Skip to main content Skip to Footer

雇用・働き方の未来

人とインテリジェント・テクノロジー

人工知能(AI)が当たり前のように受け入れられる時代、人と機械の協業はビジネスの成否をより一層大きく左右するようになります。インテリジェント・テクノロジーをうまく活用し協業することは、生産性の向上だけでなく、これまでにはない形でのビジネスの成長や革新を可能にします。企業が成功を手にするためには、AIとの協業を前提に仕事の進め方を一から見直す以外にも、新たな価値の創造に向けて、これからの人材に投資し、また人材が重要な業務を遂行する上で必要な「新しいスキル」の習得を強化していく必要があります。

AIとの協業に投資することにより、2022年までに38% の収益向上が可能だと 推測されます。

主な知見

企業はAIの活用を通じて生産性の向上を実現してはいるものの、企業成長を実現するレベルにまで達している企業はまだ少数です。新たな顧客体験を創造して成長を加速するには、人と機械の協業が不可欠です。1,200人の企業経営幹部および14,000人の労働者を対象にアクセンチュアが実施した本調査で、今まさに企業が求められている喫緊の取り組みが明らかになっています。

AIへの投資は売上、利益、および雇用水準を改善する

業績トップレベルの企業が行っているAIへの投資と同程度の投資を一般企業が行えば、その企業は2022年までに収益を38%、雇用水準を10%向上させることが可能だと推測されています。これをS&P500企業に当てはめた場合、2022年までに75億米ドルの収益増、5,000件の雇用増につながる計算になります。

業界別に見た収益と雇用水準の改善


業界別に見た収益と雇用水準の改善 業界別に見た収益と雇用水準の改善

企業経営幹部は人と機械の協業が新たな価値を創造すると考えている

61% of business leaders expect the share of roles requiring collaboration with Al to increase in the next three years

AIとの協業が必要となる業務の比率は今後3年間で増加すると思う

54% 人と機械の協業は自社の戦略目標達成のために重要である

人と機械の協業は自社の戦略目標達成のために重要である

46% 従来の業務区分は意味をなさなくなっていると思う

従来の業務区分は意味をなさなくなっていると思う

労働者はAIとの協業を待ち望んでいる

67% AIとの協業に必要な新しいスキルを、今後3~5年間で学ぶ必要がある

AIとの協業に必要な新しいスキルを、今後3~5年間で学ぶ必要がある

45% AIはより効率的な業務の遂行をサポートしてくれると思う

AIはより効率的な業務の遂行をサポートしてくれると思う

34% AIと協業できるだけの十分なスキルを持っている

AIと協業できるだけの十分なスキルを持っている

AIに対する従業員の前向きな姿勢を雇用主は理解していない


今後3年間で、従業員のスキル向上を目的とした投資を大幅に拡大すると答えた企業経営幹部の割合

今後3年間で、従業員のスキル向上を目的とした投資を大幅に拡大すると答えた企業経営幹部の割合

AIとの協業は、業務を見直し、新たなスキル開発に投資するための貴重な機会となる

62% 労働者の62%は、AIが自分の仕事に良い影響をもたらすと考えている

労働者の62%は、AIが自分の仕事に良い影響をもたらすと考えている

63% 企業経営幹部の63%は、今後3年間で自社のAIに関する雇用機会は増加すると思っている

企業経営幹部の63%は、今後3年間で自社のAIに関する雇用機会は増加すると思っている

29% 企業経営幹部の29%は、業務を大幅に設計し直したと回答

企業経営幹部の29%は、業務を大幅に設計し直したと回答

次に進むべきステップ

企業経営幹部は、人と機械の協業による生産性向上のほか、イノベーションや企業成長を後押しする未来の雇用・働き方のために、以下の実践を検討する必要があります。

業務の再楕築
  • 仕事を一から見直し、タスク起点で洗い出す。自動化に適した業務と、より高い価値を創出するための業務とのバランスを取りながら、機会と人に仕事を割り振る。

  • 新しい役割を創造する。ルーティンワークを機械に任せることで、プロジェクトベースで敏捷な機動力を発揮するチームを構築する。

  • 新たな役割とスキルのマッチング。新たな役割にどのような能力が必要かを洗い出し、人材のスキル開発や採用に役立てる。

業務の再楕築
新たな価値の創造に向けてこれからの人材に投資する
  • 新たなビジネスモデルに適した人材の配置。新たな顧客体験を創出するための人材・チームを育成する。

  • 業務の自動化によって浮いたコストをこれからの人材に再投資し、成長を促進する。

  • 敏捷性の向上。コアビジネスと新たなビジネスを両立させるための適切に人材配置を管理し、柔軟なプロセスを構築する。

  • 新しいリーダーの育成。すべてのレベルでリーダーを育成し、新たな成長モデルを支える組織を形成する。

新たな価値の創造に向けてこれからの人材に投資する
新たなスキル開発の推進
  • 習得すべきスキルの優先順位付け。技術スキル、判断力、およびソーシャルスキルをバランスよく開発する。

  • 新たなスキル開発の実施。人材のスキルレベルや学習意欲を考慮したスキル開発を行う。

  • VRやAR、AIなどデジタルプラットフォームを活用して、効果的な研修をスピーディーかつ大規模に展開する。

新たなスキル開発の推進

日本版インサイト

関連サイト

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