クラウド活用の悩み・課題に寄り添うアクセンチュア

アクセンチュアの「クラウド・エンジニアリング」は、お客様がクラウドを利用したシステムを構築する際のプロジェクトをエンド・ツー・エンドで包括的にご支援するケイパビリティです。

クラウドの黎明期において、多くのお客様はクラウドを利用したシステム構築に手探りの状態でした。当時はオンプレミスのデータセンターにあるサーバーをクラウド上の仮想サーバーへ移行する取り組みが主流であり、ポータルサイトや情報系システムといった比較的難易度の低いクラウド環境への移行・利用が中心だったといえます。

しかし時代の変遷とともにクラウドベンダー各社のサービス拡充・新規投入は加速し、いまや進化は日進月歩であるといえるほど急激です。そのため、お客様企業も日常業務を処理しながら、そうした変化に追随していくことが困難な状況となっています。サービス内容やテクノロジー、インフラのみならず、クラウドを巡る社会状況そのものが大きく変化したといえるでしょう。

その最たる例が、オンプレミスのデータセンターを廃止し、ミッションクリティカルな基幹系システムを含めた全システムをクラウド上に構築するユーザー企業の増加です。さらに最近は、クラウドのメリットをフル活用するクラウドネイティブ・システムを構築する例も増えています。

昨今では非IT部門の役員もクラウド化によるコスト削減、ITの俊敏性獲得に大きな期待を寄せているなど、クラウドに対する考え方にも変化が見られます。その一方で、高付加価値のクラウドサービスが複数存在することにより、CIOやIT部門責任者からは新しいプラットフォームの使い方、クラウドネイティブ・システムをどのように設計し、どのよう構築・運用するべきかに対する戸惑いの声が多く挙がっています。本論考をお読みの方の中にも、どのようにしてクラウドのソリューションを選択するべきか、その選択や評価の基準をどう考えるかに悩まれた方が多いと推察します。

そうしたお客様に寄り添い、ITに関する経営課題を丁寧に解きほぐしながら、最適なソリューションの選択をお手伝いするケイパビリティがアクセンチュアのクラウド・エンジニアリングです。

クラウド移行のプロジェクト・マネジャーとして価値創出へ伴走

クラウド・エンジニアリングは、お客様のクラウド活用戦略の策定と実行をトータルでサポートします。クラウド移行においてはプロジェクト・マネジャーとしての役割を担い、お客様ごとに異なる多様なニーズにお応えする知見をご提供します。

1. クラウド活用戦略の立案とゴール設定

お客様のパートナーとして、クラウド・エンジニアリングのケイパビリティチームは「クラウド利用に関するお客様のテーマ」を詳細にヒアリングしつつ、大きなビジョンと具体的なゴールの設定を実施します。

以下は日本企業に多い目標やゴールの一例です。

  • 基幹系システムをクラウドへ移行し、より機動的で柔軟なIT環境を実現したい
  • 自社データセンターを無くし、ハードウェア資産等の管理業務をゼロにしたい
  • OSのアップデートやバージョンアップの負担を軽減したい

2. ステップに分解した実行計画で現実的なアプローチを提案

最終ゴールに至るまでには、必ず何段階かのステップやフェーズが必要となります。クラウド・エンジニアリングでは現実的かつ、確実な効果創出を実現するための実行計画の立案に向けて、お客様側メンバーとの協働を重視する姿勢で取り掛かります。

各ステップでは、最新クラウドサービスの適用可否はもちろん、必要に応じて、お客様の環境において、どのような成果が見込めるかに関するPoC(概念実証)を実施します。成果は期待通りに得られるかどうか、クラウド・エンジニアリングのチームが検証と改善を繰り返し、実行計画を精緻化していきます。

3. お客様をクラウドサービス選定の悩みから解放

昨今、お客様がクラウド活用において最も悩まれ、ご苦労されるフェーズがクラウドサービスの選定です。主要クラウドベンダー同士の切磋琢磨が非常に進んでいることから、クラウドに関する専門知識を持たない場合、どのようにしてベンダーやソリューションを選定するべきかといった判断は非常に難しいものとなります。

