半導体:The smart behind smart

アクセンチュアは半導体業界にイノベーションを組み込み、戦略的な洞察と実行可能な計画によって、半導体業界と隣接するエコシステムにイノベーションをもたらします。

COVID-19の影響をナビゲートする

COVID-19:半導体業界におけるビジネス・レジリエンス

エコシステム全体を通じたイノベーション

アクセンチュアがどのようにして半導体業界に変化をもたらし、直面する課題を克服して、業界の変革への期待に応えているのかをご覧ください。IDMIP設計者、ファブレス、ファウンドリー、装置メーカーなどで形成される半導体エコシステムは、これまでとは異なる新たな方法で協働しています。

こうした新たな協働のためには、事業機会をどのように活用し、半導体エコシステムの複雑さを解消できる適切なソリューションを見つけることのできる専門家が必要になります。アクセンチュアはクライアント企業と共にこうした変化にうまく対応して混乱を乗り切り、市場を制してコモディティ化を回避します。

Innovating across the ecosystem | Accenture

トランスクリプトを読む

半導体エコシステムを通じた協業体制

ますます多くの企業がアナリティクス、AI、コネクテッドワールドによるスマート時代に移行する中、こうしたテクノロジーを定義し、進化させているのが半導体業界です。アクセンチュアは半導体エコシステム全体と協力し、あらゆるレベルのエンゲージメントを提供しています。

垂直統合デバイスメーカー(IDM

  • AI/MLを用いたデータ活用による競争優位性
  • 重要プロセス/パッケージ技術のためのハイブリッド製造ソリューション
  • ソリューションベース型企業に移行するためのコスト削減戦略と戦術

ファブレスメーカー

  • サプライヤーや顧客拡大に伴うインフラ最適化
  • データ運用によるインサイト導出時間の短縮
  • 戦略的成長プラン

ファウンドリー

  • サプライチェーン改革とシステム導入
  • 2D2.5D3Dパッケージ技術に対応した複雑なICおよびバックエンドのプランニングニーズの実現

装置メーカー

  • プロセス開発とコラボレーションによる新たな収益源の獲得
  • 製品ライフサイクル管理
  • スピードと効率のトレードオフ

全て見る

自己改革の能力を持つ半導体業界

コアの変革

新たな効率化を図るために、設計、エンジニアリング、製造、テスト、オペレーションまでをデジタル化して統合

企業の買収&合併(M&A)

事前の統合計画、クリーンルーム分析を徹底し、厳密なポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)プロセスを経て確実に価値を獲得

The smart behind the smartの実現

データの活用によって、自社製品が切り拓くスマート時代が企業にもたらされる

トランスフォーメーションをスマートに実現

コアと隣接市場とで、投資とリソース配分のバランスを図る

eコンピューティングの再構築

クラウドとハイパフォーマンス・コンピューティングの力を活用して、シミュレーション、テスト時間、設計検証を改善するとともに、固定費を削減

エコシステム戦略パートナーシップ

適切なパートナーを特定して組み合わせ、新たなイノベーションや新たな能力を推進すると同時に、従来市場を超えて収益源を拡大

全て見る

ケイパビリティ

企業の買収&合併(M&A)

  • 水平/同心的合併
  • 事業分割:カーブアウト/ジョイントベンチャー
  • シナジー効果の測定/価値実現
  • ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI
  • ターゲット・スクリーニング

アナリティクスと洞察

  • R&D 新製品の導入
  • エンジニアリングおよびテスト戦略の開発
  • ソーシング、サプライチェーンおよびウェアハウスオペレーション
  • 製造アナリティクス

システムの導入

  • ITおよびインフラストラクチャ戦略
  • アプリケーションの合理化
  • アプリケーションおよびインフラストラクチャのアウトソーシング
  • ERP戦略と導入
  • エンジニアリング・コンピュート

全て見る

事例:俊敏性によって競争優位性を得るためのカーブアウト

NXPがアクセンチュアの支援によってディスクリート、ロジック、CMOSトランジスタ(MOSFET)市場を効果的に分割し、半導体業界の高成長市場分野にフォーカスしていった事例を紹介します。

続きを読む

リーダー紹介

FAQs

アクセンチュアは、半導体企業が自ら再構築できるよう支援し、レジリエントなサプライチェーンの構築、エコシステム全体へのエンゲージメント、M&Aの推進、次世代チップの設計を支援しています。

現代のサプライチェーンは、スケーラブルでディスラプションに耐えられるよう構築されています。効果的な半導体サプライチェーンは、チャネルごとにサプライヤーが多様化された状況で、テストや集中管理によって、統合的なインサイトを得ることで潜在的な問題領域の特定も行います。

半導体エコシステムは、半導体開発全体に関与し、垂直統合デバイスメーカー(IDM)、ファブレスメーカー、ファウンドリー、装置メーカーなどを含みます。

現在の半導体不足は、環境要因や地政学的要因、パンデミックに関連したイベントなどが重なったことで生じたもので、メーカーの多くが生産をスローダウンし、予測の見直しを余儀なくされました。その結果、メーカーが増産に転じると入手可能な半導体をかき集めなければならないという事態が生じています。