Daisuke F.

マネジメントコンサルタント[製造・流通本部-SCM領域] シニア・マネジャー

東京オフィス


"前職は製造業向けの日系SIer。2012年、30歳の節目にアクセンチュアに入社し、マネジメントコンサルタントに転身。アクセンチュアというプラットフォームを活用して業界の変革にチャレンジ"

What I do

社内の各組織とコラボレーションし、クライアントへの提供価値を最大化することが役割
現在は物流業界を担当しており、お客さまの新規事業立ち上げをサポート。その中で、マネジメントコンサルティングのプロジェクトリードとして、お客様が実現すべきことを具現化し、弊社のスペシャリストとコラボレーションしながらプロジェクトを推進しています。アクセンチュアには業界、デジタルをはじめとしたテクノロジー、アウトソーシングなどお客さまのチャレンジをサポートするために必要な専門的な知見を持っているスペシャリスト集団とともにプロジェクトを推進できることは心強いです。

苦労を乗り越え、自身のマーケットバリューをアップ
SIer時代(前職)はある一定の「型」に沿ってシステムを構築していましたが、アクセンチュアに入社直後は考え方、アプトプットの出し方、動き方といったコンサルティングの「型」を身に付けるのに苦労しました。思考の仕方を含めた基礎的なビジネススキルとスピード、質の全てを必要とされる環境で、先輩方にはたくさん叩き込まれましたね。自分でも基本を勉強は色々しましたが、今の自分の根幹を築けたのは、お客さまの期待値を肌で感じ、実案件を通して積ませてもらった経験と先輩方の指導、サポートのお蔭です。その過程において、個人のケーパビリティ、スペシャリストと連携するプロトコルの幅は広がり、転職にあたって望んだ”自身のマーケットバリューを上げる”という目的は達成できたと思います。この経験から、自身を成長させる場としてもアクセンチュアはいい会社だと思います。

目標はお客さまの変革を通じてより良い社会にすること
業界課題を捉えて、アクセンチュアというプラットフォームをベースに、社会にプラスインパクトを与えことをしていきたいと思っています。例えば、医薬品業界のサプライチェーンでは古くから積み重ねてきたスキームによって生じてしまう業界課題があり、それを解消することにより社会的に大きなインパクトを生み出すことが出来ます。業界課題に対してお客さまとアイデアをもって取り組んで行くこと、お客さまだけではなく関連プレイヤーも巻き込んで変革を具体化していくことが、現在のコンサルタントとしての私の仕事だと思っています。先に「アクセンチュアというプラットフォーム」という言葉を使ったのは、個人では難しい規模の課題にも、アクセンチュアというスペシャリストの連合体を活用し、業界の垣根さえ超えたエコシステムの構想から実現まで対応することが出来るからです。

職種について詳しく見る→ 製造・流通本部 採用案内

A day in my life

4カ月の育休では4歳の長男としっかり向き合えたのが収穫
マネジャー2年目のとき2人目の子供が出来たタイミングで、4ヶ月の育児休暇を取りました。夫婦共に実家が遠く、なかなか両親の手を借りられないため、妻一人で4歳の長男と生まれたばかりの子の面倒をみるのは大変で、その時の上司に相談したら「家庭がうまく行ってないと仕事もしんどいから、まずは家庭を大切に」と育休の取得を快諾してくれました。取得して家族と過ごす時間をたくさん取れたことはもちろんですが、その時4歳だった長男とじっくりコミュニケーションを取る時間を持てたことはとても有意義だったと思っています。今のプロジェクトでも「まずは家庭を大切に」は当たり前のようになっています。家族のこともメンバーと話し、リモート(自宅ワーク)など工夫をしながら、皆で持ちつ持たれつ、お互い協力しながらやっています。

2回の昇進を経て、心掛けていること
コンサルタントとして入社後、マネジャー、シニア・マネジャーへと役職が変わり、作業者から作業をマネージする立場に変化し、今はCXOのお客様の期待値をちゃんと理解し、プロジェクトを牽引する立場になりました。お客様も含めたプロジェクトのメンバーに対し、如何に、個々人やその時のシチュエーションを捉えた良い問いかけをするか、ということを心掛けています。仕事中はもちろん、雑談や会食中も、その問いかけの中で、小さなアイデアから大きなアイデアまでが生まれてきているので、その問いについて考えることを楽しんで欲しいと思っています。

"「家庭がうまく行ってないと仕事もしんどいから、まずは家庭を大切に」が当たり前"

My advice

成長への好循環を生み出す仲間と環境
自分を育てるプラットフォームとしてアクセンチュアはお勧めです。業界のトッププレイヤーが集まる集団なので、面白い仕事にたくさん触れられることと、キャリアを積めばそれを自分が作り出す側にもなれるので、是非チャレンジしてほしいです。苦労はあるかもしれませんが、そのような時は尊敬できる先輩に素直に相談することです。私にも色々な角度で刺激的な先輩・相談相手がいて、迷ったときには、彼らだったらどうするだろうかと自分の考えをトレースして整理することもあります。アクセンチュアは厳しい人が多いと思われているかもしれませんが、個人的には案外良い人が多いと思いますよ。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る