概要

世界的な感染症により、自宅はモバイルデバイスと同様重要な新たなデジタルハブとなっています。5G時代のFututre Homeは、消費者の生活が明日どのように変化するのかという窓の中を覗くことができ、5Gによるハイパーコネクテッドな生活を最も必要とするときに現実のものにするための企業のロードマップを提供します。

5G、クラウド、セキュリティ、AI、エッジコンピューティング、eSIMなどによって実現されるFuture Homeが、在宅リモートワーク、遠隔学習、ヘルスケア、没入型エンターテイメント、高度なエイジングケアなどのパーソナライズされたサービスを消費者に提供すると同時に、企業が経済的成功を収めることができることも示しています。

Future Homeの強力なサービスエコシステムにより、現在の断片化されたスマートホーム技術から飛躍的に進歩し、従来の物理的な境界線を超え、消費者はどこにいても「自宅にいるように」感じることでしょう。

目次

はじめに

序章 5G時代とその先にあるFuture Home

第1章 Future Homeでの一日

第2章 ハイパーコネクテッドワールドにおける消費者ニーズ

第3章 ユースケースからビジネスケースへ

第4章 住宅を5G Future Homeに変える

第5章 プライバシーとセキュリティ。5Gの未来ホームの2つの別々の課題

第6章 コネクテッド・リビング・エコシステム・ビルダーの台頭

第7章 Future Homeのための新たなビジネスモデル

第8章 Future Homeエコシステムのためのインセンティブ創出

第9章 Future Homeへの道

おわりに

著者

ニュースレター
The Future Home in the 5G Era The Future Home in the 5G Era