こんにちは。

テクノロジー コンサルティング本部ITトランスフォーメーション&オプティマイゼーション所属のMomoです。

前職は商社のシステム開発をしている子会社に7年ほど勤めていました。

転職するならば、嫌なことがあってではなく満足しているときにしたいと考えていたこと、ちょうどアクセンチュアで働いている友人から勧誘を受けていたこともあって、2008年2月にリファラルで入社しました。

<<< Start >>>

<<< End >>>

 

結婚を機に東京→関西へ。立ち上げ期の関西オフィスにジョイン

 

アクセンチュア歴は14年目になりますが、運用フェーズの長期プロジェクトを中心に参画しており、今までメインで経験したのは2つのプロジェクトです。ファーストジョブで10年以上ワークしたあと、育休をはさんで2つ目のジョブに参画して今に至ります。

また、前職時代に結婚を機に東京から地元の大阪へ転籍しました。アクセンチュアの関西オフィスが立ち上がったのが2008年だったので、ほぼ初期メンバーに当たるかと思います。

 

私の育児休業中の過ごし方:新しい生活リズム作り

 

入社してから1つのプロジェクトに長く所属していましたが、出産、育休を経て働き方やライフスタイルにも大きな変化がありました。

入社以来所属していたプロジェクトが少人数だったこともあり、10年間全力で走っているような気持ちでいたので、育休から復帰するまでは、その状態に子育てが加わってもうまく回していけるのかと不安でいっぱいでしたね。

育休中は育休手帳という手帳を参考にして、復帰までの期間を逆算し、いつまでに家事を回せるようになる、いつまでに出勤時間に間に合うように起きて、子供の送り迎えができるようになる、といった計画を立ててスムーズな復職を意識して過ごしました。

また、『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー著)という本を読んで、家事や育児のちょっとした隙間時間に仕事や家庭の役割ごとに目標を立てたりもしましたね。それまでプライベートの目標を立てたりはしていなかったので、育休は普段手を出せないものに手を出せるいい機会だったと思います。

復職後のアサインインタビューでは、育休中に夫と話し合っておいたプロジェクトの条件、例えば「時短勤務ができる」「急な呼び出しがない」といったことを提示し、それを考慮してくれるプロジェクトに参画することができました。

現在は時短勤務を利用しているので、8時くらいに子どもを保育園に送り届けて、9~16時で在宅勤務、そのあとの時間に家事や子育てをするライフスタイルです。上司が気を配ってくださる方というのもありますが、最初に条件のすり合わせをしておいたことで、私たち家族のスタイルに適った働き方ができていると思います。

今育休中のことを振り返ってみると「そんなに構えなくてもよかったな、もっとのびのびと育休を楽しんでもよかったな」と思ったりもしますが、復職後を見据えて準備をしていたからこそ思えることもあるかもしれないですね。

 

家族と趣味と仕事の距離感:大好きな飛行機を家族と見て、趣味で読んだ航空整備士の本を社内勉強会の題材に!

 

今はCOVID-19の影響もあって難しいですが、飛行機が好きなので、休日には家族で空港に足を運んだりもしています。但馬空港の1日見学ツアーは滑走路を歩いたり、管制塔の中に入らせてもらえたりするので、飛行機好きの方には非常におすすめのスポットです。

一見関連性がないと思われるかもしれませんが、飛行機の運行や整備の考え方は「間違ってはいけない」「正しい手順を踏まないといけない」などの点でシステム運用に通ずるところがあります。趣味で航空整備士向けのヒューマンエラーファクターの本を買ったのですが、それを題材にシステム運用に関する社内勉強会を開いたりもしました。

家族との時間と自分の趣味と仕事とがつながるのは面白いですし、幸せを感じますね。

 

新たなライフステージに立って任されたサブリーダーでも、臆することなくチャレンジしたい

 

今のプロジェクトには育休から復帰したときからスタッフとして参画していますが、2020年の10月からチームのサブリーダーを任されています。まだサブリーダーになったばかりで何が大変かも分からない状態ですが、このプロジェクトに長く関わっていきたい気持ちもありますし、新たなライフステージの中でも臆することなくチャレンジしていきたいです。

 

 


 

関連サイト:

