Skip to main content Skip to Footer

採用案内


アクセンチュア・セキュリティ
採用情報

アクセンチュア・セキュリティが求める新しい仲間


現代の企業を取り巻く環境は不安定で不確実、かつ複雑で曖昧模糊としており、「VUCA(Volatility, Uncertainty, Complexity, Ambiguity)ワールド」と呼ばれて久しいです。このような先読みしにくい状況のなかで、企業側があらかじめ変化に対して備えておくことは非常に困難です。企業が自信をもって継続的に成長してゆくためには、予期し得ない環境変化に対してスピーディ、かつ柔軟に適応する能力が必要となります。それでは、企業や組織が変化に適応するための能力を得るには何が必要なのでしょうか? 外的要因が変わらない前提で効率性のみを追及するならば、同質性の高いチームを形成すればよいでしょう。しかし、それでは環境変化に適応できません。我々アクセンチュアは、さまざまな経験や価値観を持った多様性に富むメンバーから成るチームづくりこそが、お客さま企業の直面している難題を解くカギであり、変化に適応する能力の根幹となるものであると信じ、今、新しい仲間を求めています。

Hirohisa Ichikawa

執行役員
セキュリティコンサルティング本部 統括本部長
市川 博久

アクセンチュアが求めるセキュリティコンサルタントとは? 「モノゴトを多面的に捉えられる人材こそが、企業レジリエンス向上に寄与できる。」

Read message in English

2017年、日本企業におけるデジタル・クラウドの利活用はすでに啓蒙期に入ったと言ってよいでしょう。それは、閉じていたものが相互接続することによって、ますます「際(キワ)」が曖昧になることも意味しています。また、ダークウェブなどを中心に形成されるブラックマーケットの暗躍も看過できません。さらには、昨今、猛威を振るったサイバー事件の背景には国家の関与も指摘されており、2015年の米中首脳会談にてサイバー攻撃を「実行せず、支援せず」と米中両国が合意を交わして以降、相対的に日本に向けた攻撃が増加傾向にあるとも言われています。また、サイバー攻撃の性質もDoS/DDoS攻撃、Web改ざんといった愉快犯的なものに加えて、標的型攻撃やAPT(Advanced Persistent Threat)も増えつつあります。一方、企業を脅かすのは外部からのサイバー攻撃のみならず、ソーシャルエンジニアリングやインサイダーに起因するセキュリティ被害も深刻化しています。

次に、日本企業の内情についても目を向けてみましょう。CISOを任命している企業は6割程度であり、その約半数のケースではCIOなどが兼任しています。欧米企業の8~9割がCISOを設置している点と比較しても、日本企業のセキュリティに対する意識の低さが際立っています。加えて、日本企業のセキュリティに対する取組の遅れには、失敗を受容しない日本人の文化的気質も大きく影響していると言えるでしょう。たとえばCIOがCISOを兼任しているような場合、情報システム基盤に脆弱性が判明したとしても、自らがITを「守る」立場を務めていることからも大事にはしたくない、そっとしておきたいといったマインドが作用しがちです。その結果、攻撃によって大きなダメージを被ってから公となるケースも後を絶ちません。

真の意味で企業のレジリエンスを高めるには、企業内でどのような責任設計をおこなうべきなのでしょうか? このような複雑性の高い企業命題に対して、アクセンチュア・セキュリティは総合的なアプローチをもって課題解決にあたります。コンサルタントとして現状を把握し、課題の真因を読み解き、企業ガバナンス、業務、そしてITの変革を推進します。このミッションに関わるアクセンチュア・セキュリティのメンバーには、自身の専門領域を深化させつつも、多面的にモノゴトを捉え、他の専門家と相互連携してチームワークで課題解決にあたる能力が求められます。そうした経験や能力を発揮したい、アクセンチュアでスキルを磨きたいと考えているみなさんと一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。


閉じる

募集中のポジションはこちら


セキュリティストラテジーコンサルタント
仕事内容
応募資格

仕事内容

お客様のおかれている経営環境や保有する情報の特性、ビジネスに対するセキュリティ侵害時のインパクトを数値換算し、CxOの視点で情報セキュリティの戦略を策定します。
また現在の状況とTobe像のFit&Gapからリスク評価を行い、ソリューションマップを作成して導入を推進したり、導入されたソリューションの有効性を確認し、改善計画に反映する活動などを行います。

