こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部でマネジャーを務めるNorikoです。

私は大学卒業後、業種・職種の異なる2社を経て、2015年8月に中途でアクセンチュアに入社しました。大学時代は数学を専攻しており、大学教授への道も視野に入れていて、アカデミックな世界に入る前にまずは実務を経験しようと証券会社に新卒で就職し、半年ほど飛び込み営業を経験しました。

その後、プログラミング経験はなかったものの、知人から誘われていたクラウドテクノロジーに強みを持つIT企業にSEとして転職しました。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

大学教授志望もアクセンチュアへ:何をすべきか常に考え、新しい領域へ飛び込み続けた

 

2社目ではプログラミング経験者の同期にキャッチアップするため、Salesforceの認定資格体系にしたがって平日休日を問わず勉強したのですが、その結果、周囲よりも短期間で上位の資格を取得することができました。

営業、そしてSEを経て次のステップを…と考えたときに「20代で管理職の経験を積みたい」と思い至り、プロモーションの早い外資のコンサルティングファームへの転職が視野に入ってきました。

転職活動の過程でアクセンチュアへの入社を決めたのは、営業職で培ったコミュニケーションスキルとSE職で身に付けたSalesforceの資格を活かせると感じたからです。

そして、アクセンチュアには現ビジネス コンサルティング本部の経営コンサルタントとして入社しましたが、組織改編を経て、現在はテクノロジーコンサルタントとしてテクノロジー コンサルティング本部の金融サービス グループに所属しています。

 

アクセンチュアのコンサルタントとしての期待に応える

 

前職のSE時代はジュニアポジションだったこともあり、極端に言うとお客様に言われたことを確実に時間通りに遂行することを求められましたが、アクセンチュアではジュニアなクラスであれど、一人のコンサルタントとしてのアウトプットが求められます。例えば常識や前提を疑うこと、お客様が出した要件の正しさや導入後の効果などを踏み込んで考えること、効率的に短時間でタスクを終えることなどがあり、期待値の高さは推して知るべしです。

こうした気付きや上司からの指導、日々の勉強の積み重ねを通じて、コンサルタントとしての働き方に慣れていくことができました。

 

Salesforce界隈で女性の活躍を推進する活動をスタート:女性の資格取得者が大幅に増加!

 

プロジェクトワークとは別に、SaladBowl Trailblazer(以下、SBT)というSalesforce界隈で女性の活躍を推進する社内活動のリードを務めています。2019年12月にアクセンチュア社内で立ち上げ、現在多くのメンバーが所属しています。

活動の一環として、Salesforce専門資格の取得者を増やすために対策資料を作成、展開したところ、結果として社内のデザイナー専門資格の女性合格者数が、数か月で約3倍に増加しました。細かな解説を加えた資料を用意したので、市販の教材だと解説が少なく理解を深めるのが難しい上位資格でも合格のハードルはぐっと低くなったと自負しています。

 

Salesforce界隈における女性のプレゼンスを高めたい!私もCTA取得、目指します

 

実はSBTの活動を始めるまで「女性の活躍」というのにあまり関心はなかったのですが、着実に目に見える成果が出るのが面白く、今では「社内における女性の活躍を推進していきたい」と考えるようになりました。SBTの活動を推進することで、まだまだ女性のプレゼンスが低いSalesforce界隈で活躍する女性が増えたらいいなと思っています。

SBTでは女性のスキル向上を活動軸の1つとしていますが、私自身もCTA(認定テクニカルアーキテクト)の取得を目指しています。日本人有資格者はごく少ない、超難関の試験ではありますが、明確に目標に掲げてしっかりと準備をしていきたいと思います。

私がSalesforceの資格を持っていて感じるのは、資格を所有していることはコンサルタント職でも非常に有用だということです。スキルを証明できるのでお客様の信頼を得やすいですし、実現できることとできないことを議論の中で説明することも可能です。アクセンチュアではSalesforceを無料で勉強できる環境が整っているので、ぜひ積極的に資格取得を目指していただきたいです。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

 


 

関連サイト:

業界別システムコンサルタント/エンジニア 採用情報
Salesforce Careers
採用イベント・セミナー案内


Info  

キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

アクセンチュアへの転職にご興味をお持ちの方は、お気軽にキャリア登録してみてください。

 

Related posts

Deep Simplicityの追求 / The pursuit of Deep Simplicity

November 23, 2022

皆さん、こんにちは。Accenture Songのマネジング・ディレクター 兼 デザインリーダーシップ エグゼクティブのエドアルドです。私は過去3年間にわたって、Accenture Song Designの前身となるチーム「Fjord Tokyo」の共同統括を務めてきました。

アクセンチュア募集職種にご関心をお持ちの方へ<障がい者採用:未経験からチャレンジできるエンジニア職>

November 21, 2022

こんにちは、アクセンチュア障がい者採用チームです。この記事では、未経験からエンジニア職を目指す障がいのある方で、<障がい者採用>ソリューション・エンジニア(第二新卒・未経験歓迎)への応募をご検討の方・すでにご応募されて選考に進まれている方に向けて、同ポジションの特徴(トレーニング・働き方・キャリア等)をまとめています。

アクセンチュア ソングのエンジニア集団、Buildチームのご紹介

November 21, 2022

こんにちは。アクセンチュア ソングBuildチームのリードをしています粟飯原 (画像右)と、中尾(画像左)です。 私の所属するアクセンチュア ソングは、暮らしの変化に寄り添い、クリエイティブやテクノロジーを駆使してお客様のビジネス成長を目指す組織です。

「よりよい国づくり」を通じてカスタムメイドスキルを強化。公共サービス・医療健康グループの魅力

November 16, 2022

テクノロジー コンサルティング本部公共サービス・医療健康(Health & Public Service、以下H&PS) グループの神原です。私は日系SIerから2004年にアクセンチュアに中途入社し、現在、H&PSの日本統括をやっています。このブログ記事では、H&PSグループってどんなところなの?という疑

広告業界からアクセンチュアって、あり??

November 14, 2022

みなさん、はじめまして。アクセンチュア ソングのコミュニケーションズチームにてストラテジックコミュニケーションデザイナーとして働くYuiです。 私は、新卒で広告業界の会社に入社した後、2022年6月に経験者採用でアクセンチュアに入社しました。 前職では、クリエイティブやプロモーションなど広告全般の制作を担うプロデュ

「アクセンチュアの中の実家でありたい」~SAPグループでの現場社員による、現場社員のための、Inclusion&Diversity活動紹介~

November 14, 2022

SAP関連システムの導入事業に従事している、テクノロジー コンサルティング本部のKaoです。 年々SAP製品への注目が高まる中、私が所属するSAPグループ自体も毎年規模が大きくなっています。そのような状況の中、SAPグループでは数年前よりコミュニケーション事務局を発足し、組織全体のコミュニケーショ

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る