インダストリー4.0のさらに先を行く

インダストリー4.0は産業のデジタル化にとどまりません。実際には、産業という概念そのものが進化しているのです。

今日の世界はめまぐるしく、指数関数的に、そして何よりも絶え間なく変化しています。さらなる産業革命は解決策にはなり得ません。必要なのは、私たちが作り出すモノとそれらを生産する方法の両方において、大規模なデジタル変革を起こすことです。これこそが「革新」であり、「インダストリーX.0」なのです。

アクセンチュアのエンドツーエンドのフレームワークと、機能横断型の幅広い調査とリソースは、ビジネス全体で、製品・サービス開発のあらゆる段階におけるデジタル・イノベーションの実行を可能にします。IoT、アナリティクス、人工知能(AI)、ロボティクス、3Dプリンティング、デジタルツインといった新技術を利用することで、新たな収益源が生み出され、顧客、従業員、パートナーと全く新しいレベルで協業できるようになります。

アクセンチュアは、インダストリーX.0を通して、単に変化に適応するだけでなく、変化を積極的に受け入れ革新を勝ち取るお手伝いをします。

 

インダストリーX.0

インダストリーX.0が実現する産業のデジタル変革をアクセンチュア・イノベーション・ハブ東京のデモを通して紹介します。

トランスクリプトを読む

デジタル変革の実現に向けた
オファリング

デジタル変革へのニーズはお客様ごとに異なります。アクセンチュアは社内とパートナーの幅広い能力を活用する統合フレームワークを活かして、お客様のデジタル変革をお手伝いします。

コネクテッド製品

ハードウェアや組み込みソフトウェアを含む製品とサービスをアジャイルに設計・開発

デジタル・エンジニアリング

デジタルツイン技術を利用した、顧客中心でデータ主導型のエンジニアリングと製品ライフサイクル管理

デジタル・オペレーション

MES、MOM、コネクテッド・ワーカー、3Dプリンター、AIの活用などを通して製造から管理を統合

全て見る

事例

AI Powered SCMの需要予測・在庫最適化エンジンであるAFSを活用し、情報収集・分析の迅速化を実現。

フォルシア社とアクセンチュアは、両社のイノベーションに関する専門知識やテクノロジーを最適に組み合わせ、コネクテッド・ビークルや自動運転車に向けた製品とサービスの開発に共同で投資しています。

デジタル技術の活用により、ものづくりの変革を推し進めるマニエッティ・マレリ。インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(IIoT)の時代にふさわしい新たなオペレーションのための4つの戦略的領域を特定し、革新的技術の導入を決めました。

全て見る

インダストリーX.0を率いる
リーダー

ニュース

アジア太平洋地域のIoTコンサルティング企業に関する調査レポートでリーダー企業に選出

フォレスター・リサーチのレポートにおいて、「主要な製品およびサービス」と「戦略」の2分野で最高点を獲得。IoT関連サービスの計画から実装、運用に至るまでを包括的にカバーし、小売、製造、自動車、物流、エネルギー、公益事業など主要な業界をサポートしていると評価されました。

アクセンチュアとMUJIN、物流領域で協業開始

AIやロボットを用いて倉庫オペレーションの自動化・可視化、および配送計画の最適化までを実現。

採用情報

ものづくりの未来を創る インダストリーX.0、それは第4次産業革命のさらなる進化形の姿です。ものづくり産業の変革を促し、未来をリードすることがその役割となります。私たちは、お客様企業のコアとなる業務プロセス(企画・設計、製造、アフターサポート)の改革を支援しつつ、IoTや人工知能(AI)など多様なデジタル技術を活用し、「真新しいサービス・業務プロセス」を創出します。新たなビジネスをグローバルという大きな視野で新規開発・提案・推進を行っていきます。

採用情報を見る
ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで