さまざまデバイスでのユーザーエクスペリエンス(UX)を迅速に設計、開発

デジタル・ストア・フロントは、さまざまなデバイスでのカスタマーエクスペリエンス(UX)を最適化する、直感的な設計・開発ツールです。UX編集アプリケーションとAPIサービスを組み合わせたオールインワンツールで、デジタル製品をエンドユーザーのニーズに合わせて提供していくことができます。

コンテンツの収益化を使命とする企業にとって、このツールが提供する顧客に関する知見により、コンテンツやチャネルのエンゲージメント強化と収益拡大の機会を機敏にとらえることができます。

デジタル・ストア・フロントは、製品を市場へ投入するスピードを飛躍的に高め、常に最適化されたオムニチャネルエクスペリエンスを提供するために必要な開発者の数を削減することが可能です。

また、デジタル・ストア・フロントの既製機能により、エンドユーザーエクスペリエンスの迅速な開発が可能です。このツールの拡張性に優れたウェブベースのアーキテクチャは、既存のプラットフォームに支障をきたすことなく機能するデカップリングレイヤーを備えており、これが新しいユースケースを迅速に確立するための土台となります。

デジタル・ストア・フロントのメリット

サーバー側のUXロジックとAPIは、あらゆるアプリケーションのフレームワークと統合でき、編集チームがエンドユーザーエクスペリエンスを一元管理できるようになります。そのため、このプラットフォームを利用することで、以下のようなさまざまなメリットを得ることができます。

50%の労力削減

高度なビジネスロジックを支えるコードライン、UI開発、テストの工数を50%削減。

短期間での市場投入

新機能の市場投入に要する時間を、数週間から、たったの数時間もしくは数分へ短縮。

設計効率が80%向上

一度開発したビジネスロジックをさまざまなアプリで再利用できるため、デバイス固有の設計作業が約80%減少。

ノーコードまたはローコードのスキルへの移行

Universal JavaScriptのスキルを習得し、従来のデバイス別(iOS、Android、Web、各種コンソール)の専用設計チームを廃止。

全て見る