Skip to main content Skip to footer

医療従事者との関係性における新たなルール

2021/12/07

調査レポート

概略

変化する関係性

1

製薬会社は、新型コロナウイルスによって医療従事者の期待の変化について深く理解し、その期待に応えていく必要がある。

2

製薬会社はより一層の努力により、医療従事者からの関心を集め、より良い関係性を構築することができる。

3

医療従事者が最も重視することは、バーチャルと対面を駆使しそれぞれのメリットを組み合わせ、かつ患者のニーズを最優先にした新たな関係性の構築である。

パンデミックが発生して以来、1社以上の製薬会社から「スパムメール」を受け取ったことがあると回答した医療従事者は65%に上ります。

75%

の医療従事者は、過去1年間で患者の数が減ったと回答。

61%

の医療従事者は新型コロナウイルス以前よりも時間の余裕ができたと回答。 

「常に良い関係性のある製薬会社やMRであれば実際に対面で会う可能性は倍増する」と回答した医療従事者は88%に上ります。

レリバンスを向上するためのたゆまぬ努力

医療従事者の84%は、製薬会社から現在提供されているコンテンツは、新型コロナウイルス以前よりもレリバンスが高くなったと回答しています。

MRを重要なコミュニケーションチャネルとして活用する

医療従事者の44%は、製薬会社のMR(医薬情報担当者)とのディスカッション内容は、治療上の最も重要な判断基準であると回答しています。

無益なコンテンツの提供を控える

医療従事者の41%は、最も良い対話が実現できている製薬会社からの情報であれば、積極的にメールの内容を確認し、メッセージにも耳を傾けると回答しています。

Laura Dix

Managing Director – Life Sciences, United Kingdom


Suzy Jackson

MANAGING DIRECTOR – LIFE SCIENCES


Ray Pressburger

Managing Director – Accenture Strategy, Commercial, Sales and Marketing, Life Sciences

ニュースレターで最新情報を入手(英語)