【類似するITSS+、SecBoK役割】
セキュリティコンサルタント、情報リスクストラテジー

応募資格

【必須要件】
  • 学部卒以上
  • ITコンサルティング会社、セキュリティコンサルティング会社、セキュリティベンダーもしくは事業会社でのセキュリティおよびITシステムに関するコンサルティング、もしくは企画立案業務の経験が3年以上の方、または、セキュリティに関する知見をお持ちの方
  • コミュニケーション力(日本語・英語)
【歓迎要件】

以下いずれかに該当する経験を2つ以上有すること

  • ISO27000、PCI DSS、FISC安対基準、セキュリティ統一基準群等に準拠したセキュリティ監査の経験
  • セキュリティ戦略立案、セキュリティエンタープライズアーキテクチャの策定に関するコンサルティング経験
  • セキュリティ製品、ネットワーク製品に関する技術動向調査、製品選定に関する経験
  • セキュリティ運用における改善提案、およびその改善提案の定着化推進に関する経験
  • 海外拠点等を含むGlobalセキュリティシステムの設計・構築・導入・展開経験3年以上
  • CISSP、CISA、CISM、IPA セキュリティスペシャリスト、IPA シスエム監査技術者等セキュリティに関する資格保持者
【ソフトスキル】
  • 論理的思考能力
  • 多文化環境での活動に積極的に取り組むことが出来る方
  • タスク管理力/自己管理力のある方
  • 責任感の強い方
メール応募
閉じる
セキュリティ イノベーション コンサルタント
仕事内容
応募資格

仕事内容

特定の業界に縛られることなく、分析、設計、セキュリティ・ソリューションの構築などの責任を負うポジションです。お客様に対して、システム面での脆弱性診断を実施するとともに、現実に近い各種攻撃演習を仕掛け、お客様先のセキュリティ対策の実効性を検証します。お客様組織のサイバーセキュリティ/人(体制)/物理セキュリティのそれぞれの側面に対し、脆弱性の発見からセキュリティ対策の強化までを支援します。

応募資格

【必須要件】
  • 学部卒以上
  • ITコンサルティング会社、セキュリティコンサルティング会社、セキュリティベンダーもしくは事業会社でのセキュリティ、およびITシステムに関する知見、および構築/プロジェクトマネジメント経験がある方
  • プログラミング経験
  • コミュニケーション力(日本語・英語)
【歓迎要件】

以下いずれかに該当する経験を2つ以上有すること

  • 脆弱性診断ツール、侵入テストツール等を用いたシステムセキュリティ診断の経験
  • インシデントレスポンス・フォレンジック経験
  • マルウェア解析
【ソフトスキル】
  • 論理的思考能力
  • 多文化環境での活動に積極的に取り組むことが出来る方
  • タスク管理力/自己管理力のある方
  • 責任感の強い方
メール応募
閉じる
デジタルアイデンティティコンサルタント
仕事内容
応募資格

仕事内容

デジタルアイデンティティコンサルタントは、従来の認証認可や統合ID管理だけでなく、クラウドで利用されるIDとの連携やIoTセンサー・デバイスの認証まで幅を広げたデジタルアイデンティティ管理の仕組みをデザインし、中立的な立場でソリューションを選定、利害関係者との調整を通じてシステム実装までを推進する活動を担当します。

【類似するITSS+、SecBoK役割】
ソリューションアナリスト

応募資格

【必須要件】
  • 学部卒以上
  • ITコンサルティング会社、セキュリティコンサルティング会社、セキュリティベンダーもしくは事業会社でのセキュリティおよびITシステムに関するコンサルティング、もしくは企画立案業務の経験が3年以上の方、または、セキュリティに関する知見をお持ちの方
  • Oracle、IBM、CA、HP、ForgeRock等のIAM製品を用いたIAM基盤構築経験
  • コミュニケーション力(日本語・英語)
【歓迎要件】

以下いずれかに該当する経験を2つ以上有すること

  • SAP、Oracle等のERPパッケージ、各種システム開発、IoTソリューション導入におけるアクセス制御機能の設計、実装経験
  • 海外拠点等を含むGlobalセキュリティシステムの設計/構築/導入/展開経験3年以上
【ソフトスキル】
  • インフラ・アプリ領域における知識
  • 論理的思考能力
  • 多文化環境での活動に積極的に取り組むことが出来る方
  • タスク管理力/自己管理力のある方
  • 責任感の強い方
メール応募
閉じる
アプリケーションセキュリティスペシャリスト
仕事内容
応募資格

