新型コロナウイルス(COVID-19)の危機が医療サービスの変革を進めたことで、ポスト・コロナにおける医療機器メーカーの競争環境は大きく変化しています。これまで製品・サービスを個別の要素として捉え「点」で提供してきた医療機器メーカーに対して、製薬メーカーやソフトウェア企業、スタートアップ企業は、医療サイクルを横断する「線」で事業・サービスを展開しています。こうした潮流に対し医療機器メーカーがどう進化していくのかについて、COVID-19がもたらした医療を取り巻く環境の変化と、先進企業の取り組みから考察します。

医療機関、医療従事者、患者の意識はどう変わった?

COVID-19による医療崩壊リスクに対面したことで、世界中の医療機関、医療従事者、患者の意識は大きく変容しました。これまで、医療機関では病院経営の効率化が主な課題となっていましたが、医療資源にかかる「負荷の抑制・分散」に向けた取り組みが求められています。
「限りある医療資源をいかに守るか」に関心が集まる中、国内でも、初診を含むオンライン診療の解禁や、医療機関の連携を通じた重症度別の患者振り分けをはじめとした、新たな動きが始まっています。

  • 医療の現場
    AIソフトウェアによる胸部CT画像の自動解析といったAI・デジタルテクノロジーの導入など、人的リソースに依存した体制からテクノロジーを活用した新たな現場体制へのシフトを推し進めるきっかけとなりました。
  • 患者の意識・行動
    健康や公衆衛生への意識が高まったことはもちろん、オンラインでの健康相談・診療を受診する人が増加しました。国や地域により受け入れのスピードに違いはありますが、オンラインを通じた医療サービスへの抵抗感が減り、受診行動にも変化をもたらしました。

これらの意識・行動の変化は、これまで硬直的であった医療サービスの変革を加速させることとなりました。

COVID-19による医療機関、医療従事者、患者の意識変化について

医療サービスの変化 ~データの活用と成果重視へのシフト~

医療資源の負荷分散、患者の受診行動の変化とともに、医療サービスの提供場所の分散・連携がスタンダードになっていきます。この環境変化は「医療サービスの結果・成果重視」へのシフトを一層加速させます。診断・診療のあり方が多様化する中で、増大し続ける医療費を抑えながら患者にとっての価値を維持・向上するためには、これからの医療は成果を起点とした医療サービスをトータルで捉えることが重要です。

成果を起点とした医療サービス、すなわち「医療アウトカム」の最大化に向けて、医療機関に医療機器やサービスを提供する医療機器メーカーが考えるべき点は2つのポイントがあります。

  1. 顧客の顧客である「患者にとっての価値提供」をいかに最大化していくか。
  2. 「患者にとっての価値提供の最大化」にあたっては、「点」から「線」へのアプローチが求められます。疾患の予防・認識から予後に至るまでの患者の行動・思考・感情などの体験プロセスを表す"ペイシェント・ジャーニー"に注目し、患者体験の連続性を「線」として捉えることで、診断・診療といった個別の医療サービスを「点」で支援する医療機器・ソリューションでは解決が難しかった課題にフォーカスすることができます。

    例えば、LINEヘルスケアが提供するオンライン健康相談では、2020年2月の問い合わせが前月比の40倍にまで増加しました。このとき、オンラインでのコミュニケーションを用いて適切な医療サービスの提供者・従事者へとつなぎ、いかにして診断・診療の質を担保するかが課題となりました。連続性・一貫性のあるペイシェント・ジャーニーの実現には「患者データ」の活用が必須となります。健康管理データを外部に提供し、活用していくことの重要性について理解が深まりつつある今が、医療機器メーカーがサービス提供を行うチャンスです。

  3. 医療サービスを提供する医療機関・医療従事者の業務を効率化し、医療サービスの提供コストを削減 ~中国やフランスの事例~
  4. 「医療機関・医療従者の業務効率化」でも、医療サービスにおける一連の業務をエンド・ツー・エンドで捉え直す必要があります。業務と業務をつなぐ課題解決にも、病院業務のデジタル化とデータの活用がポイントとなります。医療サービスの提供におけるAIやオンライン/リモートの有効性・必要性が強く認識された今では、より早いスピードで新しいテクノロジーの受け入れが進むことでしょう。

実際に、中国の工業情報化部では、数百を超える病院に対してCT画像診断のためのAIソフトウェアの導入が進められています。フランスにおいては、医師からの遠隔医療体制の整備に向けた需要が急増したことで、遠隔医療ソフトウェア導入の問い合わせが40%増加しました。医療サービスの一部がデジタル化されることで、そこで生まれるデータに対してAIを活用していく余地が生まれます。このデータを活用することで、医療機関・医療従事者の業務効率を改善することが可能になります。

医療のステークホルダーである医療従事者・患者の体験を「点」ではなく「線」で捉えることで、提供価値を最大化し、医療サービスのデジタル化を通じて生まれる「データ」を積極的に活用することで体験をシームレスにつないでいく。これらが、医療アウトカムの最大化に向けた重要なポイントとなります。

