大学統合・再編

年々厳しさを増す高等教育機関経営において、アクセンチュアは、クライアントと一心同体となって統合・再編を成功させるという、アウトカムに拘った支援をご提供いたします。        

3つのチャレンジ

各大学の伝統や置かれている状況が異なる中、教職員・学生・卒業生などの様々な想いが存在する中で、大学統合・再編を成功裏に収めるためには、大きく3つのチャレンジがあると考えています。

【第1のチャレンジ:如何にして、教育・研究機能を強化するのか】
大学統合・再編は経営の効率化だけでは成功とは言い切れません。効率化により創出された経営資源を最大限活用して教育・研究機能の強化を図り、大学を更に発展させることが、最終的なゴールとなります。経営の効率化と教育・研究強化の双方を実現する為には、各大学が有する強みを掛け合わせて、経営陣や教職員をはじめとした関係者の“想い”を紡ぎ、初期に統合・再編後に目指す姿や方向性を明確にし、中長期のロードマップを描き、その全体戦略に従い統合準備および統合後の活動を計画的に着実に進めていくことが、成功に導く一つ目の鍵と考えています。

【第2のチャレンジ:如何にして、超効率的・効果的な運営体制を確立するのか】
統合・再編の最たる効果は、スケールメリットを活かした経営の効率化であり、各大学で異なる組織構造や業務を統合し、新たな超効果的・効率的運営体制を確立することが最優先課題となります。法令順守や不利益変更には十分考慮した上で、単なる改善に留まらない、業務の標準化・集約化の徹底や、過去からの積み重ねで残っている無駄・過剰な業務の廃止、ロボティクス技術の活用など、組織・業務の抜本的な変革を実現し、効率化効果を最大化する(目安は20~30%の効率化効果創出)、しかも統合後1~3年という早期に効果を創出することが、成功に向けた二つ目の鍵であると考えています。

【第3のチャレンジ:如何にして、多様な関係者を同じ方向に向かせるか】
“変革実現は組織風土に従う”とも言われ、綿密な計画を立てたとしても、組織風土の影響力に対する理解・対応が不足したせいで計画を狂わせてしまったケースは多々あります。教職員・学生・卒業生など多くのステークホルダーが存在する大学統合・再編においては、その重要性が更に高まります。組織や制度などの統合だけでなく、大学ごとで異なる組織風土についてもコントロールすることが、統合・再編を成功に導く三つ目の鍵と考えています。
なるべく多くの関係者が統合を自分事化できるよう、早期より統合・再編の“意義”と個々人の“志”の同期化を図っていくことが重要と考えています。

Why Accenture

アクセンチュアは、大学改革に係る豊富な支援実績より蓄積した深い知見と、総合コンサルティング会社の強みを組み合わせ、成果にコミットし、大学統合・再編を包括的にご支援します。統合・再編の成功に向けた最適なパートナーとして貢献できると自負しております。

大学統合・再編に係る豊富な実績と深い知見

アクセンチュアは、国内外の大学における統合・再編や統合シェアード化をはじめとした、大規模改革に係る豊富な支援実績と、教育機関向けの専門チームを有しております。これら豊富な支援実績・知見をもとに確立した、検討フレームワークや実用性の高いツールなどを活用することで、膨大な検討や作業が必要となる大学統合・再編においても、計画的にスムーズに変革を進めることが可能となり、統合後に目指す姿の検討や新たな運営体制への変革など、本質的な検討や作業に各人の限られた時間をより割けるようになります。

効果創出への高いコミットメント

アクセンチュアは、コンサルティングサービスを通じて統合の絵を描くだけでなく、コンサルティングとシステムインテグレーションの力を組み合わせて変革実行を支え、統合・再編の実現、効果創出まで全方位的に支援することが可能となります。加えて、統合後に一部業務をアウトソーシングで担い、まさしくクライアントと一体となり、実際に効果が創出されるまで伴走することも可能です。これにより、クライアントである教育機関は変革における真のパートナーを手に入れることができ、成功の確実性を格段に高められます。

デジタル活用による変革支援の実績と知見

アクセンチュアは、企業や公共機関の変革を支援するサービスの中核にデジタルを位置づけており、SMAC*やDARQ**の専門家や、イノベーション創出を促進するアクセンチュア・イノベーション・ハブ東京などの力を結集し、デジタル活用による変革・成長を支援します。大学統合・再編においても、ロボティクスやAIといった先端テクノロジーを駆使した超効率的な事務の実現はもちろんのこと、教育・研究強化の基盤となるデジタルプラットフォームの構築まで、デジタルの力を活用した統合・再編効果の最大化に貢献します。

全て見る

*SMAC: Social、Mobile、Analytics、Cloudの略称。
**DARQ: Distributed ledgers(分散型台帳)、Artificial intelligence(人工知能)、Extended reality(拡張現実)、Quantum computing(量子コンピューティング)の略称。

