職種紹介

エンジニア採用情報

アクセンチュアのエンジニアは日本と世界のエンタープライズ企業のイコールパートナーとなり、日本も世界も大きく変えていく、そんな役割を担います。お客様企業の課題を最新のテクノロジーを武器に様々な強みを持ったチームで解決するプロフェッショナル集団です。


エンジニアの募集職種を探す

Top messeage

アクセンチュアのエンジニアリング
デジタルとテクノロジーの力により世界が大きく変化する時代に、あらゆる人や企業が影響を受けています。アクセンチュアのお客様であるエンタープライズ企業も新しい世界に対応するだけではなく、次々にやってくる変化を追い風にできるような変革、特にデジタルを核とした変革=デジタル・トランスフォーメーションが必須の時代になりました。アクセンチュアのエンジニアリングは、正にこの『デジタルを核とした変革』を自らお客様の先頭に立ってリードしていく、リーダーシップとしての役割を担うことだと考えています。しかし、企業が真にデジタルと融合する形で変革するためには、エンジニアリングの力だけでは足りません。経営や業務を深く知り、未来のあるべき姿を描いていく力やユーザーに対するサービスのエクスペリエンス・デザインのあるべき姿を示す力も必要です。アクセンチュアの強みはまさにここにあります。アクセンチュアの戦略・ビジネスコンサルティング、サービス・エクスペリエンスデザイン、マーケティングなどの様々な専門家とタッグを組み、デジタルとテクノロジーの専門家としてチームでお客様の課題解決にあたり、変革のリーダーシップを担うこと、それがアクセンチュアでの働き方です。

アクセンチュアでのエンジニアのキャリア
アクセンチュアではエンジニアのキャリアアップがコンサルタントとは思っていません。そもそもエンジニアやコンサルタントという職種・役割の分け方は妥当でしょうか?アクセンチュアではエンジニア、アーキテクト、テクノロジー・コンサルタント等の役割分担は今後、変化していくかと思います。必要に応じて「エンジニアリング」をすることもあれば、アーキテクチャを描く「アーキテクティング」もする。経営の未来を提言する時は「テクノロジー・コンサルティング」をする。このように『-ing』の形で役割を自在に渡り歩いていいはずです。これからの世界は、デジタルとテクノロジーが全ての企業の核となっていきます。デジタルとテクノロジーの力をしっかりと企業に融合させるために「エンジニアリング」の経験を持った皆さんの力がアクセンチュアのチームのハブになります。そんな未来を切り開くチームに参加したいと考える人、「エンジニアリング」「アーキテクティング」「テクノロジー・コンサルティング」を体現したい人が集まる場所です。

テクノロジー コンサルティング本部
インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービスグループ共同日本統括
マネジング・ディレクター 山根 圭輔

Work you’ll do

テクノロジーアーキテクティング

今や経営戦略の要となるシステム・アーキテクチャは、クラウド/マイクロサービスを前提としたアーキテクチャです。フロントのみならずエッジから基幹系まで構築することが、変化への対応とメガスケールが必要なビジネス戦略の前提となっています。アクセンチュアのテクノロジーアーキテクティングは、この次世代のコアとなるシステム・アーキテクチャを企画構想からコーディング実装までを自らの手でリードすることができます。

フロントエンドエンジニアリング

DX戦略やCXサービスを実現するタッチポイントとしてモバイルテクノロジーは欠かせないものであり、そのデザインやUX体験を高レベルで実現するのがフロントエンジニアです。iOS/Androidネイティブ技術やReact/Vue.jsなどのモダンWeb技術を駆使して、アジャイルなスタイルでモノづくりを行います。

デジタルエンジニアリング

Accentureが推進するDXはコンサルティング・プランニングだけでなくモノづくりまで一貫して行います。DXの手段であるモバイルアプリやAPI、あるいは社内システムの開発を具体的に進めるのがデジタルエンジニアです。DevOpsで自動化された開発環境でモダンなアーキテクチャを用いてAgileなモノづくりを行います。

インテリジェント・プログラム・コントロール(最先端のPMO)

プログラム/プロジェクトを責任ある立場で主体的にマネジメント/コントロールする役割です。最先端のマネジメントフレームワーク、最適なプロセス/ツールを活用し、AI-Robot-PMOを相棒にデジタル化したマネジメントを実践します。プロジェクトを推進する羅針盤を備えた全体の舵取りがミッションです。

