Skip to main content Skip to Footer

ABOUT ACCENTURE


Mobility 3.0 

~ディスラプターは誰だ?~

概要

「CASE・Maas時代」到来! 
Googleとソフトバンクがモビリティの覇権を握る!?
通信・金融・エネルギー業界のビジネスチャンスから自動車メーカー
の生存戦略まで、これ一冊でわかる! アクセンチュアの最新予測!!


インターネットが世界を覆い尽くして約20年。デジタル化の波は自動車業界をも震撼させ、“移動”そのものを変えようとしている。「クルマは買って所有するもの」「クルマは運転するもの」「クルマはエンジンで走るもの」という従来の概念を壊し、“モビリティ”という新たな世界観の中に組み込まれようとしている。
これはもはや「モビリティ革命」と言ってもいいだろう。18世紀の産業革命では社会構造に変革をもたらしたが、それと同じことが“モビリティ”を中核として起きようとしているのだ。
生まれ変わる「モビリティ」の世界で覇者となるのは、製造業の頂点に君臨する自動車メーカーか、情報力で他社を圧倒するGoogleか、それとも資金力で世界を手に入れようとするソフトバンクか。生き残りを賭けた戦いはすでに始まっている。本書は未来のモビリティビジネスと、そこでどのような攻防が繰り広げられるのかを考察する。
(「はじめに」より一部抜粋)


購入する

目次

まえがき
序章 モビリティ3.0の世界で、人々の移動はどう変わるか?
第1章「CASE」がすべてを変える

  • 1─1 時代の転換点「CASE」
  • 1─2 Connected:データを駆使したサービスの拡大
  • 1─3 Autonomous:提供価値の変化
  • 1─4 Shared/Service:圧倒的な顧客基盤を保有するサービス・プロバイダーの登場
  • 1─5 Electric:電気自動車(EV)の急速な普及
  • 1─6 CASE から見えた“クルマ”の未来

第2章 CASEからどのようなビジネスが生まれるのか?

  • 2─1 人の移動を変えるサービス─ロボットタクシー
  • 2─2 モノの移動を変えるサービス
  • 2─3 モビリティに伴うエネルギーサービス
  • 2─4 モビリティアセットマネジメントの新たな潮流
  • 2─5 各種モビリティサービスを支えるテクノロジープラットフォーム
  • 2─6 モビリティビジネスプラットフォームによる新たなエコシステム

第3章 CASEによって新たに生まれる事業機会

  • 3─1 【通信業界】CASE が生み出す通信領域の事業機会
  • 3─2 【ハイテク業界】モビリティ領域におけるハイテクプレイヤーの台頭
  • 3─3 【金融業界】金融×モビリティの可能性
  • 3─4 【エネルギー業界】モビリティの発展に対するエネルギー産業の期待

第4章 グーグルの戦い方

  • 4─1 グーグルのこれまでの戦い方
  • 4─2 グーグルの成長戦略〜モビリティ領域への進出は成長への必要条件!?
  • 4─3 モビリティ領域でグーグルが狙う3 つのアプローチ
  • 4─4 グーグルはモビリティ世界を制するか

第5章 ソフトバンクの戦い方

  • 5─1 圧倒的な投資マネーで拡大するソフトバンク
  • 5─2 ライドシェアサービスのフルポテンシャル
  • 5─3 都市交通プラットフォーマーとしての破壊力
  • 5─4 群戦略を繋ぎ合わせたソフトバンクの戦い方

第6章 CASE時代における自動車メーカーのモビリティ戦略

  • 6─1 激変するビジネス環境で自動車メーカーが取り得る戦略
  • 6─2 CASE 時代のモビリティサービス
  • 6─3 自動運転の実現がモビリティ領域のビジネス環境を変える
  • 6─4 ロボットタクシー事業を巡る未来予想図
  • 6─5 日本は既存のモビリティサービスプレイヤーの力が強い

第7章 モビリティ3.0の世界を創造する

  • 7─1 破壊と創造を具現し、あるべき未来を切り拓く
  • 7─2 Mobility3.0の未来を描き、実現する力が求められている
  • 7─3 あるべき未来を実現するには、未来を描くフューチャリストが必要である
  • 7─4 未来を創るアイデアのポートフォリオマネジメント
  • 7─5 環境の変化を捉えて時流の波に乗れ