What we do

アクセンチュアは、初期の大学統合・再編のグランドデザインを描く段階から、変革実行、統合・再編後の効果創出、業務の安定化まで、各フェーズで全方位的なサービスをご提供しています。

グランドデザイン策定フェーズ

統合・再編全体戦略の策定

クライアントとの共創による新法人・大学が目指す姿や方向性の描画、国内外のレピュテーション向上に繋がるブランディング戦略の策定(法人・各大学別に策定)、中長期の変革ロードマップの策定、などをご支援します。

ガバナンス方針の策定

統合・再編後の法人本部と各大学事務部間の棲み分け定義(責任分解/役割分担方針)、組織・意思決定構造の概略設計、などをご支援します。

組織・業務統合方針の策定

各法人・大学における財務・人事などの各種制度の差異分析、統合・再編後の組織設計・業際定義、統合・再編後の各部門における業務概要フローの設計、ITシステムの統合方針の策定、などをご支援します。

組織風土統合方針の策定

各法人・大学における現行風土の棚卸とFIT&GAP評価、風土統合方針と実行プランの策定、関係者の巻き込みに向けたマインド醸成プログラムの実施、などをご支援します。

全て見る

統合・再編実現に向けた変革実行フェーズ

変革全体PMO

統合・再編効果の創出を常に見据えながら、戦略・計画に基づき、各種変革施策の進捗・課題管理を行い、必要に応じて計画の修正をしつつ、クライアントの中核部門の方々と改革の先導役を担います。

ブランディング・マーケティング施策の実行

統合・再編後法人・大学のブランディング施策・マーケティング施策に伴走し、必要に応じてホームページ開設や各種メディア戦略に対する助言・先導を担います。

新組織・業務の構築

バックオフィス(事務)業務を中心に、業務・組織統合の支援、定型事務業務/ノンコア業務の集約センター化支援など、統合・再編後の超効率的な事務再編の推進を支援します。

ITシステムの刷新

統合・再編を前提とした効率的・効果的な財務・人事等のバックオフィス業務システム、教務・研究関連システムの統廃合・刷新を推進し、コスト効率が最大化された情報システム環境を構築します。

チェンジマネジメント実行

異なる価値観を有した人材・組織の早期融合を目的に、“変化”に対する戦略的施策の企画・実行、統合・再編によって生じる人事異動や役割転換に合わせた業務スキル育成等を総合的に支援します。

全て見る

統合・再編後の効果創出フェーズ

効果創出施策の実行

統合・再編の本来目的である教育・研究のシナジー向上に向けた学部・研究科再編、外部資金獲得施策、社会・地域連携施策の実行をクライアントに伴走する形で支援します。

経営資源の最適配置

KPIベースで統合・再編後の効果測定を行い、必要に応じてクライアントの中核部門の方々と経営資源(ヒト・モノ・カネ)の再配置設計を実施します。

全て見る

Messages

「今後、日本の大学業界において、統合・再編の動きは避けられない潮流であると考えています。ただ、その流れをピンチと捉えるか、チャンスと捉えるかは各大学次第です。我々は、是非とも、この機会をチャンスとして捉え、中長期な成長を目指したいと本気で考えている大学の皆様と一緒に挑み、大学統合・再編を成功に導き、日本の高等教育、先端研究の未来に貢献していきたいと思っております。 営利企業のように売上・利益額が最優先指標とはならない教育・研究機関においては、統合・再編により、単に規模の拡大を実現するだけでは意味がありません。“1+1=2”では成功とは言えず、シナジーにより教育・研究機能の強化・特色化を図り、“1+1=3”や“1+1=4”となることを追求すべきです。アクセンチュアは、常にそのような視点に立ち、各大学の皆様と共に、各大学が目指すべき姿・方向性を徹底的に考え抜き、その実現までを伴走する、変革の真のパートナーになりたいと思っております。」

梅村 透
Toru Umemura
戦略コンサルティング本部
シニア・マネジャー

「アクセンチュアに入社して以来、一貫して教育機関様向けの改革に携わっています。数々の教育機関の皆様に育てて頂いた中で、いずれの機関においても共通して言えることは「“生徒・学生”を常に一番に考え、少しでも良い成長を遂げて欲しいという熱い想いが溢れている」ということ。教育は日本と世界の未来を創る唯一無二の存在です。だからこそアクセンチュアも教育機関の皆様と手を取り合い、経営や業務という観点から“生徒・学生”に今まで以上に安心と信頼を得てもらえる改革の道筋を一緒に考えていければと思います。経営再編・統合は一つの選択肢としつつ、皆さまと本質的に“ありたい姿・未来”を一緒に考えていく日を楽しみにしています。」

根本 武
Takeru Nemoto
公共サービス・医療健康本部
シニア・マネジャー