仕事内容

アプリケーションの脆弱性診断を実施し、セキュアプログラミングされているかどうかの検査、および診断結果の評価を行い、脆弱性に対応する対策についてのガイドを提供します。
また、Security by Designの視点より、お客様プロジェクトの初期段階より参画し、セキュアなアプリケーションシステムの設計、構築に対しての支援も実施します。

【類似するITSS+、SecBoK役割】
情報セキュリティアドミニストレーション

応募資格

【必須要件】
  • 学部卒以上
  • ITコンサルティング会社、セキュリティコンサルティング会社、セキュリティベンダーもしくは事業会社でのセキュリティおよびITシステムに関するコンサルティング、もしくは企画立案業務の経験が3年以上の方、または、セキュリティに関する知見をお持ちの方
  • 企業におけるデータ保護、個人情報管理、情報漏洩対策導入の実務経験
  • コミュニケーション力(日本語・英語)
【歓迎要件】

以下いずれかに該当する経験を2つ以上有すること

  • セキュリティ製品、ネットワーク製品に関する技術動向調査、製品選定に関する経験
  • セキュリティ運用における改善提案、およびその改善提案の定着化推進に関する経験
  • 海外拠点等を含むGlobalセキュリティシステムの設計・構築・導入・展開経験3年以上
  • CIPP、セキュリティスペシャリスト、IPA シスエム監査技術者等セキュリティに関する資格保持者
【ソフトスキル】
  • 論理的思考能力
  • 多文化環境での活動に積極的に取り組むことが出来る方
  • タスク管理力/自己管理力のある方
  • 責任感の強い方
メール応募
閉じる
セキュリティオペレーションユニット
仕事内容
応募資格

仕事内容

セキュリティイベント、脅威情報、脆弱性情報、攻撃者のプロファイル情報、国際情勢の把握、メディア情報などを収集する作業を実施します。
弊社のグローバルデリバリーセンター(GDN)チームメンバーと連携し、インシデント情報の収集、分析、インシデントに対するお客様のビジネスインパクト判断、対応方法の提言、対応推進を実施します。
また、有効な対策であるものの手間がかかるため徹底されにくい、パッチ適用やゴーストID棚卸、パソコンのログ確認、フィッシングメール報告への対応といったセキュリティ運用について、運用プロセス定義と弊社のGDNへの作業移管を担当します。

【類似するITSS+、SecBoK役割】
SOCアナリスト、リサーチャー、キュレーター

応募資格

【必須要件】
  • 学部卒以上
  • ITコンサルティング会社、セキュリティコンサルティング会社、セキュリティベンダーもしくは事業会社でのセキュリティおよびITシステムに関するコンサルティング、もしくは企画立案業務の経験が3年以上の方、または、セキュリティに関する知見をお持ちの方
  • アプリケーション開発経験またはネットワークをはじめとするインフラ環境構築経験
  • コミュニケーション力(日本語・英語)
【歓迎要件】

以下いずれかに該当する経験を2つ以上有すること

  • インフラ(ネットワーク、サーバ、セキュリティ機器)運用経験
  • 脆弱性診断ツール、侵入テストツール等を用いたシステムセキュリティ診断の経験
  • セキュリティ製品、ネットワーク製品に関する技術動向調査、製品選定に関する経験
  • セキュリティ運用における改善提案、およびその改善提案の定着化推進に関する経験
  • 海外拠点等を含むGlobalセキュリティシステムの設計/構築/導入/展開経験3年以上
  • Analytics、機械学習・深層学習を用いたシステム導入の経験
  • CISSP、CISA、CISM、IPA セキュリティスペシャリスト、IPA シスエム監査技術者等セキュリティに関する資格保持者
【ソフトスキル】
  • 論理的思考能力
  • 多文化環境での活動に積極的に取り組むことが出来る方
  • タスク管理力/自己管理力のある方
  • 責任感の強い方
メール応募
閉じる
社員紹介
大茂 幸子
マネジング・ディレクター
さらに詳しく
Daisuke.F
シニア・マネジャー
さらに詳しく
Mikito.H
スペシャリスト
さらに詳しく
Yosuke.I
シニア・マネジャー
さらに詳しく
Gen.O
シニア・マネジャー
さらに詳しく

