は、5Gによりビジネスの安全性が高まると考えています。 しかし、ユーザーのプライバシー、接続されているデバイスの数、複数のネットワーク、サービスアクセス、サプライチェーンの整合性など、5Gネットワークアーキテクチャに固有のセキュリティの課題があるのも事実です。

5Gビジネスへの投資

イノベーションには投資が必要です。よって、各企業はこの投資から確実に利益を得る方法を見つける必要があります。ユースケースを構築する際、5Gビジネスへの投資により、メリットを興じていることが大前提です。

これらの課題には、適切なパートナーとエキスパートアドバイザーのサポートが必要となります。 秘訣は、機会を正確にとらえ、この目標を達成するために何が必要かを特定することでしょう。

正しい方向に進むためには?

では、どうすれば課題に対処できるのでしょう。各々の企業にとって、外部に助言を求めることが重要となってきます。統計上でも、72%の回答者が、5Gコネクテッドソリューションの将来の可能性を模索するのに協業が必要であると考えているとの結果が出ています。

そして、5Gの可能性を解き放つカスタムソリューションを開発するとき、大多数は、これを実現するために自社のビジネスの外を見ています。 10人に4人(42%)は5G対応の市場のソリューションにアクセスすることを期待しており、43%はパートナーと協力してカスタムソリューションを開発する予定です。

5Gの未来に向け準備をする

5G市場での競走に一歩抜きん出るためには、多くの意思決定が必須となってきます。 実現可能性の問題から、優先的なユースケース、新しいビジネスモデル、デバイス戦略まで、コストを抑えつつも、運用の複雑性とも共存していく必要があります。 これには適切な戦略的パートナーシップが不可欠です。こうして企業は、5Gビジョンを定義する準備が整い、実現へ加速していくのです。

廣瀬 隆治

ビジネス コンサルティング本部
ストラテジーグループ
通信・メディア プラクティス日本統括
マネジング・ディレクター

関連コンテンツはこちら

5Gによって、どのように映画の視聴体験が変わるのか?
テクノロジービジョン 2020

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで