市民とつながる行政サービス

限られた予算と人員の中、真に国民・市民中心となる行政サービスを提供していくためには、従来の行政領域の壁を取り払い、デジタル技術を活用し、行政サービスを市民視点で徹底的に変え、行政と市民の間の「対話」を質・量ともに増やし「市民と“つながる”行政サービス」を実現する必要があります

概要

私たちが暮らす日本では、少子高齢化が進み、財政面での困難な課題を抱えています。また、国民・市民が抱える課題も複雑化かつ多様化しています。今、民間企業のイノベーションを背景に、行政への市民の期待はますます高まっており、行政には、市民の様々な期待に応えられるサービスが求められています。数年前までは革新的だと見られていた行政機関のサービスのオンライン化の取り組みは既に当たり前のものとなり、市民の期待値との間でギャップが広がりつつあります。

限られた予算と人員の中、真に国民・市民中心となる行政サービスを提供していくためには、従来の行政領域の壁を取り払い、デジタル技術を活用し、行政サービスを市民視点で徹底的に変え、行政と市民の間の「対話」を質・量ともに増やし「市民と“つながる”行政サービス」を実現する必要があります。

これらにより、市民からの信頼・支持の向上、行政事務の効率化、さらには地域活性化や歳入増加も期待できます。

アクセンチュアは、行政サービス・事務の戦略策定、デジタル化、テクノロジーの導入、市民中心の行政サービスデザイン、オペレーション、組織変革など、幅広い領域において、デジタル化による行政サービスの変革を実現します。

まずは、「アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京」にて、先端テクノロジーをご体験いただき、デジタル化により行政サービスをどのように変革できるか、一緒に考えてみませんか。

国民の持つ課題の多様化・複雑化や、国民の期待度向上に伴い、一律的なサービス提供では解決が困難

ケイパビリティ

行政サービス・事務戦略策定支援

クラウド移行/モダナイゼーション/セキュリティ

業務・組織改革、人材育成支援

全体変革マネジメント

RPAAIを活用したビジネス・プロセス・アウトソーシング

アクセンチュアの特徴

デジタル領域のリーディングカンパニー

アクセンチュアはデジタル領域のリーディングカンパニーとして、高く評価されています。またクラウドにおいても、AWS、Microsoft Azure、およびGoogleNo.1インテグレーターとして、アクセンチュアは独自の豊富な経験を生かし、戦略、タイミング、ならびにロードマップの策定を支援します。

デジタル・トランスフォーメーションを実現する専門部隊

CX/SX(顧客体験・サービス体験)デザイナー、UX(ユーザー体験)デザイナー、データサイエンティスト、オープンイノベーション専門家など、デジタル・トランスフォーメーションを推進する専門家を有しています。

行政分野における豊富な経験と知見

世界中の行政機関のお客さまを支援しており、市民サービス、社会保障、税務、教育、郵政など、各行政分野における諸外国の先進事例、成功事例、ソリューション、プラットフォーム、先端技術に関する経験及び豊富な知見、専門家を有しています。また、海外行政機関とのパートナーシップを支援することも可能です。

イノベーションを生むための仕組み

アクセンチュアでは、お客様のイノベーションを全方位的に支援する体制「アクセンチュア・イノベーション・アーキテクチャー」を構築しており、新興テクノロジーに対する理解の深耕、革新的なサービス創出、実証実験や導入さらには適用範囲の迅速な拡大を図ることが可能になります。

デジタル時代のエコシステム

国内外のスタートアップ企業の技術、アイデアの集積から、それら技術やアイデアを活用した新規事業の創出支援、さらには地域市民を巻き込んだ地域課題の特定・解決まで、幅広い活動を集約させた組織「アクセンチュア・オープンイノベーション・イニシアチブ」を立ち上げています。

エンド・ツー・エンドのサービス

アクセンチュアは、戦略コンサルティング本部、デジタルコンサルティング本部、テクノロジー本部、オペレーション本部が一体となり、デジタルテクノロジーを活用した企業変革を戦略立案からサービスの実行までを一気通貫で支援し、お客様とともにビジネスの成果にコミットします。

全て見る

関連リンク

ニュースレター
最新コラム・調査をニュースレターで 最新コラム・調査をニュースレターで