アクセンチュア・セキュリティはお客さまのデジタル・イノベーションを支えるトラステッド・パートナー

大茂 幸子

セキュリティコンサルティング本部
マネジング・ディレクター
大茂 幸子

Q1. これまでのキャリアを教えてください。
大学を卒業後、国内銀行に総合職で入行し、外資証券会社、外資コンサルティング会社の金融事業部を経て、アクセンチュアに入社しました。

コンサルティング業界でのキャリアは金融コンサルタントとしてスタートしました。中期経営計画策定や、ブランド戦略、コスト削減計画、Eコマース戦略、店舗最適化戦略、事業継続計画策定、セキュリティ管理態勢支援などの戦略プロジェクトや関連するITシステム構築に参画しました。メガバンクをはじめとした大手金融機関からのリクエストに従って、コンサルティング業務に携わらせていただくうちに、クリティカルなITシステムに関するRisk分野にシフトしていきました。

サイバーセキュリティリスクの高まりから、金融機関のみならず、非金融クライアントのクリティカルな業務に対するコンサルティングへも活動が拡がっていきました。電力・原子力・航空・自動車・放送等の重要インフラ分野のサイバーセキュリティ対策においても御支援の機会を頂戴しました。

常に身の引き締まる思いで、クライアント様組織の経営に近い業務に従事させていただいております。

Q2. セキュリティコンサルティング本部の魅力を教えてください。
AI、Robotics /Bionics、Virtual/ Augmented Reality、Autonomous Vehiclesなど、変革をもたらすテクノロジーが絶えず生まれ、ビジネスや社会に新しい価値連鎖がもたらされていますが、加速するデジタル化と同じスピード感で、セキュアな環境を整備・運用していくためのリスク管理の責任も同時に求められています。

デジタル社会において、セキュリティはもはやITの問題でも、セキュリティ担当役員(CISO等)だけが対応する問題でもなく、企業のトップ・イシューとなりました。世界経済フォーラムはサイバーセキュリティによる大規模インシデントを5大リスクの1つにあげています。

アクセンチュア・セキュリティは、クライアント組織の取締役会、監査役会、CEO、CRO、CISO、各ビジネスラインのリーダより、デジタル化のイネーブラーとしてのセキュリティ分野においてもトラステッド・パートナーであることが期待されています。

またグローバル規模でクライアントのデジタル・イノベーションをエンドツーエンドで支えることのできる数少ないブランドでもあります。

ビジネススケールにおいても、イノベーション創発においても、日本オフィスが、アクセンチュアをグローバルでリードしていくという意識のもと、日本有数のお客様のデジタル変革の推進にセキュリティ・プロフェッショナルとしてコミットするチャンスがあるのも魅力です。

常に一歩先回りするために
独創的なアイデアや戦略性が求められる。

Daisuke.F

セキュリティコンサルティング本部
シニア・マネジャー
Daisuke.F

Q1. これまでのキャリアを教えてください。
大学院卒業後、ソフトハウスでプログラミングやWebサービスの構築を経験。その後事業会社での勤務ののち、ウィルス対策ベンダーに転職し、セキュリティの世界に入りました。前職では、ユーザ及びパートナー企業に対して、ウィルス対策やIPS/IDSなどの商品の提案活動を行っていました。また、前職時代含めて直近5年間は電力やガス、鉄道など重要インフラ事業者向けにセキュリティ強化支援を行っています。

Q2. 現在どのようなお仕事をされていますか?
お客さまのニーズが多いSOC/CSIRTの構築支援や、セキュリティ戦略の策定支援、そして、日本でもついに進み始めた制御システムへのセキュリティ強化に関する様々な支援を行っています。具体的には、お客さまの業種や、独自の企業目標に沿った革新的な防御策を開拓し、レジリエンスを確立していく仕事です。私たちが誇る最新の次世代テクノロジーを駆使して、サイバー犯罪やハッカーからの攻撃に対し常に一歩先回りをした対策を実現していきたいと思っています。

