Skip to main content Skip to Footer

採用案内


女性が活躍する職場

女性社員が自分自身でキャリアを考え、構築し、活躍できる職場であることは、多様性を重視するアクセンチュアでは基本にある考え方です。私たちは社員のライフステージに合わせた働き方の実現を支援しています。

アクセンチュアの女性活躍推進活動

アクセンチュアでは”インクルージョン&ダイバーシティ”を経営戦略として位置付けており、女性をはじめ多様なバックグラウンドを持つ社員が協働し、活躍することで、お客様の様々なニーズにお答えできると考えています。
日本では、2006年にJapan Women‘s Initiatives(JWI)を発足。この活動は、所属や役職を越えた社内横断組織により企画・実行されており、女性社員が最大限の能力を発揮して活躍できるよう、経営・人事・現場が一体となり様々な活動に取り組んでいます。
グローバル全体の取り組みの成果と合わせて、2016年に10年を超えたこの取組みの成果を、一部ご紹介します。

(2016年度第3四半期時点28.5%)
(2016年度第3四半期時点12.7%)

取り組みの成果・受賞実績

えるぼし

厚生労働大臣が女性活躍に関する取組状況が優れている企業を認定する制度です。 アクセンチュアは、 最高評価の”三段階目”の認定を受けました。

くるみん

同じく厚生労働大臣が「子育て支援に積極的な企業・団体」をが認定する制度です。

ワークスタイルの多様化にこたえる制度

アクセンチュアでは、社員が仕事と私生活のバランス(Work Life Balance)を取りながら、多様な働き方ができるよう仕組みを整えています。中途採用者の方でも、入社後まもなく、育児と仕事をサポートする制度を活用し、パフォーマンスを発揮していただくことが可能です。
短日短時間制度
週20時間及び週3日以上の範囲内で勤務時間の選択が可能です(週3回で1日7時間勤務など)。育児・介護のほか、ボランティア活動への参加も対象理由として認められます。また、本制度を利用している社員でもフルタイムの正社員と同様に福利厚生を享受できます。
在宅勤務制度
ご自身の業務内容に合わせて利用が可能です*。午後外出の場合に午前中は在宅勤務するなど、活用方法は様々です。2016年より全正社員に展開された本制度は、利用者も多く、Skypeなどを活用し会議にもリモートで参加しています。 *社内運用ルールを満たすことを前提として、上長の承認を得た上で利用できる制度です。

アクセンチュア育児制度一覧 Case1
アクセンチュア育児制度一覧 Case2
アクセンチュア育児制度一覧 Case3

国際女性デー(IWD)イベント

アクセンチュアでは、毎年国際女性デー(IWD=International Women’s Day)にあわせ、世界規模で全女性社員が集うイベントを開催しています。日本でも、基調講演やゲストスピーチ、グループディスカッション・パネルディスカッションを通じて、女性社員がお互いに交流を深めるための1日を開催しています。
ダイバーシティの実現には、本人だけでなく周りの協力・理解、習慣や価値観、更には環境の改善などが必要です。「女性が本当に活躍できる組織づくり」を目指すアクセンチュアでは、このようなイベントを通して、女性社員だけでなく男性社員の意識改革にも取り組んでいます。



女性の管理職推進に向けて

女性社員全体を増やすには、悩みや苦労を相談できる女性管理職を増やすことが大事だと私たちは考えています。アクセンチュア・ジャパンでは、女性管理職研修の充実に加え、定期的に「3Rアプローチ」で管理職候補者をアセスメントし、昇進するために欠かすことのできない「成長機会」の不足を補っています。また、候補者一人ひとりに指導役の管理職を”スポンサー”としてつけ、自己主張が控えめになりがちな女性候補者に代わって、その成長を経営陣にアピールする仕組みも導入しました。
3R
  • 部長・課長候補の女性が十分に「成長機会」を得られているか、3つの観点(3R:Right Client, Right Role, Right Sponsor)に基づき、個人別の人材開発プランを作成

  • 成長機会の不足が識別された場合は、迅速なアクションを候補者のスポンサーとともに実施

お問い合わせ

最新の募集ポジション

現在日本で募集中の全ポジションをご確認いただけます。また、下部の検索ボックスよりキーワードで検索いただくことも可能です。

募集ポジション

検索 を開始: ポジション名、スキル、これまでのご経験や希望勤務地を入力

最新情報を受け取る

アクセンチュアのタレント・コネクションに登録すると、ジョブ・アラート機能で最新の空きポジション情報を受取ったり、キャリア・ブログを読むことができます。