Skip to main content Skip to Footer

転職した時期:20代後半
入社年:2017年
転職前のキャリア:国内大手銀行に入社。支店にてリテール営業に従事後、本部にて事務企画業務を担当

1. アクセンチュアに転職応募したキッカケ(なぜコンサルタント?なぜアクセンチュア?)

前職では、銀行事務を統括する部署で手続策定やシステム開発に携わっていました。支店や事務センターの業務改善というテーマにやりがいはありましたが、銀行内部では能動的に既存の枠組みを変えたり新たに構築するといった業務に携わる機会はほとんどありませんでした。デジタル化や異業種参入などにより銀行ビジネスが変革期にある中、ビジネスの枠組みを変えるような仕事にもチャレンジしてみたい、またその中でスキルアップを図りキャリアの幅を広げたい、という思いがありアクセンチュアへの入社を決めました。

2. 前職と現職の違い(こんなところがオモシロイ、驚いた)

前職は典型的な日系企業だったため違いを感じることは多々ありますが、特に仕事への取組み方としてアウトプットに徹底的にこだわる点は印象的です。例えば、ある資料を作成する際に、資料構成や一つ一つのメッセージ、分析に使用する基礎データの選び方に至るまで、何が最善か考え抜くことが求められます。お客様に最善のものを提供するためには妥協しないというプロフェッショナル意識の高さを感じます。

3. 前職の強み・経験を活かせたエピソード(私のスキルを活かせてます)

コンサルタントとしてお客様に価値ある提案を行うにはまず事業や業務の内容を深く理解することが必要ですが、その点では前職の経験が大いに役立っています。
例えば、お客様の業務にRPAを導入するプロジェクトに参画した際、前職で得た銀行業務に関する知識を活かし、現場担当者へのヒアリングを基に業務内容や抱える課題を理解した上でRPAの導入余地識別や業務プロセス策定に繋げることが出来ました。

4. 入社前のアクセンチュアのイメージと実際(働き方やカルチャーとか)

意外だったのは、社員一人ひとりの成長を大切にする文化が根付いている点です。入社前は、成果主義の外資企業においては出来ない人は見放されるのでは、という先入観がありました。しかし実際入社してみると、経験やスキルが足りなくてもチャレンジする機会を与えてもらい実践の中でステップアップすることが出来ました。コンサルタントとしてのスキルセットやITの知見に関して不安もありましたが、経験豊富な上司や様々なバックグラウンドを持つプロジェクトメンバーがサポートしてくれるので非常に心強いです。

5. ワークライフバランスや思い描くキャリアプラン(アクセンチュアライフ、いま、そしてこれから)

(WLB)一般的なコンサルのイメージとは異なり、長時間労働というよりメリハリのついた働き方をしている方が多い印象です。プロジェクトが一段落した際に長期の休みを取る方も多く、私も海外旅行の計画を立て、それを励みに日々頑張っています。
(キャリアプラン)前職時代は、漠然と今の部署・業務の中でキャリアアップしていくんだろうな、と想像していました。アクセンチュアでは、周囲を見てもデジタルに強い人、海外知見が豊富な人などキャリアの面でも多様性に富んでおり、またそうした幅広いキャリアを個人の意思と努力次第で選択出来る環境も整っています。私も前職で培った経験を活かしつつ、+αの知見や強みを身に着け、お客様にも社内にも「この分野では○○さん」と認識してもらえるような独自のキャリアを確立していきたいです。