こんにちは。

テクノロジー コンサルティング本部アソシエイト・ディレクターのTakaakiです。

私は新卒でアクセンチュアに入社して以来、一貫してITに関するコンサルティングやSIを中心に仕事してきました。今日は私が所属しているTechnology for Living SystemsTfLSのプロジェクト管理(Delivery)チームの紹介をします。

 

チームの概要

 

プロジェクト管理(Delivery)チームとは、一言で言えば「PM(プロジェクトマネジャー)」の集団です。SIやAO(アプリケーションアウトソーシング)をする際には必ずPMは必要になってきますが、我々はBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)におけるITの PMに特化しているのが特徴です。システムを作って終わりではなく、継続的に改善していくお手伝いをします。
BPOとはお客様の業務を請けて数年間運用していくビジネスですが、アクセンチュアのBPOの特徴として、工数削減などの効果創出に継続的にコミットします。この効果を産む施策の一つがIT=ソリューションであり、このソリューションの導入と継続的な改善をしていくのがTfLSの役割ですが、そのPMを担うのが、我々のチームです。

<<< Start >>>

<<< End >>>

ソリューションとしてはTfLSBPO案件で導入しているソリューションを全般的に扱うことになりますが、代表的なものとして業務を整流化するために必要なワークフローやプロセスマイニングツール、自動化を担うRPAPower Platform、デジタル化を担うAI-OCRChat Bot、情報を集計して見える化するBIツールがあります。

チームが手掛けた二つの事例を紹介します。

最初は複数ソリューションを一案件で導入している事例。Work FlowRPAAI-OCRChat Botといったマルチソリューションを束ねるPMとなるので、大型案件でのSIに近く、ステークホルダーが多様です。お客様担当のアカウントチーム、改善を担うコンサルティング部隊やデリバリーを担うBPOチーム、ソリューションを担う海外のチームなどとコミュニケーションしながら最適解を導きだす必要があります。

<<< Start >>>

<<< End >>>

この案件では、一案件で業務領域毎に、ソリューション開発➡定着化で効果が出ているかを測定しながら必要に応じて追加開発➡保守という流れを繰り返しました。特に、要件定義、定着化・保守フェーズではコンサル部隊やBPOチーム、設計~テストまではグローバルで開発を担ってくれるグローバルチームとの連携が重要となります。

<<< Start >>>

<<< End >>>

次にソリューションを複数案件で導入している事例。こちらはシェアードサービスに近く、ステークホルダーが複数案件に跨るため、案件間での稼働等の調整が求められます。

<<< Start >>>

<<< End >>>

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

求められるスキルとやりがい

 

作って終わりではない『リビングシステム』を体現できる点、それをITの顔として、継続的に携わることができる。そのためには通常のPMスキルに加えて、お客様のビジネスやアウトソーシングの状況を捉えて、的確にソリューション施策に落とし込むスキルが求められてきます。

さらに、複数案件を回していれば、ある案件で課題に感じた点を次の案件で活かす機会がすぐに来ます。そういったPDCAサイクルを細かく回すことで、プロセスやソリューションをより良いものに改善しやすいです。例えばある案件で作ったソリューションの評価モデルを翌月に始まった新しい案件で試すことができたり、ある案件で要件が上手くまとめられなかったので、その反省を次の案件で活かすといった管理プロセス自体の改善も継続しています。

また、我々がお客様に提供するソリューションは幅広く、大半はグローバルソリューションになるため、必然的にアクセンチュアの海外メンバーとの協働が欠かせない要素となってきます。通常のオフショア開発と異なるグローバルとの関わりとして、「グローバルのレビュー」と「グローバルでしか開発できないソリューション」があります。グローバルレビューを通して先進事例の提供や貴重なアドバイスをもらうことができます。開発については文字通り要件を伝えて開発してもらうのですが、開発完了後の保守も依頼することになるため協働は続いていきます。
我々のチームは、最近中途で入られた方も含めて、SIPMや開発管理の経験や事業会社での事業企画から立ち上げ、BPOの管理や改善を担当、といったバックグラウンドを持った方が多いのですが、やはり「プロジェクト全体の状況を敏感に捉える感度を持っている」「PDCAを自分で回せる」「グローバル含めたネットワーキングを厭わない」といった方が活躍できると考えています。

 

TfLSでのキャリアとカルチャー

 

組織の特性として、お客様の課題に対する解決策を考える『コンサルタントとしてのスキル』とモノづくりに専門性を見出す『エンジニアとしてのスキル』双方を身につけることができます。もちろん、どちらかに特化しても構いません。