アクセンチュアはクラウドベンダー各社のサービス内容を日々ウォッチしているほか、ときにはサービス開発そのものにも関与しています。各社のサービス内容や「得意なこと・不得意なこと」に関する情報を熟知しており、それらのサービスを実際に活用、構築した経験量においても一般的なSI企業と比較して群を抜いています。これにより、豊富な実践経験に基づくご提案が可能です。

以上のことから、お客様はクラウドベンダー選定で悩まれる必要はなくなり、サービスをフル活用した価値創出に集中できるようになります。

現行システムアセスメントから移行運用までの流れ

「クラウド移行ありき」ではないクラウド戦略

クラウド・エンジニアリングは、文字通りお客様のクラウド移行による価値創出をお手伝いするケイパビリティです。

しかしアクセンチュアでは、「クラウド移行ありきの取り組みではない」という点も重視しています。手段の目的化は、クラウドの真価を得られないばかりか、移行に関する負担が後々へと悪影響を残す可能性があります。

そのためにこそクラウド・エンジニアリングでは、下記のプロセスにおいて、お客様のゴールとアラインしているか、最適な標準化がなされているかといった検証を絶えず繰り返します。

  • 現行システムのインフラやアプリケーションのアセスメント
  • クラウド側のアーキテクチャ設計
  • インフラのプランニング
  • 標準化、ポリシーの策定
  • アプリケーションインフラの移行
  • テストと動作確認
  • 実運用のサポートによる効果の刈り取り

オーケストレーションによるマルチクラウドの実現

アクセンチュアは主要クラウドベンダー各社と、グローバル規模の強固なアライアンスを構築していることが大きな特徴です。

世界中の大企業のクラウド化を支援しているアクセンチュアだからこそ、各社とのアライアンスはそれぞれのサービス内容に強く踏み込むことができ、日本企業のお客様にとって有益な知見の獲得で効果的に働きます。その一方、特定のプレイヤーに偏らないことで、クラウド業界全体における均衡を保つ機能も果たしています。

こうした公平な視点と正確な情報に基づくサービスの組み合わせ・使い分けこそが、アクセンチュアがマルチクラウドの最適プランをお客様へご提供できる根拠です。

クラウドベンダーがそれぞれ持っている優れたサービスを抽出し、Kubernetesのようなオーケストレーションシステムと連携させて一元的に統合管理するといったマルチクラウドの価値を存分に享受できるソリューションの提供事例もすでに登場しており、特定サービスへの依存の回避と、価値の最大化に大きく貢献しています。

クラウド活用による効果の最大化へ

さらにクラウド・エンジニアリングでは、様々な種類のプラットフォームに対し、ユースケースや業務要件、非機能要件から適材適所のアプリケーション配置などに関しても、SaaSのソリューションを最大限に活用するご提案をしています。言うなれば「作らない方向から考える」といったアプローチです。

最新のクラウド技術の活用についても、例えばイベント駆動型・コンテナベースのバッチアーキテクチャをマイクロサービスとして、仮想サーバーを使わずに構築・実装するといった事例があります。さらにDevOpsやアジャイル開発を取り入れ、運用しながら改善とソフトウェア開発のサイクルを回すなどの最新の開発手法の適用も可能です。

このようにアクセンチュアのクラウド・エンジニアリングは、大規模な既存システムのクラウド移行から最先端クラウド技術を活用した新規システム構築・運用まで、あらゆるクラウド案件の企画立案、実行、運用でお客様に寄り添い、クラウド活用による価値の最大化に貢献しています。

統合運用監視基盤(各クラウドとオンプレミス上で稼働しているKubernetes環境を監視および管理)

福垣内 孝造

テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービス グループ プリンシパル・ディレクター

関連コンテンツはこちら

リーン・クラウドマイグレーション
クラウド・プラットフォーム
クラウド・セキュリティ

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで