デジタル時代の新たな大学の方向性について

あらゆるものがつながる超スマート社会「Society 5.0」の到来により、企業、組織のデジタル・トランスフォーメーション(DX)は待ったなしの重要課題となってきています。大学も例外ではなく、デジタル・テクノロジーを活用した、経営の効率化や学生サービスの強化への期待はかつてなく高まってきております。

What we think

大学におけるDXとしては、Robotic Process Automation(RPA)などの活用による事務の効率化に留まらず、データ活用による経営の高度化や、人工知能(AI)などの先端テクノロジー活用による学生・教員向けサービスの強化など、様々な場面で活用でき、今後の大学の成長を支える重要な基盤になると考えています。これらのDXで高い成果を上げる為には3つのキーポイントがあると考えています。

デジタル前提組織への変革

金融機関などの企業では、RPAやAIを活用し、事務処理は“ロボット”に任せ、“ひと”が付加価値の高い業務に注力する試みはもはや珍しくありません。金融機関同様に事務処理が多く、卒業・入学にあわせ業務量の繁閑差が発生する大学事務においても、高い効果が期待できます。
一方で、これらデジタルツールは闇雲に導入すれば良いわけでなく、効率化効果を継続して最大限享受する為には、全学横断的な取り組みとして適切なステップで導入していくことが肝となります。例えば、各ツールやエンジンにはそれぞれ得手不得手があり、更に技術的な進展は日進月歩であることから、複数のツール をHUB経由で提供・制御できる仕組みを実現することが有効となります。その他にも、導入に併せて、業務改革やセキュリティ対策を講じることも不可欠となります。

データ・アナリティクス基盤の確立

経営環境が絶えず変化し続け、個々人の志向が多様化する現代社会において、大学にても、今後はデータのチカラを最大限に活用した運営に転換してくことが求められています。例えば、学生獲得や退学防止など、経営に影響を及ぼす諸課題に対して、データによる科学的根拠に基づき早期に有効な打ち手を講じていくことは大変に有効となります。
一方で、個人情報の不正利用に対する不安増大や規制強化により、各種データの収集・取り扱いには十分な留意が必要となってきています。従って、学内外に点在する様々な情報のうち、収集すべき適切なデータを見極めた上で、DXの中核として、継続的にデータを取得・可視化できるような、セキュアなデータ・アナリティクス基盤を構築することが肝となります。一例として、明星学苑では、アクセンチュアと協創し、DXの中核として統合データベースをデジタルプラットフォームとして構築しています。

エコシステムの創出

生粋のデジタルネイティブであるZ世代の学生は、普段利用している様々なサービスのように、大学が提供する学生生活や勉学を支えるサービスに対しても、いつでもどこからでも利用できる手軽さや、個々人の志向に合ったパーソナライズサービスを求めています。
学生の多様なニーズに応えていく為には、大学単体では限界があり、民間企業や自治体などとエコシステムを構築し、各種サービスを提供していくことが肝となります。教職員が対面中心に提供する従来からのサポートに加え、チャットボットなどのデジタルサービスを有機的に組み合わせ提供することは、学生の成長の手助けとなり、大学の魅力向上にも有益であると考えています。一例として、近畿大学では、アクセンチュアと協創しながら、ブロックチェーンをベースにしたデジタルプラットフォームの実証実験を実施し、より楽しく、自由に、学生生活が過ごせるようなサービスの提供に挑戦しています。

全て見る

Service menu

全学的なDX戦略の策定

各大学の目指す姿や現状課題に鑑み、教育・研究機能の強化、大学の魅力向上、事務の効率化などを目指した全学的なデジタル活用方針と中長期の変革ロードマップの策定を支援します。同時に、DXを推進する為の組織体制や人材確保の設計も支援します。

RPA・チャットボットなどを活用した事務改革

RPAやチャットボットなどのデジタル・テクノロジーを駆使し、定型事務業務/ノンコア業務の集約センター化などを組み合わせて、超効率的な事務体制への変革を支援します。また、集約化したバックオフィス業務を中心に、更なる効率化・コスト圧縮を狙ったアウトソーシング(BPO)を請負うことも可能です。

デジタルサービスの創出

デジタルを活用し強化すべき学生・教員向けサービスを見極め、各大学が抱える課題、目指す姿に応じたデジタルサービスやプラットフォームの構築を支援します。構築にあたっては、ユーザとなる学生や教員をカスタマー(顧客)に見立て、カスタマーエクスペリエンス(顧客としての体験)を重視した手法にてサービスをデザインします。また、多様なサービスの提供に向け、複数大学・企業などを巻き込んだエコシステム構築も支援します。

データ・アナリティクス基盤の整備

大学内には、財務データや入試・進路データ、学習履歴データ、そして学生の活動・行動履歴など、数多くのデータが存在します。それらデータを継続的に取得し、経営陣・教職員・学生・保護者などが統合的なデータを利活用できるセキュアなデータ・アナリティクス基盤の構築を支援します。

データ活用促進

国内外で数多くの実績を持つアクセンチュアのアナリティクス専門部隊による分析を通じて、経営方針の策定や新たなサービス創出の支援をすることが可能です。加えて、オープンデータ化による、大学・企業などを巻き込んだエコシステム構築など、持続的・自律的な仕組みの構築も支援します。

全て見る

Our leaders