Q3. 業務のどのようなところにやりがいを感じられていますか?
既存のセキュリティビジネスの枠にとらわれない新しいメニューの提供や、社内の他の事業領域、分野(インフラアウトソーシングやデジタル、経営戦略など)とのコラボレーションによりブレイクスルーがある点が、他社とは違い、アクセンチュアでセキュリティ業務を行う醍醐味の1つだと思っています。 5,000人以上のセキュリティ・スペシャリストを擁する世界的セキュリティ・パワーハウスの一員として、グローバルメンバと連携しながら難易度の高いセキュリティ脅威を解決していく楽しさがあります。また、世界最高レベルと言われるアクセンチュアの資源を活用できるメリットがありながら、起業家精神も同時に味わえる自由な環境は、会社の大きな魅力と言えると思います。

自分が誠心誠意向き合える、
いま越えるべき課題がいつもそこにある。

Mikito.H

セキュリティコンサルティング本部
スペシャリスト
Mikito.H

Q1. これまでのキャリアを教えてください。
2017年に前職の国内通信会社からアクセンチュアへ転職しました。前職ではセールスとして、大手製造業向けに自社クラウドサービスを中心としたインフラ基盤の構築、運用などの提案を行っていました。

Q2. 入社前に不安はありましたか?
転職自体が初めてであったことに加え、業界を変えることに対する不安はありました。入社当初は、周りのレベルの高さに圧倒され、能力を発揮できない日々が続いていました。そんな中、提案していたお客様の詳細調査実施が決まったのですが、上司が私の今後のキャリアを考え、そのプロジェクトにアサインしてもらえるよう調整してくれました。その結果、お客さま先に約2ヶ月間常駐させていただき、実際のお客様の課題、要望、そしてアクセンチュアの提案が現場の担当者にどのように伝わるのか、肌で感じることができました。この経験により、自分のキャリアを自分で切り開いていくことの重要性、またそこから得られる可能性の大きさを実感しました。数ヵ月単位で求められる役割が変わっていく環境に、戸惑うことも多かったですが、チャレンジしたい人にとっては、無数の可能性が広がっていると思います。
現在は、セキュリティチームの事業立ち上げメンバーの一員として、日々刻々と変わっていく状況下で、常に新しいことにチャレンジすることを求められる環境にいます。転職という形で一歩踏み出していなかったら、今のこの貴重な経験はできていなかったと思います。

Q3. ワークライフバランスはどのように工夫されていますか?
仕事を業務時間内に終わらせることを意識し、平日でも帰宅後に家族と過ごす時間を増やすようにしています。さらに、アクセンチュアには在宅勤務制度があり、家庭の事情を考慮して比較的柔軟に在宅勤務に切り替えることもできるので、状況に応じて在宅勤務を利用しながら勤務しています。

とことん考え抜き、品質にこだわる。
個人のパフォーマンスに依存せず、チーム・会社全体として実現しようという意識が何よりの強み。

Yosuke.I

セキュリティコンサルティング本部
シニア・マネジャー
Yosuke.I

Q1. 現在どのようなお仕事をされていますか?
公共・ヘルスケア業界のお客さまに対するアカウントプランの策定や提案活動の他、金融業界のお客さまに対するセキュリティ管理態勢の向上に係るご支援、資源・エネルギー業界のお客さまに対するセキュリティ運用向上のためのセキュリティ運用業務定義に係るご支援などを行っています。また、セキュリティコンサルティングのうち、Strategy & Riskに関するオファリングの整理や、外部のパートナー企業と協業したビジネスモデルの策定など、1つの業務にとらわれない幅広い業務に関わらせていただいています。

Q2. 転職前に不安はありましたか?
入社前は、前職とのギャップや、優秀な人が多いというイメージにより、自身のスキルや経験が通用するのかという漠然とした不安がありました。ただ、内定を頂いた後に、現場の社員とカジュアル面談を何度か実施してもらい、業務内容への理解を深めたり、一緒に働く方々の人となりを肌で感じることで不安は無くなっていきました。
入社直後は、専門用語やスピード感のある働き方についていくのが大変でしたが、SVに「焦らず、日々1つずつ不明な点を無くしていけば良いんだよ」と言ってもらい、1つでも昨日より今日成長した自分になろうという意識に変わったことで、今は順調に成長できていると感じられています。

