Gender Equality

平等の文化のある職場環境を目指して

平等で多様性を受け入れる企業文化を実現するには、経営層自らが職場をよりオープンに変えていく「カルチャー・メーカー」になることがカギ

「女性が活躍する会社Best100」総合2位

日経WOMAN「女性が活躍する会社Best100」でアクセンチュアが総合2位を受賞しました(2020年)

皆を巻き込み、皆で高め合う

3 Question with Ellyn Shook on a culture of equality

Our People, Our Culture of Equality

毎年「国際女性デー(International Women’s Day)」にイベントを行っており、2020年に16回目を迎えました。アクセンチュアは、社員がそれぞれの個性を認め合い、自分の居場所を感じられるようになることで、より多くの変革を実現することができると確信しています。

誰もが居場所を感じられる平等文化の醸成の重要性について、アクセンチュアの最高リーダーシップ兼人事責任者エリン・シュックが動画でご説明しています。

2020年の「国際女性デー」を記念して、平等文化が醸成された職場で働くことについてアクセンチュアの社員が意見を表明しています。どのように感じ、考えているのか、ぜひご覧ください。

Getting to equal

アクセンチュアは、将来の組織はよりジェンダーバランスのとれたものであると確信し、明確な目標を設定しています。現在アクセンチュアでは、取締役会の36%、およびグローバル経営委員会の27.5%が女性で構成されています。

48%

新卒採用者のうち女性が占める割合

27.5%

グローバル経営委員会における女性の割合

38%

昇進者における女性の割合

43%

収益をもたらす役割・ポジションにおける女性の割合

30%

幹部における女性の割合

24%

マネジング・ディレクターにおける女性の割合

ジェンダーバランスのとれた組織を目指して

アクセンチュアは2025年までにジェンダーバランスのとれた組織を実現するために明確な目標を設定しています。具体的には、社員の男女比(性別を便宜上の男女いずれかとして集計した場合)をそれぞれ50%ずつとすることを目指しています。

柔軟な働き方

アクセンチュアはフレックスタイム制を導入しています。また、週3日・20時間以上で勤務できる短日・短時間勤務制度も用意されています。リモートワークなどライフワークに応じた就労形態を選択することも可能です。

つながりを作る

アクセンチュアには世界中に何百もの社員ネットワークがあります。社員同士がグローバルにつながり、支援し合える体制をいつでも構築できるように整備しています。

毎日、進化する

アクセンチュアではすべての社員にメンター制度を導入しています。また、社員は必要な時にいつでもメンタリングおよび個人能力開発プログラムに参加することができます。

全て見る

女性を支援する取り組み

日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足。この活動は、所属や役職を越えた社内横断組織により企画・実行されており、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となりさまざまな活動に取り組んでいます。女性の採用強化(Attract)や継続意欲の維持・向上(Retain)だけではなく、女性リーダーを継続的に輩出していくこと(Advance)を目指しています。

アクセンチュアは、女性活躍推進法に基づく「えるぼし(3段階目)」、および子育てサポート企業として「くるみん」の認定を受けています。
「えるぼし」の一般事業主行動計画をダウンロード
「くるみん」の一般事業主行動計画をダウンロード

職場の平等に関するアクセンチュアの考え方

カルチャーメーカーの隠れた価値

調査レポート「Getting to Equal 2020」では、職場の文化に関する認識のギャップと、変革を推進するリーダーについて考察しています。 続きを読む

平等はイノベーションを促進する

調査レポート「Getting to Equal 2019」では、平等の文化がどのようにイノベーションと成長を促進していくのかについて考察しています。続きを読む

ひとりの行動が、皆の行動を促す

調査レポート「Getting to Equal 2018」では、平等を推進するために有効な40の要因を特定しています。続きを読む

LGBTQコミュニティの力

アクセンチュアの調査では、平等の文化を育むことで、LGBTの社員の成長と成功を支援できることが分かっています。続きを読む

若いリーダーにスポットライトを当てる

平等の文化は、ジェンダーを問わず、すべての若者に成長と成功の機会をもたらします。続きを読む

所得格差の解消

調査レポート「Getting to Equal 2017」では、ジェンダーによる所得格差を解消し、平等を促進するために組織がとるべきアプローチについて明らかにしています。続きを読む

ワーキングマザー × デジタル

ワーキングマザーの活躍の機会と労働意欲の向上にともない、あらゆるシーンでデジタルが重要な役割を果たしています。続きを読む

ファストトラック(昇進の道)を歩む女性

優れたファストトラック戦略は、より効果的な女性のキャリア開発のためのロードマップとして機能します。続きを読む

性別の壁を越えて

IT産業で活躍する女性を増やすために、企業は3つの効果的な取り組みを推進する必要があります。続きを読む

Getting to equal 2016

デジタルテクノロジーを使いこなす力の育成は、ジェンダーギャップの解消にも効果的です。続きを読む

全て見る
ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで