5Gテクノロジー

5Gはモバイルテクノロジーを大きく変化させ、私たちの生活を一変させるでしょう。来たるべき5Gによる変革に、あらゆる業界の企業が今すぐに備える必要があります。

世界のつながり方を再定義

楽天は、ディスラプション(破壊)、ソフトウェア開発、優れたデリバリーの伝統を持つグローバルなイノベーション企業です。この伝統が、楽天モバイルのネットワーク構築の指針となりました。
しかし、このビジョンを実現するために、技術的なリーダーシップと確かな経験、そして新しい仮想化ネットワークを運用するためのビジネス的な洞察力を融合できるパートナーを必要としていました。

アクセンチュアはオペレーショナル・イネーブルメント・パートナーとして楽天モバイルに協力し、クラウドネイティブな画期的運用モデルの設計と導入・展開を、多角的に支援しました。目的は明確で、楽天モバイルが求めるスピードとアジリティの要件を満たし、通信業界の常識を根底から覆す“ディスラプション”を起こすことでした。

続きを読む

5G革命

数十億という5Gデバイスが新たに巨大なデータの波を生み出すことになります。同時にさまざまな課題を解消する新たな方法を作り出して、これまでは考えられなかったような成長機会を広げていきます。製品、サービス、ビジネス、運用モデル、すべてが変わろうとしています。CSP(通信事業者)は今すぐ行動に移ることで優位に立つことができ、短期的な利益に加えて、業界のリーダーの地位を得ることもできます。5Gの超低遅延(リアルタイム接続)、多数同時接続、大容量化、圧倒的な高速性を応用することで、CSPは競合他社を大きく飛び越え、Pervasive Network(パーベイシブネットワーク)の可能性を最大限に引き出すことができます。

2020年に日本で5Gネットワークの商用サービスが開始されました。適切な投資を行って収益化の道筋をつけることが重要になりますが、それは煩雑で時間がかかります。

5Gレースで先行したいCSPは、さまざまな決断を迫られます。周波数割当計画、実現可能性の問題から優先度の高いユースケースや新たなビジネスモデル、デバイス戦略まで、CSPはコストを抑えながら、運用の複雑性にうまく対処していく必要があります。

すでにレースは始まっています。後は実現に向けて加速できるかどうかです。

可能性は無限に広がっているように思えます。しかし、企業は次世代のコネクティビティで実際に何を期待(そして心配)しているのでしょうか?

主要課題

5Gを活用してビジネスを拡大していこうとする企業は、以下の領域で課題に直面することになります。

スペクトラム/ネットワーク展開の実現可能性

5Gでもスペクトラムは重要です。5Gの場合、主に2つの新たな周波数帯が割り当てられます。どの帯域が付与され既存の帯域と組合せて使用できるかによって5Gのビジネスケースが左右されます。

戦略的ユースケースとビジネスモデル

従来の収益に対する厳しい業績見通しから、新たなモデルの発見や投資のためにビジネスケースが求められます。

デバイスのイノベーションとテクノロジーのブレークスルー

新しい5G無線ではスペクトル効率の向上が課題となります。1ミリ秒以下の超低遅延を実現していくには、イノベーションと進化が必要です。

ネットワーク展開の手法

ミリ波(mmW)の利用のためには、ネットワーク設計における飛躍的な進化が必要です。5Gおよびスモールセルは4Gとは全く異なり、新しい規制や展開手法が必要になります。

アーキテクチャ、プラットフォームのイノベーション

新しいアーキテクチャ、プラットフォームが未開拓分野におけるテクノロジーの破壊的革新を促進し、ネットワークスライシングには新しいオペレーティングモデルが必要です。

運用の複雑化

ネットワークとITアーキテクチャが融合し、E2Eでサービスをベースに運用されることで、スタック、プロセス、人材の大きな変革をもたらします。

全て見る

没入型の体験

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大(パンデミック)によって、オンデマンドコンテンツの消費や、家庭内体験に対する要求が急激に高まり、メディア企業に対する需要は作り変えられようとしています。当然こうした動きに加えて、世界中で突然、対面での体験が奪われてしまったことで、映画館をはじめとする施設や会場の所有者は大きな打撃を受けました。

地域ごとの制限やガイドラインに応じて、方法は違っていても、消費者は映画館に戻ってくるでしょう。しかし、もはや一部の人に限らずすべての人が違和感なく、自宅でのコンテンツ消費を当然のこととして受け入れるようになるでしょう。消費者に「また映画館に行きたい」と思わせて業界を活性化するためには、テクノロジーによって生み出される新たな体験が求められています。そして、そうした体験に対するニーズがあることは、実は、すでにコロナ以前から明らかになってきていました。

5Gの活用で、映画の前、中、後にいかにユニークで魅力的な体験を創造できるのか、次の50年に向けてどのようにオーディエンスを惹きつけることができるのかを探ってみましょう。

5G

将来の映画鑑賞はどのような体験になるのか、アクセンチュアの描く未来像をご覧ください。

アクセンチュアが提供する5Gアクセラレーションサービス

アクセンチュアは、5Gネットワークやサービスの実現を加速していくために必要なあらゆる機能を揃え、デジタルと次世代テクノロジーを駆使してネットワークの運用管理を変革するためのサービスを提供します。

5Gビジネス/テクノロジー戦略

社内における5G DNAを定義し、既存アセットや市場ポジションを考慮したうえで、5Gの最適な導入と収益化の方法を決定します。

5Gユースケースとビジネスモデル

豊富な業界経験を活用し、B2CおよびB2Bのユースケースの共創、製品化戦略の策定、ビジネスケースの構築を支援します。

スペクトル可用性とフィージビリティ評価

5GSub 6、mmWaveのスペクトラム戦略、パブリック、ローカルの活用ネットワークを決定し、5Gのラボソリューションをエミュレートして、ソリューションへの全面的な投資決定の前に、フィージビリティ評価を行います。

ネットワーク機能の構築と実装

フィールドインストールサービス(スケジューリング、ディスパッチ、デジタルワーカーサポートなど)を活用して、規模の大きいスモールセルを展開するサービスファクトリーモデルをCSPおよびローカル5Gを構築する企業に提供します。

5Gネットワークの運用と保守管理

商用プロダクトを技術的に分解し、LeanOps、タスク管理を推進し、複数アクティビティの簡素化を進めます。

全て見る

5Gで新たな価値への道を切り拓く

アクセンチュアの5Gアクセラレーション・サービスは、フレームワークと強力な分析ツールを提供して、あらゆる方面で適切な投資を進めて行けるよう支援します。企業の5Gに関するビジョンを定義した上で、それを実現するための旅を加速するお手伝いをします。


5Gに不可欠なネットワークDNAに基づく戦略

5Gのもたらす魅力的な新たな可能性 ― 効果的な5G戦略を構築するには、「新たなDNA」からスタートする必要があります。


5Gの道を歩む

未来の5Gが運用上、どのような意味を持ち、どのようなネットワーク機能を提供していくのかを見てみましょう。


Are You Ready for the 5G Revolution

Unlocking Revenue & Growth Potential of 5G

The Evolution of Connectivity Models in the 5G Era

Accelerating Past the Six Key Challenges of Deploying 5G

5Gの未来の実現について、もっと詳しく読む

関連リンク

5G

本質的な変化を捉え、先手を打つ。各業界のキーパーソンが描く未来

5G

超接続」なサービスが実現する5G時代に、真のビジネス価値を生み出すための戦略とは?

全て見る

外部メディア掲載記事

5Gがもたらすビジネスインパクトは絶大 産業変革を促し、DXを加速させる仕組みとは

現在、ビジネスとテクノロジーの両分野で、最も注目されている5G。「高速・大容量」「超低遅延」「同時多接続」を特長とする5Gは、2023年からいよいよ本格的なサービスの普及が見込まれる。5Gの真の価値と日本企業に求められる取り組みについて、現在の世界の動向を概観しながら考察する。(ハーバード・ビジネス・レビュー掲載)

ビジネスインパクトを活かし業界DXを実現する5Gの真価

5Gなどのデジタル戦略立案には、5G通信技術の特徴(広帯域、超低遅延、多数同時接続)だけでなく、マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)などの周辺技術を組み合わせたビジネスインパクトに着目することが重要だ。先進事例を交えながら、企業が取るべき行動と5Gの真価を説明した。(日経ビジネス掲載)

ニュース

アクセンチュアは、クライアントの5Gへの準備を支援すると同時に、5Gによるモバイル技術の変革と、それが私たちにとってどのような意味を持つのかを検討し、さまざまな形で話題を提供しています。

アクセンチュア、Arcaを買収して5Gネットワーク機能を強化

買収によって、5Gの実装支援からネットワークの運営支援まで、変革のための包括的な支援機能が強化されました。

アクセンチュアとAT&T、プライベートセルラーネットワークでPhillips 66にモバイル接続を提供

アクセンチュアのソリューションが、産業IoT(IIoT)や低遅延アプリケーションのサポートをはじめとする将来の5Gユースケースの基盤となります。

アクセンチュア出版の「The Future Home in the 5G Era」によると、Future Homeエコシステムを解き明かす鍵は、通信サービス・プロバイダー(CSP)である

The Future Home in the 5G Era」は最も必要とするときにコネクテッドな生活を現実のものにするためのロードマップを企業に提供しています。

10社中8社の企業が5Gが大きなインパクトをもたらすと考えているものの、依然としてセキュリティに関して懸念がある

アクセンチュアのグローバル調査では、企業は5Gが革命的なネットワークの進化をもたらすことを確信しつつも、セキュリティに不安を持っていることが明らかになっています。

リーダー紹介