Q3. セキュリティコンサルティング本部の強みを教えてください。
考えに考え抜き、品質にこだわる点、そして個人のパフォーマンスに依存せず、チームひいては会社全体として実現していこうという意識が浸透している点が、何よりの強みだと思います。直接自身はそのプロジェクトに関わっていなかったとしても、1質問すれば10答えてくれる人が沢山いる、それがアクセンチュアだと思います。
また、セキュリティの戦略から運用まで、日本国内はもとよりグローバルに拠点をもつお客さまに対してエンドツーエンドでのご支援ができることも強みです。これは、もともとのアクセンチュアのケイパビリティとして、戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー及びオペレーションを兼ね備えているからこそできることかと思います。このような環境を生かし、よりアクセンチュア セキュリティのプレゼンスを上げていきたいと思います。

多様性に富むメンバーから成るチームづくりこそが、
お客さま企業の直面している難題を解くカギであり、変化に適応する能力の根幹となる。

Gen.O

セキュリティコンサルティング本部
シニア・マネジャー
Gen.O

Q1. セキュリティコンサルティング本部の魅力を教えてください。
私たちの組織は、業界/業種横断、かつ戦略立案から運用までフェーズ横断の組織であるという特徴を持っています。そのため、日本国内、グローバルを問わず、プロジェクトの特性に応じて、社内の他の事業領域の様々な専門家と連携し、お互いの知見を出し合い、協力しながら仕事ができる点が魅力だと感じています。

Q2. 業務のどのようなところにやりがいを感じられていますか?
特定の製品や自社サービスありきではなく、お客さまの置かれている状況や課題を踏まえて何が最善な解決策なのかを、事例や他の専門家から得た知見も活かしつつチームメンバと共に考え、お客さまとも議論を重ねながら課題を解決していけるところにやりがいを感じます。
また、プロジェクトにいる間は良いこと、悪いこと様々なことがあるものですが、最終的にお客さまからプロジェクトに対して良い評価をいただけた時に喜びを感じます。

Q3. ワークライフバランスはどのように工夫されていますか?
共働きなので、共有カレンダーを作成して主要な家族予定を夫婦間で共有し、子供の送迎等々、予めどちらが担当するかを事前に調整するようにしています。その結果を踏まえて仕事のスケジュールを組むようにすることで、予定が組みやすいですし、時短勤務を行った時は、別の日に残業する等、フレックスに対応することができています。
また、急遽子供のお迎えが必要になった場合や、子供が保育園をお休みする場合等の不測の場合には、Skypeによる電話会議の仕組みをはじめ、在宅で勤務するための制度や仕組みが整っているので、こちらを活用して在宅勤務に切り替えて業務を行ったりしています。

JOIN A SECURITY

JOIN A SECURITY

JOIN A
SECURITY

POWERHOUSE

POWERHOUSE


世界最高難度のセキュリティ脅威を解決するために必要な、独創的なアイデアや戦略性をお持ちですか?


2030年にはサイバー攻撃による被害は90兆ドルに達すると予測されています。その一方で、大半のプロバイダーが提供するセキュリティ対策は、その脅威のほんの一画にしか対応していません。しかしAccenture Securityは違います。私たちは、お客さまが全てのセキュリティ・ライフサイクルおよびバリュー・チェーンにおいて、エンド・ツー・エンドであらゆる対策を検討・再構築できるよう、包括的アプローチで支援します。

Accenture Securityでは、リスク戦略、デジタル・アイデンティティ、サイバー防御、アプリケーション・セキュリティ、マネージド・サービス等を全て統合したセキュリティ対策の先駆者として活躍できる人材を求めています。私たちが誇る最新の次世代テクノロジーを駆使して、サイバー犯罪やハッカーからの攻撃に対し常に一歩先回りをした対策を、共に実現していきましょう。



脅威の防止
既知のリスクの低減に加え、未知の脅威に先手を打つことで、データ、ネットワーク、人材、資産を守ります。
キャリアアップ
5,000人以上のセキュリティ・スペシャリストを擁する世界的セキュリティ・パワーハウスの一員として、キャリアアップを実現できます。
レジリエンスの確立
それぞれのお客さまの業種や、独自の企業目標に沿った革新的な防御策を開拓します。
独創性と革新性向上
世界最高レベルと言われるアクセンチュアの資源を活用できながら、起業家精神も味わえる自由な環境がここにあります。