インフラストラクチャ・アウトソーシング

アクセンチュアの提供するインフラストラクチャ・アウトソーシングは、お客様のIT資産を可視化することでITインフラの最適化施策を立案・実行し、品質・コスト効率性にすぐれた新たなビジネス価値を創出するインフラを実現します。

提供価値

アクセンチュアの提供するインフラストラクチャ・アウトソーシングは、固定費の圧倒的なコスト削減から、IT高度化(基盤、運用)施策推進までワンストップで変革を実現します。

可視化による圧倒的な標準化・コスト効率化

3つのドライバー(オフショア領域の拡大、運用メンバーの効率アップおよびマルチスキル化、オートメーション化による自律運用推進)による可視化・コスト削減とサービス化による変動費化。

運用業務の自動化・高度化

RPA、スクリプト定型化による運用業務自動化促進・自律的改善・サービス化による変動費化。

サービス管理機能による継続的な施策推進

サービス管理機能を中心としたワンストップでのコスト削減・高度化施策の推進。

マルチクラウド環境下での運用効率性

アクセンチュアクラウドプラットフォームの提供、クラウド移行ツールの活用。

全て見る

ITアウトソーシングに求められる役割

これまでのITアウトソーシングは、オフショア化・標準化によるコスト削減を目的としたシステム保守・運用が中心でしたが、デジタル化の進展とともに従来の枠組みを超えたIT活用によるビジネス競争力強化が急務になり、新たなビジネス価値の創造が求められるようになっています。

これから時代は、ビジネス競争力の強化を狙うアウトソーシングが重要です。

ケイパビリティ

アクセンチュアのサービスは、インフラ戦略策定からサービス管理、次世代ネットワークへの変革、ワークプレイスソリューションにいたるまで、あらゆるニーズに対応しています。

ハイブリッド・クラウド

プライベート・クラウドにて必要となるセキュリティ要件を維持しつつ、パブリック・クラウドを適切に活用することで機敏性と柔軟性を持ったワークロード最適化を実現します。

ネットワーク

ネットワークキャパシティの増強と、新たな技術を用いた高度化・効率化を実現させるためのネットワーク戦略を策定します。

デジタル・ワークプレイス、コラボレーション

従業員があらゆるデバイスから必要な情報にアクセスできるような環境を構築します。

サービス/エクスペリエンス・マネジメント

クラウド資源を含めた効果的な資産管理の実現や、更なる業務効率化を促進させるために必要となる新たな手法・技術を活用していきます。

インフラストラクチャ・アズ・ア・コード

仮想化・クラウド・自動化などを組み合わせ継続的に環境最適化する、変化の激しいビジネス状況に即応したインフラストラクチャを構築します。

マネージド・エッジ/IoTデバイス

スマートフォンなどのエッジデバイスやIoTデバイスを活用し、データ処理を集中処理からエッジ側に移行することで、あらゆる場所にインテリジェンスを提供します。

全て見る

事例

  • 大手ハイテク企業:グローバル標準のIT・運用モデルを実現。またアクセンチュア独自の人材教育プログラムによりキャリアパスに応じたスキルアップを実現。
  • 国内大手製造業:運用コストを削減し、戦略投資資金を確保した上で、IT部門社員を運用実務から解放し戦略企画業務へシフト。さらにサイバーセキュリティ強化も推進。
  • 某大手小売企業:オフショアセンタ・オートメーションの活用により運用コストを削減。一元的なサービス管理により運用生産性・運用品質を可視化し、継続的な生産性・品質向上サイクルを実現し、運用を通じてIT設備の利用状況を可視化し、クライアント直接調達のIT設備についても構成最適化、不要サポートの解約等の合理化を推進
  • 独立行政法人:複数拠点のデータセンターを1拠点に統合し、ITコストを削減し、世界94拠点、約5,000ユーザに対する日・英語両方のITサポートを提供。40以上のサービスレベル項目を設定することで運用業務を可視化し、IT戦略支援を通じた継続的なIT高度化、および65の品質改善業務を能動的に実施。
  • 某大手製造業者:オープン領域で実装した「管理モデル」「運用プロセス」をホスト領域へ展開し、全体最適化された運用モデルを構築することで運用役務コストにおいて35%削減すると同時に、ITガバナンスが強化され、かつクラウドやデジタル技術などを順次実装されていくオープンインフラ基盤の構築を実現。
  • 某大手製造業:仮想化技術を活用した共通仮想化プラットフォームを6か月で構築。ユーザー業務に一切の支障を与えることなく物理サーバ台数の90%を削減(250台から25台)。現行ベンダによる長年(約10年)の運用でブラックボックス化された業務を可視化し、円滑な引継ぎアプローチにより6か月で移行完了。
  • 某外資系保険会社:オフショアでの高度なセキュリティを担保するため、専用区画における入退出管理・Citrixを用いたリモートアクセス環境の整備・運用メンバーのセキュリティ意識向上へ向けたトレーニングの実施。クライアントによる定期的な監査をクリア。
  • 某地方自治体:従来システム毎に設置されていたアプリヘルプデスク、およびPCヘルプデスクを統合。同種運用業務の水平統合、およびFAQなどのナレッジの統合による運用業務の効率化によりコストを35%削減。
  • 某ハイテク企業:システム開発、およびアプリ/インフラ運用をワンストップで提供。ワンストップ・サービスにより、お客様側の管理負担を最小にしつつ、最適なソリューションをテーラリングの上、お客様に提供。新会社設立に伴い、小規模システムでのスタートが要件であったため、運用サイトにおいてシェアードリソースを活用することで十分な要員とスキルを確保しつつ、且つ運用保守コストの抑制を実現。

その他、多数実績あり

関連リンク

企業が「テック・クラッシュ」を取り除き、“ひと”とのより強い信頼関係によって成り立つ新たなビジネス価値を提供するために、今後3年間で押さえるべき5つのテクノロジートレンドを紹介します。

イノベーションを推進する先行企業のマインドセットとは?

コロナ危機終息後、企業がビジネスを再開・改革する際に考慮すべき5つの優先事項をご説明します。

全て見る