こんにちは!

現在アクセンチュアで物流業のお客様に向けて新基幹システム導入のお手伝いをしているJunpeiです。アクセンチュアのソリューション・エンジニアってどんな仕事かご存じですか?

今日は学生の方向けに、私が新卒1年目で経験したことをもとに、1年目のソリューション・エンジニアがどんなことをするのかご紹介したいと思います。

 

<<< Start >>>


<<< End >>>

 

ソリューション・エンジニアになりたいと思ったきっかけ

 

学生時代はITとは無縁の学部に所属していたため、バックグラウンドとして、システムやアプリケーション開発の知識やスキルは全くありませんでした。デジタル化が急速に進む昨今において、自分もシステムやアプリケーション開発ができる人材になりたい。またシステムの設計・開発を通して、社会やビジネスの課題解決に貢献していきたい。と思うようになり、ソリューション・エンジニアを志望するようになりました。もちろん始めは分からないことも多々ありましたが、入社後のトレーニングやプロジェクトでの経験を通して、今では少しずつですが、ITスキルや知識が身についてきたと感じています。

 

入社トレーニングの思い出

 

私が入社したタイミングはちょうどコロナ渦で、入社トレーニングはすべてオンラインで受けました。最初は、実際に対面でトレーニングを受けることができないことや同期と対面で交流できないことに色々と不安はありました。しかし、そんな中でもトレーニングを受けやすいようにと、試行錯誤、柔軟に対応してくださるアクセンチュア社員の方々の姿を見て、変化に応じて柔軟にスタイルを変えていく姿勢や行動が凄いなと感じたのが印象的です。実際に、オンラインでも十分に充実したトレーニングを受けることができ、またオンラインでの飲み会や毎日設けられている交流の時間を通して、同期との絆も深めることができ、楽しく充実したトレーニングでした。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

初めてのプロジェクトの感想

 

初めてのプロジェクトは金融業界のお客様に対して、既存システムの保守・運用を行う案件にアサインされました。小規模の機能開発や障害対応というのが主な業務内容で、私はテストや開発などを担当しました。初めてのプロジェクトアサインで、しかもオンラインということで不安もありましたが、マネジャーの方と日次でのフィードバック時間を設けてもらったり、チームメンバーともこまめに連絡を取ったりして、フォローアップしてもらいつつ、徐々に業務に慣れていくことができました。オンラインだとどうしてもコミュニケーションが希薄になるので、その辺はこちらからもできるだけコミュニケーションをとるように意識しています。現在は別のプロジェクトに所属しており、在宅で仕事することが多いですが、チームメンバーとオンライン飲み会をしたり、コミュニケーションをとったりして、オンラインでも楽しく仕事ができています。

 

同期との交流

 

入社直後の共通トレーニングでは、組織関係なく同月入社の同期全体でトレーニングを受けるため、他の組織の同期とも交流を図る機会がありました。その後のトレーニングでは、同じ組織の同じ部署の同期と受けることになるため、トレーニングや、オンラインでのランチ会や飲み会などを行ったりして、仲良くなることができました。今でも、プロジェクトはそれぞれ違いますが、仲良くなった同期とは定期的にプライベートで遊んだり、一緒に食事へ行ったりしています。

 

<<< Start >>>


<<< End >>>

 

1日の過ごし方

 

基本在宅で仕事をすることが多く、朝の時間には少し余裕がある為、毎朝仕事前に散歩をしています。仕事が始まるとチームメンバーとの朝会で各自タスクの進捗や連絡事項を共有し、その後、自分のタスクを進めていく形になります。出社した際はチームメンバーと一緒にランチに行きます。プロジェクトの状況にもよりますが、何もないときは定時であがり、ワークライフバランスを保つよう心がけています。

 

<<< Start >>>


<<< End >>>

 

おわりに、今回は1年目のソリューション・エンジニアの様子をご紹介させていただきました。1年目でも十分に活躍できる体制(トレーニングやサポート等)がアクセンチュアにはあると感じています。この記事を通して、ソリューション・エンジニアに少しでも興味を持っていただければ幸いです。ここまで長々と読んでいただきありがとうございました。

 


 

関連サイト:

新卒採用 TOP
キャリア登録 for students(大学1・2年生向け)

 

Related posts

転職体験談:異なる業種(システムエンジニア→コンサルタント)と業界(通信事業→官公庁)への挑戦

November 28, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 公共サービス・医療健康グループに所属しているHirokiと申します。 私は、2016年に経験者採用で入社し、現在はマネジャーとして、官公庁関連のシステム開発に携わっています。 それまでは、システムエンジニアとしてSI企業で通信事業者向けの顧客管理システムを開発していました。

Deep Simplicityの追求 / The pursuit of Deep Simplicity

November 23, 2022

皆さん、こんにちは。Accenture Songのマネジング・ディレクター 兼 デザインリーダーシップ エグゼクティブのエドアルドです。私は過去3年間にわたって、Accenture Song Designの前身となるチーム「Fjord Tokyo」の共同統括を務めてきました。

アクセンチュア募集職種にご関心をお持ちの方へ<障がい者採用:未経験からチャレンジできるエンジニア職>

November 21, 2022

こんにちは、アクセンチュア障がい者採用チームです。この記事では、未経験からエンジニア職を目指す障がいのある方で、<障がい者採用>ソリューション・エンジニア(第二新卒・未経験歓迎)への応募をご検討の方・すでにご応募されて選考に進まれている方に向けて、同ポジションの特徴(トレーニング・働き方・キャリア等)をまとめています。

アクセンチュア ソングのエンジニア集団、Buildチームのご紹介

November 21, 2022

こんにちは。アクセンチュア ソングBuildチームのリードをしています粟飯原 (画像右)と、中尾(画像左)です。 私の所属するアクセンチュア ソングは、暮らしの変化に寄り添い、クリエイティブやテクノロジーを駆使してお客様のビジネス成長を目指す組織です。

「よりよい国づくり」を通じてカスタムメイドスキルを強化。公共サービス・医療健康グループの魅力

November 16, 2022

テクノロジー コンサルティング本部公共サービス・医療健康(Health & Public Service、以下H&PS) グループの神原です。私は日系SIerから2004年にアクセンチュアに中途入社し、現在、H&PSの日本統括をやっています。このブログ記事では、H&PSグループってどんなところなの?という疑

広告業界からアクセンチュアって、あり??

November 14, 2022

みなさん、はじめまして。アクセンチュア ソングのコミュニケーションズチームにてストラテジックコミュニケーションデザイナーとして働くYuiです。 私は、新卒で広告業界の会社に入社した後、2022年6月に経験者採用でアクセンチュアに入社しました。 前職では、クリエイティブやプロモーションなど広告全般の制作を担うプロデュ

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る