こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部でマネジャーを務めるNorikoです。

私は大学卒業後、業種・職種の異なる2社を経て、2015年8月に中途でアクセンチュアに入社しました。大学時代は数学を専攻しており、大学教授への道も視野に入れていて、アカデミックな世界に入る前にまずは実務を経験しようと証券会社に新卒で就職し、半年ほど飛び込み営業を経験しました。

その後、プログラミング経験はなかったものの、知人から誘われていたクラウドテクノロジーに強みを持つIT企業にSEとして転職しました。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

大学教授志望もアクセンチュアへ:何をすべきか常に考え、新しい領域へ飛び込み続けた

 

2社目ではプログラミング経験者の同期にキャッチアップするため、Salesforceの認定資格体系にしたがって平日休日を問わず勉強したのですが、その結果、周囲よりも短期間で上位の資格を取得することができました。

営業、そしてSEを経て次のステップを…と考えたときに「20代で管理職の経験を積みたい」と思い至り、プロモーションの早い外資のコンサルティングファームへの転職が視野に入ってきました。

転職活動の過程でアクセンチュアへの入社を決めたのは、営業職で培ったコミュニケーションスキルとSE職で身に付けたSalesforceの資格を活かせると感じたからです。

そして、アクセンチュアには現ビジネス コンサルティング本部の経営コンサルタントとして入社しましたが、組織改編を経て、現在はテクノロジーコンサルタントとしてテクノロジー コンサルティング本部の金融サービス グループに所属しています。

 

アクセンチュアのコンサルタントとしての期待に応える

 

前職のSE時代はジュニアポジションだったこともあり、極端に言うとお客様に言われたことを確実に時間通りに遂行することを求められましたが、アクセンチュアではジュニアなクラスであれど、一人のコンサルタントとしてのアウトプットが求められます。例えば常識や前提を疑うこと、お客様が出した要件の正しさや導入後の効果などを踏み込んで考えること、効率的に短時間でタスクを終えることなどがあり、期待値の高さは推して知るべしです。

こうした気付きや上司からの指導、日々の勉強の積み重ねを通じて、コンサルタントとしての働き方に慣れていくことができました。

 

Salesforce界隈で女性の活躍を推進する活動をスタート:女性の資格取得者が大幅に増加!

 

プロジェクトワークとは別に、SaladBowl Trailblazer(以下、SBT)というSalesforce界隈で女性の活躍を推進する社内活動のリードを務めています。2019年12月にアクセンチュア社内で立ち上げ、現在多くのメンバーが所属しています。

活動の一環として、Salesforce専門資格の取得者を増やすために対策資料を作成、展開したところ、結果として社内のデザイナー専門資格の女性合格者数が、数か月で約3倍に増加しました。細かな解説を加えた資料を用意したので、市販の教材だと解説が少なく理解を深めるのが難しい上位資格でも合格のハードルはぐっと低くなったと自負しています。

 

Salesforce界隈における女性のプレゼンスを高めたい!私もCTA取得、目指します

 

実はSBTの活動を始めるまで「女性の活躍」というのにあまり関心はなかったのですが、着実に目に見える成果が出るのが面白く、今では「社内における女性の活躍を推進していきたい」と考えるようになりました。SBTの活動を推進することで、まだまだ女性のプレゼンスが低いSalesforce界隈で活躍する女性が増えたらいいなと思っています。

SBTでは女性のスキル向上を活動軸の1つとしていますが、私自身もCTA(認定テクニカルアーキテクト)の取得を目指しています。日本人有資格者はごく少ない、超難関の試験ではありますが、明確に目標に掲げてしっかりと準備をしていきたいと思います。

私がSalesforceの資格を持っていて感じるのは、資格を所有していることはコンサルタント職でも非常に有用だということです。スキルを証明できるのでお客様の信頼を得やすいですし、実現できることとできないことを議論の中で説明することも可能です。アクセンチュアではSalesforceを無料で勉強できる環境が整っているので、ぜひ積極的に資格取得を目指していただきたいです。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

 


 

関連サイト:

業界別システムコンサルタント/エンジニア 採用情報
Salesforce Careers
採用イベント・セミナー案内


Info  

キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

アクセンチュアへの転職にご興味をお持ちの方は、お気軽にキャリア登録してみてください。

 

Related posts

ソリューションの継続的な改善を先導する~Technology for Living Systems - プロジェクト管理チームのお仕事

May 18, 2022

こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部アソシエイト・ディレクターのTakaakiです。私は新卒でアクセンチュアに入社して以来、一貫してITに関するコンサルティングやSIを中心に仕事してきました。今日は私が所属しているTechnology for Living Systems(TfLS)のプロジェクト管理(Del

ライフステージが変化してもアクセンチュアで働ける:産休育休を経てみて

April 25, 2022

テクノロジー コンサルティング本部ITトランスフォーメーション&オプティマイゼーション所属のMomoです。前職は商社のシステム開発をしている子会社に7年ほど勤めていました。転職するならば、嫌なことがあってではなく満足しているときにしたいと考えていたこと、ちょうどアクセンチュアで働いている友人から勧誘を受けて

福岡へのUターン転職!仕事もプライベートも充実させられるアクセンチュアの地方拠点での働き方とは?(Service Delivery)

April 22, 2022

はじめまして。オペレーションズ コンサルティング本部 サービスデリバリー所属のRisaです。私は、2019年1月に地方拠点のアクセンチュア・インテリジェント・オペレーションセンター福岡(以下AIO福岡)に経験者採用で入社しました。

開発学からIT業界へ舵の切り替え!悩む→誰かに聞く・真似をする→やってみるのサイクルで突き進む

April 20, 2022

テクノロジー コンサルティング本部所属のAiです。大学はイギリスで開発学を学んでいました。開発学というのは、発展途上国の開発、発展について経済・環境・社会学など様々なアプローチから考えていく学問で、私も実際にウガンダに行って活動したこともあります。

ネットワークからクラウドへの転身(クラウド戦略コンサルタント)

April 18, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントクラウド アンド インフラストラクチャー グループ(ICI) 所属のYutaです。2018年に経験者採用で入社し、製造業・エネルギー業・官公庁など幅広いお客様に対して、クラウドを切り口に、戦略の策定や組織全体への展開推進から開発や実装

Technology for Living Systems × 関西での働き方Vol.1

April 11, 2022

こんにちは。テクノロジー コンサルティング本部 Technology for Living Systems (TfLS)のKayoです。2018年にアクセンチュアに入社し、現在のポジションはアソシエイト・マネジャーです。 アクセンチュア入社前までは福岡や東京にてBtoCのシステム開発を5年程、大阪で事業会社のIT部門で

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る