Skip to main content Skip to footer

AI戦略はビジネス戦略そのもの

最も優先順位の高い課題を注視する

将来ビジョンを見据えて、現在価値を定義する

93%

の経営幹部が、「今後5年以内に産業に創造的破壊が生じるだろう」と考えているものの、「破壊に対処するための十分な備えができている」と回答した経営幹部はわずか20%にとどまります。 1

AIプロジェクトをポートフォリオとして捉える

戦略的スケーラーはAIロードマップによるアプローチを有効に活用しています。戦略的スケーラーは他の企業に比べてより多くのAIプロジェクトに取り組み、より速いペースでAIの実装に成功しています。概念実証(PoC)段階にいる企業が過去3年間で実装したAIアプリケーション数は53であるのに対し、戦略的スケーラーでは114にのぼります。

AI戦略を支えるデータ戦略

保科 学世

ビジネス コンサルティング本部 AIグループ日本統括 AIセンター長 アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京共同統括 マネジング・ディレクター 博士(理学)

AI(人工知能)やアナリティクス部門の日本統括およびAI活用を強力に支援する拠点「AIセンター」のセンター長として、AI HubプラットフォームやAI Poweredサービス等の開発を手掛けると共に、AI技術を活用した業務改革を数多く支援。​

関連コンテンツはこちら

関連するケイパビリティ

アプライド・インテリジェンス

データサイエンスや人工知能技術を活用し、パートナーとしてお客様企業の課題に共に向き合い、ビジネス成長と変革の実現を支援します。

AI HUBプラットフォーム

AIをビジネスに活かすにはAIエンジンの特徴を捉えて、ビジネスニーズに合わせて適切に組み合わせることが重要です。アクセンチュアは、先端技術に関する知見とエンジニアリング力を駆使したAI HUBプラットフォームを提供しています。

AI POWERED サービス

アクセンチュアでは、AIエンジンの導入はゴールではなく、ビジネスゴールに応じた自動化・高度化を目指すべきと考えており、企業のAI導入を適切・迅速に進められるサービスの開発を加速してきました。各種AI Poweredサービスを紹介します。