我々の組織は立ち上がったばかりで、何でもできる柔軟性を備えています。私はトレーニングチームの立ち上げから運営を担当しているのですが、自分が必要と感じる活動を始めることはいつでも歓迎されていますし、組織活動に参加することは、結果的に組織内外でのネットワークを広げることにも繋げられます。TfLSのカルチャーは、上下関係がなく風通しが良いです。最近も中途で入られたメンバーが起点となって音楽や歴史といった趣味サークルのような集まりを作ってくれたので、日々そういったサークルでの趣味の会話で息抜きをしています。

私自身、トライアスロン、サーフィン、読書、料理といった仕事以外にやりたいことが満載なので、趣味の合間に仕事をしている感覚です。平日朝はスイムかランをして、夜はマッサージしながら映画を観る。週末は朝からランやバイク、あとはサーフィン。午後にレコード屋へ行ってレコードを買って、行きつけのカフェでビール飲みながら読書。その後、銭湯に行って、買ったレコードかけビール呑みながら夕食作りながら、平日のランチ用の常備菜を作っています。
運動していると、不思議と考えがまとまったりするので、資料の骨子とか仕事の段取りとかも、走ったり泳ぎながら考えたりしています。あと、料理は「段取り力」を鍛える一番手っ取り早い手段かと思うので、おススメです。

ビール飲みながら読書して

<<< Start >>>

銭湯へ行き

<<< End >>>

<<< Start >>>

レコードかけながら

<<< End >>>

<<< Start >>>

常備菜作る。写真は先週末作った鶏むねのガパオもどき、新キャベツのラープ風炒め、新玉ねぎの酢漬け

<<< End >>>

<<< Start >>>

会社のトライアスロン部のユニフォーム着て

<<< End >>>

 


 

関連サイト:

Technology for Living Systems (TfLS) Careers
採用イベント・セミナー案内

Technology for Living Systemsに関連するブログ連載:

業務とITの架け橋を目指す~Technology for Living Systems - 業務設計チームのお仕事
TfLSでのワーキングペアレンツの働き方Vol.1
最適なソリューションを磨きあげる~Technology for Living Systems - Technology Solution Architectチームのお仕事
Technology for Living Systems × 福岡での働き方 Vol.1
データとビジネスを紡ぐ〜Technology for Living Systems - 業務設計チームのお仕事
グローバルに活躍する社員Vol.5:世界56万人の仲間と共に!新組織で築くグローバルキャリア
TfLSでのワーキングペアレンツの働き方Vol.2
自動化技術はビジネスの基本になる〜Technology for Living Systems - Automationチームのお仕事
Technology for Living Systems × 関西での働き方Vol.1

Info  

キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

アクセンチュアへの転職にご興味をお持ちの方は、お気軽にキャリア登録してみてください。

 

Related posts

一級建築士からコンサルタントへの転職で得たもの、捨てたもの

December 6, 2022

アクセンチュアのインダストリーX本部に所属するRinaです。コンサルタントとして、主に建設やインフラ、プラントエンジニアリング業界などでDX業務支援をしています。私は大学院修了後約7年間、組織設計事務所で多種多様な建築の構造設計をしていましたが、2021年3月にアクセンチュアに経験者採用で中途入社しました。

クリエイティブのチカラで、小学校をつくる。

December 5, 2022

こんにちは。Droga5のシニアコピーライターTomokoです。 今日は、Accenture Songが手掛けるクリエイティブの内容について現在私が関わっているプロジェクトを通じてお話ししたいと思います。

アクセンチュア ソングが手掛けるデザインの領域とデザイナーのキャリア形成について

December 4, 2022

みなさん、こんにちは。アクセンチュア ソングのデザインチームに所属しているマネジング・ディレクター、高山です。この記事は、デザインに携わる多くのみなさんに是非読んでいただきたいと思い、記しています。というのも、アクセンチュアにおけるデザイン領域のキャリア形成を想像できずにいる方がまだたくさんいらっしゃると思うからです。

障がいのあるエンジニア社員がアクセンチュア入社時に受講する研修とは?

December 2, 2022

テクノロジー コンサルティング本部にてDisability Inclusion活動に従事しております、Sareiです。Disability Inclusion(以下DI)は聞きなれない言葉かと思いますが、「障がいのある方(Person with Disability、以下PwD)のInclusio

マイクロソフト ビジネス グループ業務内容紹介③:ビジネスアプリケーション ドメイン

November 29, 2022

アクセンチュアマイクロソフト ビジネス グループのビジネスアプリケーション ドメインに所属している、コンサルタントのMegumiです。

エンジニアのデスク紹介Vol.1: 3畳一間に詰め込んだこだわりの作業環境

November 29, 2022

みなさん、はじめまして。テクノロジー コンサルティング本部のTakeshiです。2020年にアクセンチュアへ中途入社して以来、ソリューション・エンジニアとしてさまざまな業界のお客様のソフトウェア設計、開発を担当しています。

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る