高度なワークフォース

デジタルテクノロジーは私たちの働き方に大きな変化をもたらしつつあります。しかし、それは必ずしも想定していた通りの形ではないかもしれません。テクノロジーは完全に人に取って代わるものではなく、むしろ人の価値をこれまで以上に高めることで、Win-Winの関係の新たなワークフォースを生み出しています。

人とマシンが密接に連携する新たな時代において、企業そのものにもアプローチの見直しが求められています。企業は今、データドリブンの戦略を策定して、ロボティクスや人工知能(AI)から、従業員、アダプティブワークフォースまでを網羅した、新たなリソースのエコシステムをフルに活用していく必要があります。

アクセンチュアでは、オンデマンドのデジタル学習プログラムやその他のカスタムプログラムをもとに、クライアント企業が継続的にワークフォースを評価し、スキルの再構築とスキルアップを実践しながら現在と未来の市場を効果的にリードできるようにサポートします。

お問い合わせ

従業員の働き方に関するデータを収集し、適切に利用することで、従業員の真のポテンシャルを引き出すことができれば、企業はイノベーションと成長の両方を得ることができます。

人材/社内資源を見直し、スキル不足を解消する

ビジネスリーダーは、人間とインテリジェントマシンの協働によって生産性を高め、イノベーションと成長を同時に実現することのできる、未来のワークフォースを創造するために、以下のことを考える必要があります。

業務の再構築

人とマシンに業務を適切に配分し、生産性の拡大と自動化のバランスを図ります。プロジェクト単位でチームを編成して、新たな役割とスキルのマッピングを行います。

ワークフォースの「賢明なピボット」

スピード感を持って、新たな価値を創造し続けるためには、企業には柔軟なプロセスを構築し、コアビジネスと新規ビジネスの両方を同時にサポートするための人材管理が求められます。

新たなスキルの習得

技術力、判断力、社会性のバランスをとりながら、スキルの優先順位付けを行うことが重要です。企業は学習意欲の高い人材を支援して、VRAR、AIなどを利用したトレーニングを推進する必要があります。

全て見る

収益確保と人材育成の両立

スキル習得のスピードがAIの進化に追随できない場合、G20参加国のうち14ヵ国は今後10年間で、最大11.5兆ドルのGDP成長を失う可能性があります。アクセンチュアによる調査レポート『雇用・働き方の未来』では、AIの活用と人材のスキル向上を同時に推進し、最大限のメリットを得るための方法をご紹介しています。

38%

企業は2018~2022年に、AIへの投資を拡大することで、収益を38%向上させ、雇用を10%増加することができると推測されています。これをS&P 500企業に当てはめた場合、平均75億ドルの収益増、5,000人の雇用増につながります。

97%

調査に回答した企業幹部のほぼすべてが、AIを活用して従業員の能力を高めたいと考えています。この結果を反映するように、認知システムやAIへの投資は急速に拡大しつつあり、2021年までに576億ドルに達する見通しとなっています。

67%

調査に回答した従業員のうち67%は、インテリジェントマシンとの協働には、そのためのスキル習得が重要だと回答しています。こうした労働者の関心の高さにもかかわらず、今後3年間でスキル向上への投資を大きく拡大する計画があると答えた企業は、わずか3%にとどまっています。

関連リンク

事例

アクセンチュアは、WMPが治安に対するニーズや市民の期待に応えながらコスト削減を推進するサポートを行いました。

創造的破壊(ディスラプション)に直面したエイビスは、エンドツーエンドのワークプレースソリューションを導入し、人事部門の俊敏性を向上させました。

アクセンチュアは、大手航空機メーカーのエアバスにおける組立プロセスの最適化、エラー率ゼロ、500%の生産性向上を支援しました。

全て見る

ブログ

アクセンチュア・リサーチによるブログで、未来のワークフォースに関する最新の知見をご確認ください。

人は自らのスキルを適応させ、AIとの連携による成長を実現できるのか?

AIの時代において、人が保有する最も価値ある特性の1つとして挙げられるのが「適応力」です。インテリジェントテクノロジーへの適応に求められるものとは?

未来のワークフォース:2つのインサイト、1つの断絶

AIやマシンに仕事を奪われることを懸念していませんか?調査によると、このような心配は無用という結果が出ています。ただし従業員のスキルが不十分な場合、AIのポテンシャルを活かすことはできません。

Our leaders

アクセンチュアは、企業がパーソナライズされた魅力的な従業員体験を提供することで優れたワークフォースを構築し、パフォーマンスの向上と成長を実現できるように支援しています。


植野 蘭子

アクセンチュア ビジネス コンサルティング本部 人材・組織 プラクティス日本統括 マネジング・ディレクター

未来のワークフォースを再考する

AI革命の到来によって、企業戦略における人材管理の重要性が高まっています。アクセンチュアのチームの一員として、私たちと一緒にクライアント企業に高い価値をもたらし、世界のあり方を刷新する、新たなパラダイムを創造してみませんか。

SEARCH JOBS

Workdayコンサルタントとは

アクセンチュアのWorkdayコンサルタントを務めるメリッサは、企業の複雑な人事システムを合理化することで、人事業務の改善・効率化を支援しています。さらに詳しく。

トランスクリプトを読む