サステナブル(持続可能)な投資と、サステナブルなリターン:先進的なプライベートエクイティファームは、利益とパーパス(企業の存在意義)のどちらもビジネスに一体として組み込むことで、両立が可能であることを明らかにしています。

環境、社会、ガバナンス(ESG)指標は、ベンチャーキャピタリストをはじめとする投資家たちにとって、投資ポートフォリオを決定するうえで重要な役割を果たしてきました。ところがPEセクターは後れを取っています。

時代の変化に対応するためには、PEファーム はPE業界を構築した起業家精神を、今ビジ ネスにおいて必須とされているESG価値創出 に生かす必要があります。そうすることで、PE ファームは成功に向けた新たなビジネスモデル を従来よりはるかに持続可能性の高いビジネ スモデルとして構築することが可能です。

なぜ今、リソースや戦略をESGに投入するのでしょうか。次の4つのトレンドが、今がその時であると示しています

2030年までに68兆米ドルがミレニアル世代に譲渡され、その世代の70%は資産運用担当者にESG指標に基づく投資審査を求めています。 ミレニアル世代は、投資家としてのみならず、労働人口としても一大勢力です。ミレニアル世代の従業員の多くは、ESGに対する価値観を共有できる企業を求め、約75%はサステナブルな企業で働くためであれば賃金の減少を受け入れると回答しています。

世界各国の規制当局が、企業や投資家の行動にESGを取り入れつつありますが、この点では欧州が最先端です。

自社のポジショニングの見直しが間に合わないPEファームは、ESGの先行企業に利益を差し出しているようなものです。優秀な人材の確保と囲いこみ、ESGを重視してセラーを魅了すること、投資による利益は、先行企業が獲得する利益のほんの一部です。

物言う株主(アクティビスト)の台頭からコーポレートガバナンス強化に及ぶさまざまな理由から、巨大企業グループは事業ポートフォリオを見直し、投資家の四半期ベース内部収益率(IRR)予想に応えようとしています。そうした動きに合わせて、経営陣は優位度の低い既存のビジネスモデルの再考を迫られました。PEファームには資金とスピードがあるため、ESGを中核に据えて旧来のビジネスモデルを変革することが可能です。

企業がESGに取り組むのは、人道的な理由からだけではありません。実際、サステナブル投資を実践する企業がそうでない企業より高いリターンを達成している多くの事例があります。

最前線の視点:PE担当幹部の見解

アクセンチュアは、現在ESG投資戦略に取り組んでいる120人のPE担当幹部を対象に、ESG投資を実現する上で最重要の変革分野と最難関の変革分野について調査を実施しました。

PEファームごとに課題は異なりますが、幹部が変革ために最も重要だと感じている項目とその難易度について回答をまとめました。要点は以下の通りです。

ESG投資のためのソーシング

最も多くの幹部が最重要課題としています。ただし多くの幹部がこの分野に着手し始めていることから、それほど困難な課題だとは認識していません。

ITおよび測定

ITおよび測定にはESG投資に関する知識基盤などが含まれ、変更するうえで重要性も難易度も高いとされています。

人材

正しいESG思考で投資先企業を正確に評価できる運用担当者や外部専門家の発掘などは、最難題に位置づけられています。

全て見る
課題の優先度と難易度のバランス

課題の優先度と難易度のバランス

PEファームは、ポートフォリオとファンドの2つの側面からオペレーティングモデルを再検証し、「サステナビリティDNA」強化とESGを考慮したビジネスモデルや投資バリューチェーンの構築に注力しています。

万能なアプローチはありませんが、通常、基本的変革の中にも変革を目指すオペレーティングモデルと深くかかわっているものもあります。レポート全文を読む。

世界中で、ESGに関しては「成果をチェックする」思考は忘れ去られていましたが、市民や経営陣は、地球が直面しているサステナビリティの課題や、持続可能な開発目標の重要性と影響力の大きさを認識しています。PEファームにとって、ポジティブなインパクトをもたらす投資は長期的な成功にとって不可欠になりました。アクセンチュアは、M&Aやサステナビリティ、テクノロジーに関する専門知識を駆使して、PEファームが継続的に利益を生み出す支援をします。同時に、その利益はパーパスを掲げることで増加するとお約束します。これこそが社会が求めていることです。

上野 正雄

ビジネス コンサルティング本部 ストラテジーグループ マネジング・ディレクター


Moritz Hagenmüller

Senior Managing Director – Accenture Strategy, Austria, Switzerland & Germany


Nina Jais

Managing Director – Accenture Strategy, Sustainability Services


Gregg Albert

Managing Director – Accenture Strategy, Mergers & Acquisitions

関連コンテンツはこちら

テクノロジーの再考が、プライベートエクイティに新たな価値をもたらす
業種別・企業規模別のDXの状況と課題調査

ニュースレター
ニュースレターで最新情報を入手(英語) ニュースレターで最新情報を入手(英語)