全て見る

プロジェクト事例

アクセンチュアのエンジニアが支援したお客様・プロジェクト事例をご紹介します。プロジェクトの推進はコンサルタントやデザイナーなどの多様なメンバーと協業して実施することが多く、様々な組織の人と協業できることが魅力の一つです。

全て見る

Engineering jobs

公開 1か月以上前

Multiple Locations

デジタル・テクノロジーアーキテクト - テクノロジー コンサルティング本部 (ITS-IES)

Software Eng

Business Area: Technology

Years of Experience: 5-10

公開 1か月以上前

働く環境・開発環境

Slack&ChatOps/Robot-PMO

プロジェクトメンバー間のコミュニケーションは全員がSlackやMS-Teamsを活用して行います。また、Slackに組み合わせたChatOps/Robot-PMOがCI/CDの実行からプロジェクトの進捗管理(タスク管理、障害検知、報告書作成など)の支援を担い、エンジニアは自身のチャレンジを付加価値の高い設計やコーディング、テストに集中させることができます。

CoE(Center of Excellence)による活動

アクセンチュアにはプロジェクトの成功と進化を支えるCoE(特化型プロフェッショナル集団)が存在します。自動化に特化したサービスを提供するチーム、継続的&効果的なケイパビリティ向上に特化した人材育成トレーニング専門家チーム、全てのデリバリー情報の品質・生産性を分析した上でプロジェクトの改善・意志決定を支援することに特化したチームなどが各プロジェクトを横串で支えます。

トレーニングの充実/Training-CoE

CoEの一つであるトレーニングCoEでは、「デジタル人材」の核となる知識ベースを効率的に作るトレーニングを提供しています。IT初心者を対象にデジタルエンジニアに必須のテクノロジーバックグラウンド知識を一通り身につけられるハンズオン実習、アジャイル開発の進め方やDevOpsの利用の仕方などを包括的に学ぶトレーニング、デザインシンキングトレーニングなど多様なプログラムを提供しています。

ソリューションセンター

ソリューションセンターという拠点から複数プロジェクトに対してサービスを提供する、「One to Many」という形で働く専門家チームもあります。アクセンチュアの知を集約したソリューションセンターは東京をはじめとして全国及び海外にもあり、各拠点のメンバーとコミュニケーションを取りながら仕事を進めます。

社内OSS Gitlab

ACTS(様々な外部サービス連携&マイクロサービスによりデジタル・エコシステムを実現し、パーソナライズされたサービスを提供する開発・運用基盤)、MAINRI(顧客体験で求められる変化に合わせて、スケールし、分析し、変化できる次世代の基幹系コアエンジン)といったアクセンチュア独自のデジタルソリューションを社内OSSとして公開しており、誰でもGitlabを介して改善提案・改修をすることが可能です。

フレックス制度

毎月1日から末日までにおける標準総労働時間の枠内で、社員が各日の始業および終業の時刻を自主的に決めることができます。

短日短時間制度

週3日以上及び週20時間以上の範囲内で勤務時間を設定できます。制度利用の理由は育児や介護、ボランティア活動への参加も認められます。

語学トレーニング

英語をはじめとした語学力を磨くことで、最新技術や海外プロジェクトへのアクセスが容易となりキャリアの幅が広がります。アクセンチュアでは無料のオンライン語学トレーニングや、海外オフィスの社員とペアを組んで英語で会話練習をするランゲージ・バディ・プログラムなどを提供しています。

在宅勤務(ワーク・フロム・ホーム)制度

業務内容に合わせて在宅での勤務が可能です。利用時間に制限はなく、午後に外出する場合は午前を在宅勤務にするなど、活用方法は様々です。

ちょっとした感謝を伝える仕組み

E-cardを送付して、チームメンバーなど周囲の人に感謝を伝える仕組みが日常的に活用されています。昇進を祝う、プロジェクトへの貢献に感謝するなど用途は様々ですが、特別な功績が認められた場合には、ギフトに交換可能なポイントが授与されることもあります。

全て見る

Meet our people

関連コンテンツ

採用イベント案内、所属の社員によるブログ記事や関連コンテンツをご紹介します。

全て見る

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新採用情報を受け取る

アクセンチュアでのキャリアにご関心をお持ちですか?ぜひ、キャリア登録をご活用ください。ご関心に合った募集ポジションの新着情報、選考会などの採用イベントのご案内をお送りいたします。

全て見る