Skip to main content Skip to footer

業界

物流

物流業界をとりまく著しい変化の激流において、デジタルトランスフォーメーションを支援します

新型コロナウイルス(COVID-19)

サプライチェーン・レジリエンスの構築

物流DX革命

激動の時代

アクセンチェアができること

ブロックチェーン

アクセンチュアは物集業界のリーダーたちとブロックチェーンプラットフォームを共同開発することにより、貿易の進化、運輸業務プロセスの効率化に大きく貢献しています。

コネクトする港湾

アクセンチュアでは、既存のハードウェアを連携させてプロセスをデジタル化するIoTプラットフォームや新しいテクノロジーを採用することで、生産性の向上やサイロの解消、あらゆる港湾業務における効率の最適化に取り組んでいます。

コンテナ業務をコネクトする

アクセンチュアでは、リアルタイムのコンテナ追跡を実現する上でコンテナ業務をコネクトすることが必要であり、グローバルな運輸・ロジスティクスのエコシステムが重要な役割を担っていると理解しています。

倉庫の自動化

倉庫用ロボティクスとソフトウェアの急速な進化は、企業の競争優位性を大きく高めるための貴重な機会をもたらすことになります。

ケイパビリティ

アクセンチュア ワクチン管理ソリューション

新型コロナウイルスのワクチンを地域社会に届けるために、包括的な計画を策定し実行します。

サプライチェーンのレジリエンス

サプライチェーンにおけるリスク管理の強化、レジリエンスのストレステスト、アジリティの向上を通じてニューノーマルに適応

事例

サプライチェーンの変革:世界的なニーズの高まりに応える

日本通運(現・NXグループ、以下同)は、IoTとブロックチェーンのテクノロジーの活用によって、医薬品の品質管理と物流業務のさらなる改善を支援しています。

ONE:大手海運企業の「コンテナ在庫管理」最適化に向け、需要予測および在庫最適化ソリューションを導入

ONEは世界中の拠点における「空コンテナの在庫の最適化」を課題としていました。AI Powered SCMの需要予測・在庫最適化エンジンであるAFSを活用。

日本郵船:新たな電子通貨プラットフォームを活用した「船上のイノベーション」

海運業界の世界的な大手、日本郵船は、2019年7月に電子通貨プラットフォーム「MarCoPay」の事業会社をフィリピンのTDG と共同で設立しました。

関連リンク

日本の物流業界の活性化と人手獲得の双方を実現する3つの要諦

物流業界の課題を提示し、その課題解決と業界活性化の双方を叶える方策について、ご紹介いたします。

テクノロジー×プラットフォームで実現する物流DX革命

物流クライシスが叫ばれる中、企業が抱える物流の課題を受け、いかに物流を核としたサプライチェーン改革に臨めばいいのかご紹介します。

リーダー紹介

北川 寛樹

製造・流通本部  産業機械グループ日本統括 マネジング・ディレクター

外部メディア掲載・出演

採用情報