医療のステークホルダーである医療従事者・患者の体験を「点」ではなく「線」で捉えることで、提供価値を最大化

事例に学ぶ "隠れたニーズの再認識・再検討"

医療アウトカムの最大化に向けた取り組みは、製薬企業ではすでに取り組みが活発化しています。"Beyond the pill"のスローガンに代表されるように、これまで治療のための薬剤の開発製造を主に担ってきた製薬会社や先進的な医療機器メーカーにおいては、デジタルアプリケーションやAIソフトウェアの提供を通じ、予防や診断、予後の領域までポートフォリオを拡充し始めています。

ここでは、いくつかの事例からこれからの成功に向けたヒントを模索します。

  • Boston Scientific
    自社で取り扱っていた心臓ペースメーカーを起点に、心疾患患者の術後の再入院率の高さに着目。医療機関、アクセンチュア、センサデバイスメーカーとともに、入院時のリハビリプログラム管理、退院後の予後モニタリングのためのデジタル・ソリューションを開発しました。再手術・再入院で保険償還が効かないケースを削減することによって病院経営を効率化しながら、患者の術後QOL向上に大きく貢献しています。
  • Philips
    在宅呼吸ケアにおける医療従事者・患者向けのソリューションを開発し、販売を開始しました。在宅で呼吸ケアを受ける患者の継続的な遠隔モニタリングを可能にするとともに、患者自身はオンライン診察により医師の指示を受けることができるなど、医療従事者・患者双方の呼吸ケアにおける体験改善に取り組んでいます。
  • サービス領域拡大の事例 ~Medtronic社~
    処置具や手術器具を扱うMedtronic社は、AIを活用した手術トレーニングや臨床意思決定を支援するDigital Surgery Platform企業を買収しました。これをきっかけに手術におけるフィジカルなデバイスから、手術やOR室のデジタル化、術者のトレーニングまでにわたる、提供サービスの幅を広げることに成功しています。手術器具を利用する術者の体験を強化し、そこで得たデータをもとに自社製品やサービスにフィードバックをかけることで、手術における一気通貫での体験向上を狙っています。

これらの事例の共通点は、医療のステークホルダーである患者や医療従事者の“体験“をヒントに、潜在ニーズに着目することで、自社の強みを活かす方法を模索している点にあります。患者や医療従事者の体験におけるニーズを再点検し、自社の強みを起点として提供できるもの・提供すべきものがないかを検討しています。

加速する医療サービスの変革に対応していくためには、自社でできることから想起する自前主義から脱却し、パートナーシップやM&Aを含む他社とのコラボレーションを通じたオプション展開を前提に検討を進め、一気通貫でのサービス提供を目指すことが鍵となるでしょう。

New Normalに向けて テクノロジーの社会実装 AI5G、ブロックチェーン等

ここまでステークホルダーの体験を起点にした課題解決の重要性を確認してきましたが、課題解決にあたっては、新しいテクノロジーの活用が重要な点についても改めて確認しておく必要があります。

AIの導入は、すでに当たり前のものとしてあらゆる領域のサービスに組み込まれつつあり、医療サービスにおいても同様の傾向が見られます。医薬品のサプライチェーンではブロックチェーンの活用が試行されており、各種医療データの管理においても活用が進むことが想定されています。5G通信の有望なユースケースの1つとして遠隔医療への展開が上げられており、患者と医療提供者をつなぐインフラの整備は徐々に進められていくと予想しています。

一方で、新しいサービスにおける負の側面やリスクにも十分に目を向ける必要があります。すでに各種の医療機器はサイバーセキュリティのリスクにさらされています。リスクをコントロールしつつ、行政や病院と連携しながらテクノロジーの社会実装を進め、競合優位性のあるサービスを目指すことが重要です。

医療機器メーカーに求められるアクションをまとめると、以下の通りとなります。

  • 患者や医療従事者の体験視点でのニーズの再点検
  • 自社の強み領域と潜在ニーズを起点とした、横断ソリューション(「点」から「線」へ)の検討
  • 他社との協業・M&Aを前提とした、広い視点でのサービスデザイン
  • データプラットフォームの活用
  • 新しいテクノロジーの活用機会とセキュリティリスクのバランス

加速する医療サービスの変革をリードし続けるためには、COVID-19が生んだ変化を一過性のものとせず、今後の社会課題として捉え直して、これからの展開を検討しなければなりません。医療提供のあり方や医療サービスそのもの、自社ビジネスを変革するための「機会」として、新たな医療サービスの実現に向けて動き始めることが重要です。

世界の医療機器分野をリードするアクセンチュアの取り組み

独立調査会社エベレストグループの2020年7月13日のレポートで、アクセンチュアは「医療機器デジタルサービス領域におけるリーダー的存在」として位置づけられました。世界の医療機器ITサービスプロバイダー企業21社の中で、アクセンチュアはMedTechハブとプラットフォームソリューションを中心としたイノベーションと、強力なコンサルティング力による広範囲なパートナーシップが高く評価されています。

独立調査会社エベレストグループの2020年7月13日のレポートで、アクセンチュアは「医療機器デジタルサービス領域におけるリーダー的存在」として受賞

チーム紹介

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで