Skip to main content Skip to Footer

プラットフォー
ムとしての行政:

市民にとってより身近な行政
機関となるために
プラットフォームとしての行政:

プラットフォームとしての行政の可能性

行政と民間企業の協働から生まれる、人々とサービスプロバイダーをつなぐ画期的な公共サービスのデリバリーモデル

「プラットフォームとしての行政(Government-as-a-Platform)」に対するニーズの高まりを受けて、行政サービスの新しいデリバリーモデルが大きな注目を集めています。この分野への新たな投資に前向きな企業など、公共サービスに関心を示す民間企業は、今後ますます増加することが予想されます。こうした中、行政側はこのプラットフォーム革命の舵取りを自ら担っていくことができるのでしょうか? それとも、民間企業が主導する革命をただ傍観し、公共サービスプロバイダーとして確立されたポジションを失うことになるのでしょうか?

データの活用

データの活用

公共サービスの提供のほか、経済的・社会的な発展とイノベーションの実現など、データは官民の協働を推進する上で重要な役割を果たします。

市民とプロバイダーの橋渡し

市民とプロバイダーの橋渡し

優れた公共サービス、テクノロジー・アーキテクチャおよびガバナンスによって、合理的なワンストップ・サービスのユーザーエクスペリエンスが実現します。

ネットワーク効果

ネットワーク効果

消費者と公共サービスプロバイダーが仮想マーケットプレイス内で協働し、相互に価値を提供し合うことで、市民と社会の双方により良いメリットがもたらされます。

インパクトの拡大

インパクトの拡大

誰でも自由に使える第三者のスキルやアイデア、流通ネットワークを活用することで、投資を行わずに大きな成果を実現することができます。

コネクテッド・ワールドを創造する

「プラットフォームとしての行政」は、行政側が単独で実現し得るものではありません。公共部門とそのパートナーである民間部門、市民、さらにはロボットまでもが協働しながら、より良い成果を生み出すための包括的なアプローチです。このアプローチを実践するためには、アナリティクスや人工知能(AI)、仮想現実(VR)といった高度な技術と能力を、シームレスかつ統合的に活用していく必要があります。それにより、これまで以上に大きなインパクトを生み出せる、効率性に優れた安全な公共サービスが実現できます。


トランスクリプトをダウンロード [PDF]

次のステップ 動画を見る

難民の暮らしを改善する

アクセンチュアも参画する「Partnership for Refugees(難民のためのパートナーシップ)」イニシアチブは、官民の協働が生み出す効果やインパクトを明確に示しています。現在、600万人以上の難民がこのイニシアチブに基づいた迅速な支援システムを通じて、教育や経済支援、雇用の機会を得ています。

エコシステムの詳細を読む

4つのモデル
プラットフォームとしての行政

「アクセンチュア・テクノロジービジョン2017」の調査では、公共部門の幹部の68%がデジタル・エコシステムは「すでに顕著なインパクトを業界に与えている」もしくは「業界に劇的な変化をもたらすだろう」と考えていることが分かりました。効果的なプラットフォームは、明確な目標や状況に応じて生まれるニーズや現在の技術と能力に基づいてデザインされなければなりません。公共サービスの提供に向けたさまざまなコミュニケーションチャネルやエコシステムを備えたプラットフォーム・モデルには次の4つがあり、行政機関は最適なモデルを選択する必要があります。

統合型の行政サービス・プラットフォーム
ピア・プラットフォーム
エコシステム・プラットフォーム
クラウドソーシング・プラットフォーム




公共サービスの未来



市民とつながる準備はできているか? 

プラットフォームをベースとした未来の行政サービスモデルの理解を深めるために、アクセンチュアは世界6カ国における18歳以上の市民5,400人以上を対象に調査を実施しました。

市民は行政のデジタルサービスに対して、小売業者や銀行といった民間企業のサービスと同様のクオリティを期待しているか?

はい いいえ
はい。
10人中8人以上が行政のデジタルサービスに対し、民間企業と同様のクオリティを期待していると回答。
グローバルアメリカオーストラリアイギリスシンガポールフランスドイツ0.50.00.986%84%83%79%93%92%86%

公共機関は市民により良い体験を提供するために、最新のテクノロジーを活用するべきか?

はい いいえ
はい。
10人中7人が、最新のテクノロジーを活用することで、より良い体験が自分たちに提供されるはずだと回答。
グローバルアメリカオーストラリアイギリスシンガポールフランスドイツ0.50.00.771%72%70%71%73%72%67%

より良い公共サービスを利用できると分かっていれば、市民は今よりも積極的に公共機関とのデータ共有を行うか?

はい いいえ
はい。
市民の半数は、より良い公共サービスを受けられると分かっていれば、公共機関と積極的に個人情報を共有すると回答。
グローバルアメリカオーストラリアイギリスシンガポールフランスドイツ0.50.00.652%48%50%47%53%58%57%

スピードや効率性、安全面で優れていれば、市民は人工知能(ロボット、バーチャルアシスタント、インテリジェントマシンなど)による公共サービスを利用するか?

はい いいえ
はい。
市民の多く(イギリスは44%、シンガポールは64%)が、人工知能による公共サービスの利用を検討したいと回答。
グローバルアメリカオーストラリアイギリスシンガポールフランスフランス0.50.00.649%51%46%44%64%55%46%

市民は利用できる公共サービスについて、バーチャルアシスタント(いつでも、どこにいても質問に答えてくれる人工知能を活用したキャラクターなど)からアドバイスをもらうことに興味があるか?

はい いいえ
はい。
市民の多く(オーストラリアは41%、シンガポールは57%)が、バーチャルアシスタントからアドバイスをもらうことに興味があると回答。
グローバルアメリカオーストラリアイギリスシンガポールフランスドイツ0.20.40.00.648%51%41%46%57%52%46%



アクセンチュアはさらに、ミレニアル世代からのインサイトも獲得するため、欧州大学院大学およびヘルシンキのPSHack100(パブリックサービス・ハッカソン100)の学生を対象に、未来の公共サービスの予想図についての調査を実施しました。






公共サービスでデジタルの価値を最大化するには

2015年以来、世界経済フォーラムはアクセンチュアとの協働を通じて、「デジタル・トランスフォーメーション・イニシアチブ(DTI)」プロジェクトを毎年行っており、産業界と社会のデジタル化の最新状況について調査しています。その調査結果は、政策立案者をはじめ規制当局、行政機関にとって、デジタル・イニシアチブの策定および実施に向けたフレームワークとなるものです。DTIプロジェクトの以下のレポートでは、行政機関や社会全体がデジタル・トランスフォーメーションを行うことにより、どういったメリットを享受できるのかを詳述しています。


「UNLOCKING DIGITAL VALUE TO SOCIETY」を読む[PDF]

アクセンチュア・ストラテジーのレポート「デジタル時代の創造的破壊:成長の拡大(Digital Disruption: the Growth Multiplier)」で読み解くデジタルと経済の成長について、また行政をはじめとする公共サービス機関が、デジタルを活用していかにGDPを成長させられるかについて、ベルナール・ル・マッソン(Bernard le Masson)が解説します。

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。

関連コンテンツ