ITトランスフォーメーション&オプティマイゼーション採用情報
採用イベント・セミナー案内

ITトランスフォーメーション&オプティマイゼーションに関連するブログ連載:

ITアウトソーシング×キャリアアップ!
山の奥に住んでいる僕がコンサルタントとしてリソース強化・効率化を(アプリケーションアウトソーシングコンサルタント)
アプリケーションアウトソーシングのプロジェクト事例:お客様に一番近い距離で課題解決を行う、アクセンチュアの変革プロジェクト
Mulesoftを活用してシステム全体を最適化、調整・管理スキルも磨く(アプリケーションアウトソーシングコンサルタント)
アプリケーションアウトソーシングのプロジェクト事例:証券業界のお客様が新たなチャレンジに挑む機会を創出

Info  

キャリアブログの新着情報は、アクセンチュア公式LINEのタイムラインで配信中!お友だち登録をお願いします。

アクセンチュアへの転職にご興味をお持ちの方は、お気軽にキャリア登録してみてください。

 

Related posts

ソリューションの継続的な改善を先導する~Technology for Living Systems - プロジェクト管理チームのお仕事

May 18, 2022

こんにちは、テクノロジー コンサルティング本部アソシエイト・ディレクターのTakaakiです。私は新卒でアクセンチュアに入社して以来、一貫してITに関するコンサルティングやSIを中心に仕事してきました。今日は私が所属しているTechnology for Living Systems(TfLS)のプロジェクト管理(Del

福岡へのUターン転職!仕事もプライベートも充実させられるアクセンチュアの地方拠点での働き方とは?(Service Delivery)

April 22, 2022

はじめまして。オペレーションズ コンサルティング本部 サービスデリバリー所属のRisaです。私は、2019年1月に地方拠点のアクセンチュア・インテリジェント・オペレーションセンター福岡(以下AIO福岡)に経験者採用で入社しました。

開発学からIT業界へ舵の切り替え!悩む→誰かに聞く・真似をする→やってみるのサイクルで突き進む

April 20, 2022

テクノロジー コンサルティング本部所属のAiです。大学はイギリスで開発学を学んでいました。開発学というのは、発展途上国の開発、発展について経済・環境・社会学など様々なアプローチから考えていく学問で、私も実際にウガンダに行って活動したこともあります。

ネットワークからクラウドへの転身(クラウド戦略コンサルタント)

April 18, 2022

テクノロジー コンサルティング本部 インテリジェントクラウド アンド インフラストラクチャー グループ(ICI) 所属のYutaです。2018年に経験者採用で入社し、製造業・エネルギー業・官公庁など幅広いお客様に対して、クラウドを切り口に、戦略の策定や組織全体への展開推進から開発や実装

営業・SEからコンサルタントへの転身。Salesforce界隈での女性活躍推進もリード

April 14, 2022

テクノロジー コンサルティング本部でマネジャーを務めるNorikoです。私は大学卒業後、業種・職種の異なる2社を経て、2015年8月に中途でアクセンチュアに入社しました。 大学時代は数学を専攻しており、大学教授への道も視野に入れていて、アカデミックな世界に入る前にまずは実務を経験しようと証券会社に新卒で就職

Technology for Living Systems × 関西での働き方Vol.1

April 11, 2022

こんにちは。テクノロジー コンサルティング本部 Technology for Living Systems (TfLS)のKayoです。2018年にアクセンチュアに入社し、現在のポジションはアソシエイト・マネジャーです。 アクセンチュア入社前までは福岡や東京にてBtoCのシステム開発を5年程、大阪で事業会社のIT部門で

Stay connected

募集職種を探す

スキルや興味に合った職種を探してみましょう。アクセンチュアでは、情熱、知的好奇心や創造力に富み、チームメンバーとともに課題を解決できる方を求めています。

キャリアに役立つ情報を入手

キャリアのヒント集、社員が執筆した記事、業界リーダーの知見など、アクセンチュアのウェブサイトに掲載されている情報を活用しましょう。

最新情報を受け取る

タレント・コミュニティにご登録いただくと、最新の募集職種、ニュースや社員からのアドバイスなど、あなたの好みに合わせた最新情報をお届けします。やりがいのある機会があなたを待っています。

全て見る