SPECIAL INTERVIEW

東京電力パワーグリッド 取締役副社長 岡本 浩氏 「インフラからプラットフォームへ」
本田技研工業 専務取締役 松本 宜之氏 「未来のモビリティ社会を実現するエコシステム構想」

著者


川原 英司
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

東京大学卒業後、日産自動車、三菱総合研究所、A.T. カーニーを経て、アクセンチュア参画。自動車関連を中心に経営コンサルティングを数多く手掛ける。経済産業省、国土交通省、NEDOなどで各種委員を歴任。青山ビジネススクール非常勤講師(経営戦略論)、神戸大学経営学部非常勤講師なども務める。主な著書に「自動車産業 次世代を勝ち抜く経営」(日経BP、2011年)、「電気自動車が革新する企業戦略」(共著、日経BP、2009年)、「情報革命と自動車流通イノベーション」(共著、文眞堂、2000年)等。


北村 昌英
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

関西学院大学卒業後、ソフトバンクを経て、アクセンチュア参画。通信・自動車関連企業を中心に、事業戦略、デジタル活用戦略(AI、IoT等)、M&A、グローバル戦略等に多数従事。戦略策定だけではなく、事業の早期立ち上げに向けたPoC(実証実験)、パートナリング構築支援も実施。2014年より2年間、早稲田大学大学院非常勤講師(コンサルティング実務)。


矢野 裕真
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

青山学院大学卒業後、日系コンサルティング会社、プライベートエクイティ投資会社を経てアクセンチュア参画。Harvard Business School Executive Program修了(アルムナイメンバー)。自動車業界をはじめとする製造業を中心にデジタルテクノロジーを活用した事業開発や競争戦略から始まり、グローバル各国展開やM&A、実装に向けた実務支援まで企業価値向上に向けた豊富な支援経験を有する。


伊藤 剛
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

2000年東京大学法学部卒業後、大手シンクタンクを経て、2012年よりアクセンチュア参画。公益事業学会政策研究会メンバー。主に素材・エネルギー領域を中心に、制度設計、企業・事業戦略、組織設計、マーケティング・営業戦略、新規事業立案等に従事。主な著書に、『進化する電力システム』(東洋経済新報社)、『まるわかり電力システム改革キーワード360 』(日本電気協会新聞部)、『エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ』(日本経済新聞出版社)がある。


榮永 高宏
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
マネジング・ディレクター

慶應義塾大学卒業後、アクセンチュア参画。金融・金融参入企業を中心に、中期経営計画、金融参入戦略、デジタル活用戦略(Blockchain、IoT等)、事業戦略、M&A、マーケティング戦略等に多数従事。


藤野 良
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
シニア・マネジャー

東京大学卒業後、アクセンチュアへ入社。エネルギー関連企業を中心に、事業戦略、新規事業創造、デジタル活用戦略(AI、IoT 等)等の戦略立案に留まらず、オペレーティングモデル設計・戦略実行フェーズまで、多数従事。


佐藤 有
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 シニア・マネジャー

横浜国立大学卒業後、図研にて設計ソリューション事業の海外展開リーダー(ドイツ赴任)、A.T. カーニーを経て、アクセンチュア参画。自動車メーカー/自動車部品メーカー、および周辺のハイテク・通信業界においてモビリティサービス、コネクテッド・IoT・5G等を含む戦略策定、M&A戦略・PMI、協業による新規事業構想、等を中心とした戦略コンサルティングに従事。


中村朝香
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
マネジャー

慶應義塾大学卒業後、アクセンチュアへ入社。金融・金融参入企業を中心に、各種事業戦略、金融参入戦略、M&A、デジタルマーケティング戦略、デジタル活用戦略(Blockchain、IoT等)等に従事。


吉井勇人
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部
マネジャー

京都大学卒業後、アクセンチュアへ入社。金融・金融参入企業を中心に、各種事業戦略、金融参入戦略、M&A、マーケティング戦略、先端テクノロジー活用戦略(Blockchain、AI等)等に従事。

Mobility3.0 - ITジャイアント が覇権を
握る未来のモビリティビジネス

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。